2006/06/02

お話は口から口へ、刺繍は手から手へ−『サルとトラ』について  安井清子

 この物語を書いたヤン・サンは元難民の若者です。布に下絵を描いたドゥア・リーは彼の友だち、そして刺繍をしたロンはサンの弟、イェンは妹です。私がサンに出会ったのは、タイ東北部にあったラオス難民キャンプでした。もう10年以上前のことです。私は、日本の援助団体のスタッフとしてモンの子どもたちのために図書館活動をしていたのでした。サンは「子ども図書館」に働きに来ていました。当時、サンは15歳くらいだったでしょう。その年頃の男の子たちが大勢、図書館の仕事を手伝いにきていて、私たちは、日本から持っていった絵本を小さい子どもたちに読んでやったり、絵を描かせたり、人形劇をしたり、いろいろなことをしていました。
 でも図書館には、モン語の本、モンのお話の本はありませんでした。モンは元々は文字を持っていないのです。文字は1950年代にアルファベットによる表記法が作られ、今は使われていますが、モン語で書かれた本はやはりあまりなかったのです。
 本はないけれど、モンにはお話がたくさんあります。ずっとずっと遠いむかしから、お話は語りつがれてきているのです。難民キャンプにも、語り部のお年寄りがたくさんいました。私は小さなカセットテープレコーダーを買ってくると、子どもたちに頼んで、お話を録音してきてもらうことにしました。お話は夜話すもので、私たち外国人スタッフは、夜、難民キャンプに泊まることはできなかったからです。毎晩のように子どもたちは「今日はおばあちゃんにお話ししてもらうんだ」とか、「今晩はおじさんがお話ししてくれるって。おじさんはよく知っているんだよ」と、カセットテープを競い合うように持って帰りました。そして録音してきたテープを、翌日みんなが取り囲んで聞くのでした。みんなお話が大好きなのです。私たちは、そのテープを文字におこして、モン語でモンのお話の本を作りたいと思うようになりました。
 サンは毎日一生懸命テープを聞いてモン語を書きおこしていました。あんまり熱心に脇目もふらず書いているので、「少し休んだっていいんだよ」と言うと、「だって、ぼくやりたいんだよ。モンの話はおもしろいんだもの」と言ってペンを走らせていました。
 書きおこした物語に、絵の好きな子がイラストを描いて、謄写版で印刷をしてモンのお話の本ができました。自分たちの力で、モンのお話のモン語の本を作ることができたのです。

 そして、もう一つ。刺繍絵本です。モン族の民族衣装は美しい刺繍やアップリケで飾られています。モンの女の人は暇があれば刺繍をしていて、みんな刺繍がとても上手なのです。女の子は小さいうちからおかあさんの隣に座って、見よう見まねでチクチクと布に針を刺して遊んでいます。少し大きくなったら、大人も顔負けの刺繍ができるようになるのです。民族衣装を飾る刺繍は、この『サルとトラ』みたいな絵柄ではなくクロスステッチなのですが、難民キャンプでは売り物として、モンの山の農作業の様子や、お正月の様子を絵柄として刺繍した壁掛けが売られていました。それをヒントに、私たちは、物語を刺繍して絵本を作ることを考えついたのです。
 物語を書いて、下絵を描くのはたいてい男の子。そして、刺繍するのは女の子。でも男の子の中にも、ロンのように刺繍ができる子もいますけれど……。オリジナルの布には、モン語の文字も刺繍で刺してあります。刺繍で絵本を作るなんて、とても日本人には信じられないかもしれませんけれど、モンの人にとっては絵の具で絵を描くよりも簡単で誰にもできることなのです。「刺繍でだったら、自分にもできるよ」と、いろいろな子どもたちが気軽に作りました。布にボールペンで物語と下絵を描き、そしておねえさんや妹、近所の女の子たちに頼んで刺繍をしてもらいます。そうして刺繍の絵本がどんどんできたのでした。

 その後、難民キャンプは閉鎖されました。故国ラオスに帰還した人々もいますし、アメリカなど、難民受け入れのある国へ定住していった人々もいます。「子ども図書館」に通ってきて、一緒に遊んだり、本作りをした若者たち、子どもたちも、みんな散り散りに移っていってしまいました。
 サンは、難民キャンプを出た後も、自分で刺繍絵本を作ると、私に送ってきてくれました。今はもう結婚してお父さんになりました。きっと、刺繍をした布を子どもに見せてお話ししてあげているのでしょう。
 今、私はラオスの山のモンの村を訪ねて、お年寄りに頼んでお話をしてもらっては録音しています。何代にもわたって、脈々と語り継がれてきたモンのお話を聞いていると、言葉の力のすばらしさをあらためて感じます。しかし、時代の流れは、山の中にも入ってきています。じきにテレビの電波が届いたら、夜のお話語りなどはなくなってしまうかもしれません。
 この絵本は、こうして何世代も口から口へ伝わってきたモンの話と、手から手へ伝わってきた刺繍が合わさって作られた、モンならではのものなのです。
 このたび、日本での出版と同時に、ラオス語版とモン語版も印刷されることになりました。ラオスにいるモンの子どもたち、そしてアメリカなど他の国で暮らすモンの子どもたちにも、日本の子どもたちと同じく、この絵本を届けることができるのです。絵本を手にした子どもたちが「私にだって作れるよ」と、おじいさんおばあさんにお話ししてもらって、刺繍してくれたら、どんなにすばらしいでしょう。
(「こどものとも」2001年10月号『サルとトラ』折込付録より再録)

安井清子(やすい きよこ)
1962年、東京に生まれる。国際基督教大学卒業。NGOスタッフとしてタイのバンビナイ難民キャンプとラオスにて、子ども図書館活動に携わる。著書に『空の民の子どもたち』(社会評論社)、『ラオス すてきな笑顔』(NTT出版)、『森と友だち 川と友だち』(草土文化)、『わたしのスカート』(「たくさんふしぎ」2004年11月号)、訳書に『かたつむりとさる』『サルとトラ』(以上、福音館書店)、『しーっ! ぼうやがおひるねしているの』(偕成社)などがある。現在もラオスでモン族の民話記録などに関わる。東京外国語大学講師。

6月 2, 2006 2001年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2001(平成13)年度にあったこと

自民党総裁選挙で小泉純一郎が圧勝。国会で首相に指名され小泉内閣発足。(4月)
ハンセン病隔離政策に対する国家賠償訴訟で、熊本地裁は国の責任を認め賠償金支払いを命じる原告側全面勝訴の判決。政府は控訴断念。(5月)
大阪府池田市で小学校に包丁を持った男が押し入り、8人の児童を殺害。(6月)
確定給付企業年金法、確定拠出年金法が成立。(施行は2002年4月)(6月)
第19回参議院選挙で自民党が大勝。(7月)
BSE感染牛が国内で初めて発見。(国内で10月に全頭検査始まる)(9月)
アメリカで同時多発テロ。ハイジャックされた旅客機2機が突入したニューヨークの世界貿易センタービル2棟が崩壊、2800人以上死亡。別の旅客機1機が国防総省に突入。(9月)
米政府はテロの首謀者をウサマ・ビンラディンと断定。タリバン政権がビンラディンを匿っているとして、アフガニスタンの空爆を開始。(10月)
テロ関連3法が成立し、海上自衛隊がインド洋に向けて出航。(10〜11月)

野依良治、ノーベル化学賞受賞決定。(10月)
皇太子妃雅子様、敬宮愛子様を出産。(12月)
第19回冬季オリンピック大会がアメリカ・ソルトレークシティーで開催され、日本は、スピードスケート500m清水宏保の銀、モーグル里谷多英の銅の2個のメダルにとどまった。(2月)
宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』がベルリン映画祭で最高賞である金熊賞を、アニメとして初めて受賞。(2月)

主なベストセラー:『チーズはどこへ消えた』S・ジョンソン(扶桑社)、『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』J・K・ローリング(静山社)、『模倣犯』宮部みゆき(小学館)
ヒット曲:『Dearest』浜崎あゆみ、『PIECES OF A DREAM』CHEMISTRY、『Lifetime Respect』三木道三
この年登場したもの:東京ディズニー・シー、Suica

6月 2, 2006 2001年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラのナガシッポ

2001年4月号
30541

富安陽子 作 あべ弘士 絵

お父さんが描いたトラの絵は、しっぽがやたらに長かったので、まなぶが「へんてこなトラだな」というと、「そんなことないぜ」と絵の中のトラが立ちあがり、まなぶをジャングルの散歩に誘いました。ジャングルでは、サルにからかわれたり、大蛇やワニに襲われたりしますが、そのたびにトラの長いしっぽが大活躍して、見事危機を切りぬけます。最後はしっぽをプロペラみたいにまわして……。

こどものとも541号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たんじょう じどうしゃ

2001年5月号
30542

小風さち 作 山本忠敬 絵

大きな切断機で鉄の板が切りとられプレス機にかけられると、屋根の形、ドアの形ができてきます。溶接ロボットがそれらをつなげ、ペンキを吹き付けるトンネルをくぐりぬけると、車体ができました。「エンジンはめこむぞ」「変速機を接続するぞ」「できたか 自動車? まだまだまだ」……。 自動車が生み出される工場でのドラマ、その誕生の喜びを丹念に描いた乗り物絵本です。

こどものとも542号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

3びきねこさんと さくらんぼさん

2001年6月号
30543

柳生まち子 さく

3びきねこさんの中でいちばんちびのきいは、スキップが上手にできません。練習で靴に穴があいて、練習もしたくないとぐずっていましたが、通りかかった靴屋のお姉さんねこ、さくらんぼさんに習って、きいもスキップができるようになりました。そして、きいも手伝って野原に100足の靴を並べ、春の靴屋が開店。仲間も集まってきて、気に入った靴を選び、みんなでスキップ!

こどものとも543号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

さかなつり

2001年7月号
30544

伊藤秀男 さく

今日はいとこのお兄ちゃんが魚釣りに連れていってくれる日です。秘密の大池で大鯉をねらうのです。畑で餌のミミズを掘り、大きなバケツをもって朝もやの中を出発。先に来ていた名人のおじさんに言われた通り、魚の気持ちを考えながら、釣り糸をたれていましたが、なかなか釣れなくて飽きてしまいました。でも、気をとりなおしてもう一度挑戦すると、とうとう大鯉がかかって……。

こどものとも544号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶんぶんひめ

2001年8月号
30545

沼野正子 さく

ぶんぶん姫の髪の毛はブンブン回る不思議な髪の毛。赤いリボンでギュッとしばって旅に出かけます。途中で出会ったのは、糸でぐるぐる巻きにされた鳥や蛇。ぶんぶん姫は刀をふるってみんなを救いますが、現れでた大きなダンダラグモに、あわや姫もぐるぐる巻きにされそうになります。ところが、姫がリボンをはずすと、髪の毛はものすごい勢いで回り出し……。お姫様の痛快な冒険物語です。

こどものとも545号
19×26cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

つちの ひと

2001年9月号
30546

岡井美穂 作・造形 マサト コンピューターグラフィックス

雨が降った次の日、畑から人が生えてきました。人が畑を耕し、種をまくと、芽が出て、ウサギが、そしてヒツジが、ニワトリが生えてきました。どんどん仲間がふえて、みんなで畑を耕しました。ある日大雨が降り、人も動物たちもとけていなくなってしまいました。次の日、また畑から人が生えてきます。こんどは3人……。粘土の造形物を写真にとって構成した絵本です。

こどものとも546号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

サルとトラ

2001年10月号
30547

ラオス・モン族の民話 ヤン・サン 再話 ドゥア・リー 下絵 ヤン・ロン/ヤン・イェン 刺繍 やすいきよこ 訳 

山の暴れ者トラをやっつけてやろうと思ったサルは、ある日、スズメバチの巣を太鼓だとだまして、トラにたたかせました。ハチに刺されて怒ったトラは「おまえを食ってやる」と、サルを追いかけます。ところが、のんびり筍を食べていたサルは、「太鼓たたきは別のサル、ぼくは筍食いのサル」ととぼけます。賢いサルと間抜けなトラの昔話。『かたつむりとさる』に続くモン族の刺繍による絵本。

こどものとも547号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊として刊行されています。(2005年刊)
訳者のエッセイをこちらからお読みいただけます。

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ガオ

2001年11月号
30548

田島征三 作

ある日、1匹の山犬が力いっぱい吠えた。ガオ! すると、山犬の「元気」が、体の中から全部外に飛び出してしまった。体と「元気」がバラバラになって、体は、6匹の蛇に変わり、「元気」は、おそろしい鳥になった。鳥は、1匹ずつ蛇を食べはじめ、最後の1匹は、食べられてたまるかと思いっきり吠えた。ガオ! すると……? 木の実のコラージュが変幻自在に変化する不思議な絵本。

こどものとも548号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まゆとブカブカブー  やまんばのむすめ まゆのおはなし

2001年12月号
30549

富安陽子 文 降矢なな 絵

山姥の娘のまゆが、雨降りの林を、どろをはねあげながら歩いていると、動物たちが「ブカブカブーがあらわれた」とおびえて走ってくるのにでくわします。「ブカブカブーってなんだろう」林の奥へすすんだまゆは、赤いとてつもなく大きな怪物がゆらゆらゆれているのに出会います。まゆがとびかかり、よじのぼると、なんとブカブカブーは白い煙をはきながらしぼんでキノコになったのです……。

こどものとも549号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

こよみともだち

2002年1月号
30550

わたりむつこ さく ましませつこ え

暦の家が12軒。ある日、1月さんは、「とんとんとんあそぼじゃないか」と、2月さんを訪ねます。友だちと遊ぶと面白い! ふたりは3月さんを訪ねます。こうして12の月を次々さそって一緒に遊び、みんなでひとつの家に住むことになりました。1年の季節の変化と、友だちがふえていく楽しさが、ページを繰るごとにあふれています。最後のページは12の小さな扉を実際に開ける仕掛けがついています。

こどものとも550号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として刊行されています。

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぼすけスーザのオリーブつみ

2002年2月号
30551

広野多珂子 作

いつもはねぼすけのスーザも今日は早起き。キンテロおじさんの畑にオリーブつみの手伝いにいく日なのです。下のほうの枝の実を取ってしまうと、小さなスーザは、上の枝の実に手が届きません。枝に登ってゆすったり、エプロンをしいてみたりしますが、うまくいきません。そこでスーザはロバのサンチェスに手伝ってもらって……。収穫の喜びを生き生きと描いた、「ねぼすけスーザ」の絵本第5作目です。

こどものとも551号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこのミロ

2002年3月号
30552

長谷川摂子 さく しもゆきこ え

ある日ネコのミロがいなくなったので、ぼくは心配で裏山に探しにいきました。すると木の上から黒い本が落ちてきて、ぼくは本の中のまっ白なページに迷いこんでしまいました。目の前の紙がめくれて入っていったのは、ネズミの町、次は一つ目のおばけの町。そしてようやくたどりついたネコの町で見つけたミロは、黒ネコのダリと結婚していました。奇想天外なファンタジー絵本。

こどものとも552号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

みのむしぼうやのおうち

2001年4月号
040181

いとうせつこ さく 堀川 真 え

ミノムシぼうやが自分の蓑の家を脱いで見せてあげていたら、風が吹いてきて、蓑の家を飛ばされてしまいました。すると、ガは繭を、セミは抜け殻を、アワフキムシやクサカゲロウやハチもそれぞれ家の材料をもってきてくれました。ミノムシぼうやはみんなから少しずつ材料をもらって小さくかじると、もう一度蓑をつくりました。そしてみんなをひとりずつ新しい家に入れて上げました。

こどものとも年中向き181号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

チョビットさんとモリダクサン

2001年5月号
40182

さとうゆみか さく

小さなトロッコのチョビットさんたちは働き者です。毎日、少しずつ土や岩を運んで公園を作っています。そこへ大きなモリダクサンがやってきて、岩をいっぺんに運んだり、長い棒を運んだり、大活躍。ところが、ある日、砂をいっぱい積んで走り出したモリダクサンは、ドッスーンと、穴にはまってしまいました……。大きな物と小さな物の対比を鮮やかな色彩のシンプルな絵で描きます。

こどものとも年中向き182号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

くものわたあめ

2001年7月号
40184

正高素子 さく

イヌのカンタのお父さんはわたあめやさん。カンタは自分もわたあめを作りたいのですが、やらせてもらえません。空に浮かぶ雲を見ているうちに雲のわたあめを作りたくなって、サルやウサギと一緒に竹をきりだし、山のてっぺんへいきました。ぐるぐる竹をふりまわしても、竹の先に袋をつけても雲はとれません。カンタたちは疲れはて、けんかを始めましたが、そこにお父さんがやってきて……。

こどものとも年中向き184号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

モグラくんとセミのこくん

2001年8月号
40185

ふくざわゆみこ さく

土の中の家で一人で暮らすモグラくんは、ある日セミのこくんに出会い一緒に暮らすことにします。春夏秋冬、二人は幸せに暮らします。夏のある日、脱皮したセミのこくんは「来年はセミになるけど、いつまでもモグラくんといるよ」と約束します。そして翌年の夏、セミのこくんがもう土の中では生きていけないことに気がついたモグラくんは……。しみじみと温かい出会いと別れのお話です。

こどものとも年中向き185号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

ヨウヨウとルウルウのとうもろこし

2001年9月号
40186

劉 郷英 さく 張 治清 え

ヨウヨウとルウルウは、やんちゃなサルの兄弟。畑に忍び込んでは、トウモロコシを食べていると、ある日おじいさんに見つかって大目玉をくいました。ふたりが一生懸命謝ったので、おじいさんは自分たちで作ってみるようにトウモロコシを分けてくれました。ふたりはトウモロコシの種を森にまいてみましたが芽が出ません。そこで、おじいさんのどうやって育てているのか見にいきました……。

こどものとも年中向き186号
19×26cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

のねずみ もんの つくったものは

2001年10月号
40187

山崎香文子 さく

野ネズミのもんは、引っ越してきたばかりで友だちがいません。なんでも作れるという彫刻家のアナグマさんに、友だちを作ってほしいと注文すると、アナグマさんは、それは無理だと断りますが、そのかわり、木をあげるから、自分で作ってみなさいといいます。もんが囓って彫刻を始めると、おもしろそうだねとリスさんやキツツキさんが手伝ってくれました。さて、できあがった彫刻は……。

こどものとも年中向き187号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

きのこ きのこ きのこ

2001年11月号
40188

中西恵子 さく

よく晴れた秋の日、じろうはイヌのポチを連れて、森にキノコとりに出かけました。森の中で見つけた大きな赤いかさのキノコは、人食いキノコでした。キノコに追いかけられて逃げるじろうの前にまたまた別の人食いキノコが現れて、じろうはとうとうつかまってしまいました。けれどもポチがキノコにとびかかり……。秋の森の風景が、緻密な色鉛筆画で迫力満点に描かれます。

こどものとも年中向き188号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かざみどりのフィットチーネ

2001年12月号
40189

古山浩一 さく

フィットチーネは教会の屋根の風見鶏。神父様にかわいがられ、町の人たちにも毎日風の向きを教えて感謝され、人気者です。ところがある日、カラスがぶつかって屋根からとばされてしまい、車にはねられたり、お祭り広場の花火で打ち上げられたりしたあげく、汽車がせまりくる線路に放り出され、たいへんな目にあいます。イタリア風の町を舞台に、風見鶏の冒険を躍動感あふれる絵で描きます。

こどものとも年中向き189号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

みなみのしまのウッチャチャ

2002年2月号
40191

おおともやすお 作

昔、はるか南のポラポラ島では満月の夜になると、海から魔物が現われ子どもをさらっていくのでした。この島に生まれたウッチャチャという女の子は、生まれたときから大きなおならをする子で、大きくなるにつれておならも大きくなり、イノシシを吹き飛ばしたり、マグロの大群を気絶させたりと大活躍していました。そして満月の夜、ウッチャチャはたったひとりで海の魔物と対決したのです……。

こどものとも年中向き191号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

るるさんの おかいもの

2002年3月号
40192

おくだともこ 作 齊藤木綿子 絵

るるおばあさんは一緒に暮らしている3人のおばあさんに頼まれて、町まで買い物に出かけました。帰り道で、ネズミのパン屋の前を通りかかったるるさんは、お店の開店準備を手伝って、3人のおばあさんに頼まれて町で買ってきた蜂蜜と石けん水と布を全部使い果たしてしまいます。でも、からっぽになった買い物かごに、ネズミたちは焼きたてのパンを入れてくれたのです……。のどかで温かな絵本です。

こどものとも年中向き192号
19×26cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 2, 2006 2001年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)