2006/04/14

ルーツを求めて−『はじめてのかり』のこと  唐 亜明

 私はモンゴルに3度行ったことがあります。2度は30年前、人民解放軍の士官として中国領の内モンゴル自治区にソ連侵攻の防御線を築くためでした。3度目は15年前、日本人の友人と一緒に、文化大革命のさなかソ連へ亡命する途中、モンゴル共和国の大草原に墜落したといわれている、毛沢東の法廷後継者、林彪の飛行機残骸探しの旅でした。
 この時、ウランバートルでモンゴル有数の画家ムンフジンさんと出会いました。髪のまっ白な彼をお年を召した大先生だと思いこみ、何度頭を下げておじぎをしたことか。後になって、なんと彼は私と同じ年だと分かりました。しかし彼がモスクワで美術を学んでいたころ、私はモンゴル大草原を隔てた中国側で、ソ連の大戦車軍団が草原の向こうから攻めてくると思って塹壕を掘っていたのです。

オノン先生とは16年前、先生が東京外国語大学の客員教授でいらしたころ知り合いました。先生は私の名刺と顔を見て、おもむろに「君はモンゴル人だ」と言い出しました。そして次のように言われました。「私は歴史学者だ。中国人のなかで、唐、胡、于、狄などの姓の人は、モンゴル人の子孫だと分かっている。日本人にもモンゴル人の子孫はたくさんいるが、名前だけでは分からない」と。先生はその理由を詳しく説明してくださいました。
 私は半信半疑でした。この時、先生の自伝『わが少年時代のモンゴル』(原もと子訳、学生社)をいただきました。この本を読み、深く感動しました。そして、先生の小さいころの体験や見聞に基づいて絵本をつくりたいと思いました。オノン先生のご協力を得てお話を再創作し、郵便事情の悪いモンゴルとの間で絵のやりとりをして、5年がかりでやっとこの絵本『はじめてのかり』を完成させました。
 日本の子どもたちは、この自分の日常生活とまったく違う世界をどう受けとめるでしょう。
 たくましい遊牧民族の狩猟は、人類最古の生産活動であり、狩猟文化は、人類の大切な文化です。
 考えてみると、この本をつくりたいという気持ちは、もしかしたら、自分の体に流れる血の源を求める本能から生まれたのかもしれません。
(「こどものとも年中向き」1996年2月号折込付録より、「○年前」の部分だけ現在から数えた年数に直して再録)

唐 亜明(とう あめい)
1953年、北京に生まれる。新聞記者などを経て、1983年来日。早稲田大学文学部卒業、東京大学大学院修士課程修了。現在、福音館書店に勤務し、絵本の編集に携わるかたわら、東洋大学、早稲田大学で非常勤講師を務める。主な著書に『ビートルズを知らなかった紅衛兵』(岩波書店)、『翡翠露』(TBSブリタニカ、第8回開高健賞奨励賞)、絵本の文に『ナージャとりゅうおう』(講談社、第22回講談社出版文化賞絵本賞)、『西遊記』(講談社、第48回産経児童出版文化賞)、『ちょうちんまつり』『はじめてのかり』(以上、福音館書店)、『十万本の矢』(岩波書店)、『石からうまれた孫悟空』(偕成社)などがある。東京在住。

4月 14, 2006 1995年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1995(平成7)年度にあったこと

第13回統一地方選挙が行われ、東京都知事は青島幸男、大阪府知事は横山ノックが、無党派層の支持を受け当選。(4月)
オウム真理教の村井秀夫幹部が、マスコミ関係者の目前で右翼を自称する男に刺殺された。(4月)
警視庁は地下鉄サリン事件の殺人・殺人未遂容疑で、オウム真理教代表の麻原彰晃容疑者ほか教団幹部を、山梨県の教団施設内で一斉逮捕した。(5月)
青島幸男東京都知事は、選挙公約どおり世界都市博覧会の中止を発表。(5月)
第17回参議院議員選挙で、新進党は40議席と大躍進、社会党は16議席と結党以来の大敗北となった。(7月)
天皇皇后両陛下、戦後50年の慰霊の旅で長崎・広島・沖縄・東京を訪問。(7月)
村山首相は、戦後50年の終戦記念日の談話で、「多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と国の戦争責任を明確に述べた。(8月)
フランス、1991年以来停止していた地下核実験を、国際的批判を押し切って南太平洋のムルロワ環礁で強行。(9月)

バブル経済の崩壊などで不良債権を大量に抱え経営困難に陥っている住専(住宅金融専門会社)の経営調査で、不良債権総額は約8兆4,000億円、うち約6兆3,000億円が回収不能に陥っていることが判明。(9月)
太田昌秀沖縄県知事は、地主が賃貸契約を拒否している米軍用地問題で、国から地主に代わって代理署名するように求められていた使用更新の代理署名を拒否することを表明。(9月)
ロサンゼルス・ドジャースの野茂英雄投手が、1995度のナショナル・リーグ新人王に選出された。(11月)
福井県敦賀市で動力炉・核燃料開発事業団(動燃)の高速増殖炉「もんじゅ」の冷却剤の液体ナトリウムが漏れる事故が発生。事故のビデオの核心部分をカットしていた等の動燃の対応が問題となった。(12月)
村山首相退陣。橋本龍太郎(自民)が首相に選出される。(1月)
菅直人厚生大臣が、薬害エイズ事件で国の責任を認め、原告被害者に謝罪。(2月)
北海道古平町の豊浜トンネルで岩盤が崩落、バスなどが下敷きになり20人が死亡。(2月)

主なベストセラー:『ソフィーの世界』J.ゴルデル(NHK出版)、『フォレスト・ガンプ』ウィンストン・グルーム(講談社)、『松本』『遺書』松本人志(朝日新聞社)
ヒット曲:『LOVE LOVE LOVE』ドリームズ・カム・トゥルー、『WOW WAR TONIGHT』H Jungle with t、『HELLO』福山雅治
この年に登場したもの:WINDOW'S95(マイクロソフト)

福音館書店では:赤ちゃんのための月刊絵本「こどものとも0.1.2.」創刊(4月)。

4月 14, 2006 1995年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

あひるのたまご  ばばばあちゃんのおはなし

1995年4月号
030469

さとうわきこ さく・え

ある日、ばばばあちゃんがお腹をかかえて帰っきたのを見て、子イヌと子ネコは病気と思いこみ、森の動物たちに知らせにいきました。動物たちはそれぞれお見舞いをもって駆けつけます。するとそこにアヒルもあわててやってきてました。ばばばあちゃんは、野原でほったらかしになっていたアヒルの卵をあたためていたのです。やがて卵からヒヨコが生まれ、みんなで誕生パーティーをすることに……。

こどものとも469号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は1997年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

ねぼすけスーザとあかいトマト

1995年5月号
030470

広野多珂子 作

いつもはねぼすけのスーザが、めずらしく早起きしました。マリアおばさんが作ったトマトを、今年初めて市場へ運ぶ日なのです。スーザはロバのサンチェスをひいて町にいき、八百屋のホルヘおじさんにトマトを届けました。でもおじさんの店は市場のすみっこなので、なかなか売れません。スーザはお客さんを集めるために、いいことを思いつきました……。ねぼすけスーザの絵本、第3作。

こどものとも470号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶつかる! ぶつかる!

1995年6月号
030471

わたなべしげお さく かとうちゃこ え

イノシシの子ども、いのっぺちゃんはようやく自転車に乗れるようになったので、嬉しくてたまりません。「ぶつかる! ぶつかる!」と大きな声を出しながら自転車を走らせていると、ゾウさんにどんとぶつかり、「止まるときはブレーキでしょ」としかられました。いのっぺちゃんは、いく先々で動物たちに自転車の乗り方を教わります。『まんいんでんしゃ』の作者コンビによる絵本、第2弾。

こどものとも471号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たこなんかじゃないよ

1995年7月号
030472

秋野和子 文 秋野亥左牟 絵

昼寝から目覚めたタコは、サンゴの穴から出てくると散歩に出かけました。魚がくると「タコなんかじゃないよ」とサンゴの色になって身を隠し、あっというまに魚をつかまえます。オオウツボがきたので海草の色になりましたが、見つかって足を1本かみきられました。そこで墨をはきかけ、こんどは砂の色になって砂地にもぐりこみます。タコの生態を美しい海中の風景とともに描きます。

こどものとも472号
19×26cm 28ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は2005年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ほたるホテル

1995年8月号
030473

カズコ・G・ストーン さく

夏になるとやなぎむらでは、ホタルのぴっかりさんたちと一緒に「ほたるホテル」を開きます。長く伸びたヤナギの枝に包まれた村の中に、草をつないでベッドを作ります。やがて、トンボやテントウムシやチョウなど、たくさんの虫たちが泊まりにやってきました。そして夜になると、ヤナギの枝に無数のホタルの明かりがともるのです。ところが乱暴者のカエルがやってきて……。やなぎむらのおはなし第2弾。

こどものとも473号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は1998年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

まけてたまるか  ヨモトラと7ひきのコブタたち

1995年9月号
030474

鹿目たかし 作

じっちゃんが飼っている負けん気の強いネコのヨモトラには、友だちがいません。近くに住むミケタロはみんなの人気者、いつもネコの仲間を集めて遊んでいます。仲間をほしがるヨモトラに、じっちゃんは生まれたばかりの子ブタの世話をさせました。ヨモトラは子ブタたちを仲間にして、何でもミケタロたちに対抗しようとしますが……。パッケージのトップ・デザイナーが初めて描いた絵本です。

こどものとも474号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

つきよのかっせん

1995年10月号
030475

富安陽子 作 二俣英五郎 絵

ある夜、まなぶの前に野良ネコのブータンが現れて、ネコとタヌキの決戦が行われるまんぷく寺にまなぶをつれていきました。ネコたちは、まなぶをネコに変装させ、タヌキとのなぞなぞ合戦に参加させようというのです。まなぶの活躍でネコ組が勝利したとき、まなぶの変装が取れてしまい、怒ったタヌキたちがとびかかってきました……。富安陽子の「こどものとも」初登場です。

こどものとも475号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ペレのはなび

1995年11月号
030476

直江みちる ぶん 今井 俊 え

ペレはメキシコの小さな村で暮らしています。ペレの家は代々続く村の花火屋さんで、お父さんはそろそろ花火職人の仕事をペレに覚えさせようと、隣り村のお祭りで使う花火作りの手伝いを頼みます。ペレは手伝いよりもお祭りを見たくてたまりませんでしたが、お父さんの作った花火が、村人の大歓声を受けているのを見て、自分もいつかこんなきれいな花火を作ってみたいと思うのでした。

こどものとも476号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

きりのカーニバル

1995年12月号
030477

たむらしげる さく

ルネとロボットのランスロットは、きりふりやまで日の出を見るために夜中に出発しました。森の中をすすんでいくと霧がだんだん濃くなり、やがてふたりは、巨大なかかしや恐竜たちが、空から下りてきたお月さまを囲んで踊っている、不思議な祭りにが迷いこみました。その日はゴンゴ族の霧のカーニバルだったのです……。たむらしげるが、霧の中の世界を水彩で幻想的に描いています。

こどものとも477号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

月にあいにいったアギサ

1996年1月号
030478

パプア・ニューギニアの民話 伊藤比呂美 ぶん 斎藤隆夫 え

月の正体を知るために、アギサはカヌーをつくって出発しました。途中にあるハチの国やヘビの国を、カヌーを駆ってなんとか通り抜け、ようやくたどり着いた大木の下で、月に会える時を待ちました。すると、最初は年取った人が、次には子どもが、月に会える時を教えてくれるのですが、つい眠り込んでしまい会えません。次に太った人がやってくると、その人は木に登り、満月になったのです。そこでアギサは出会った人がみんな月だったことに気づきました。

こどものとも478号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

しょうとのおにたいじ

1996年2月号
030479

日本の昔話 稲田和子 再話 川端健生 画

小鳥のしょうと(ホオジロ)はお地蔵様の耳に巣を作り、卵を3つ生みました。ところが、しょうとが出かけている間に、鬼が次々やってきて、お地蔵様を言葉巧みにだまし、3つとも卵を食べてしまいました。しょうとが泣きの涙で暮らしていると、ドングリが話を聞いて鬼を退治にいこうと誘います。鬼の館に向かう道々、カニ、ハチ、ウシ、臼、縄と、仲間がしだいに増えていきます……。

こどものとも479号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあさんのひっこし

1996年3月号
030480

エドナ・ベッカー 作 神沢利子・山田ルイ 訳 白根美代子 絵

ネコとロバと牝ウシと暮らすおばあさんは、赤い家が古ぼけてきたので新しい家に引っ越すことにしました。最初に見つけた黄色い家は、近くに小川がないので、ロバが気に入りません。次の緑の家はクローバーが生えていないので、牝ウシが気に入りません。こうして、みんなが満足する家はなかなか見つかりませんが……。アメリカ・カンザス州生まれの童話作家のお話です。

こどものとも480号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もう おおきいの

1995年4月号
040109

なかのひろたか さく

おねしょしなかった。もう大きいんだ。服だってひとりで着られる、顔だって洗える。食べるものを出したり、お風呂を洗ったり、片づけだって、なんでもひとりでできるんだ。もう、大きいんだから。ひとりで寝られるよ、暗くしても……。1日の生活を追いながら、ちょっと失敗しながらも背伸びしてひとりだちしようとする子どもの姿を、温かく描きます。

こどものとも年中向き109号
19×26cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

こねこの さんぽ

1995年5月号
040110

みはらさちこ さく

母さんネコが寝てばかりいるので、4ひきの子ネコは自分たちだけで散歩にいくことにしました。転がったり跳びはねたりしながら走っていると、バッタが散歩は草を踏みつぶさないように跳ねるものだといいます。バッタのまねをしながら散歩していると、こんどはシャクトリムシに散歩は一歩一歩しっかり歩くんだといわれました。こうして出会った虫や鳥のまねをして散歩しているうちに……。

こどものとも年中向き110号
19×26cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

じいちゃんのよる

1995年7月号
040112

きむらよしお さく

夏休み、あきらはじいちゃんの家にいきました。じいちゃんは井戸で冷やしたスイカを出してくれたり、怪獣ごっこをしてくれたり、川で魚を捕ってくれたりと、大張り切りです。寝るときになると、じいちゃんは、夜が足やへそをなめにくるから靴下をはけ、腹巻きを巻けと、夜の怖さを教えてくれます。ちょっととぼけたじいちゃんと孫の交流を、のびのびと描きます。

こどものとも年中向き112号
26×19cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たこのえ いかのえ

1995年8月号
040113

野坂勇作 さく

みいちゃんが、夏休みを過ごしたおばあちゃんの家から帰る途中、列車が誰もいない海辺の駅ですれちがいのため停車していました。すると、海の中からタコとイカが出てきて、どっちが絵がうまいか決めてちょうだいと、絵の描き比べをします。砂の上に描かれた、タコゾウとイカゾウ、タコオニとイカオニ、波がくるたび消えてしまう絵はどっちもへんてこりん。夏の海辺の小さなファンタジー。

こどものとも年中向き113号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

あきのひのむしまつり

1995年9月号
040114

歌田典子 さく

ある秋の日、木の実をひろいに雑木林にいったあかねとみのるの姉弟は、ヤマボウシの実を食べると、体が虫ぐらいに小さくなってしまいました。そこへハンミョウがやってきて、ふたりを秋分の日の虫祭りに招待してくれました。チョウのバレエやカブトムシの力くらべ、鳴く虫の演奏など、楽しい時間をすごすうち、虫をこわがっていたみのるも、すっかり虫好きになりました。

こどものとも年中向き114号
26×19cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

すなだんご ぺろり

1995年10月号
040115

平出 衛 さく

砂浜で砂だんごを作ろうとしていたら、カニがもっと湿った砂の方がいいとアドバイスしてくれました。次にはラッコが、それから恐竜もやってきて、砂だんごの上手な作り方を教えてくれます。やがてペンギンやセイウチなどたくさんの動物が集まって、みんなで山ほど砂だんごを作りましたが、できた砂だんごは、やがて海が食べてしまいました。

こどものとも年中向き115号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おじさん いいもの みつけたよ

1995年11月号
040116

岸田衿子 ぶん 古矢一穂 え

散歩に出たアリのありたろうと毛虫のけむたは、草の上で白くてつるつるしてかたい変なものを見つけました。それが何だか教えてもらおうと、ありたろうのおじさんに手紙と絵で知らせると、それは卵だと返事がきました。ありたろうとけむたは散歩で見つけたものを、次々おじさんに手紙で知らせて、それがキノコだとか、ウシのうんこだと、教えてもらいます。絵手紙のやりとりが楽しいお話です。

こどものとも年中向き116号
19×26cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆきのひの アイスクリーム

1996年1月号
040118

片山令子 さく 柳生まち子 え

雪の日、ふゆちゃんはアイスクリームを作ろうと、空き缶の中に砂糖と牛乳と卵の黄身を入れてキュッとふたを閉め、庭の雪の中でゆらしました。そこへ雪ウサギと雪だるまがやってきて、ゆらすのを手伝ってくれることになりました。缶を雪だるまのお腹に入れて、3人いっしょに飛んだり跳ねたり転がったり、雪だらけになって遊んでいると、やっとできあがり。みんなでおいしく食べました。

こどものとも年中向き118号
19×26cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのかり

1996年2月号
040119

オノン・ウルグンゲ・唐 亜明 さく ムンフジン・チュールテミン え

モンゴルの大草原に住むバートルは、ある冬、父さんとおじさんのシカ狩りに初めてつれていってもらいました。ところがお父さんといっしょに、湖の畔に見た2つの光は、トラの目だったのです。鹿狩りを中止してテントに戻る途中、イノシシが自分の毛皮を凍らせてトラとの闘いに備えているのを目撃します。その夜、すさまじい吼え声が聞こえ、翌朝、2頭とも死んでいるのを見つけました。

こどものとも年中向き119号
19×26cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。
唐 亜明のエッセイをこちらからお読みいただけます。

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

あひるのガーコ

1996年3月号
040120

坂本ツル さく ほりえみちを え

開拓地のみゆきちゃんの家で6羽のアヒルが生まれましたが、その中で一番小さくて弱いガーコを、みゆきちゃんは毎日世話をして元気に育てました。ある日、歩いて30分かかるとなりの家のおじさんが、アヒルを1羽くれないかといってきたので、ガーコがもらわれていきました。でもガーコは次の日、川を下ってみゆきちゃんの家に帰ってきたのです。『かいたくちのみゆきちゃん』(「こどものとも」44号)の画家坂本直行さんの奥さんと友人による絵本です。

こどものとも年中向き120号
19×26cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 14, 2006 1995年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)