2006/03/31

『ジャリおじさん』顛末記   澤田精一

 月刊絵本「こどものとも」の担当になったのは、中年になってからの43才のことでした。それまでは黒インク1色、活字で組んだ児童文学評論誌「子どもの館」を編集したことがあって、全ページオールカラー、1冊が1作品というのは初めてでした。ですからベテランの作家とまず仕事をして絵本の編集を学ぼうと思っていたら、新人作家を捜しなさいという編集長のお言葉。それで新人作家を捜しましたが、なかなかこうだと思える人に出会えません。図書館、画廊、美術館をうろうろしながら、どうしたものかと悩みました。
 結局、外であれこれ捜すよりは、自分の裡に記憶されている作家とやろうと思い定まるまで、いささか時間がかかりました。となると大竹伸朗さん。でも、第一線で活躍している現代美術作家が絵本を描きたいというのだろうか。描くか、描かないかわからないのに、遠く愛媛県宇和島までの出張が許されるのだろうかというのが、すぐさま次の悩みとなりました。
 でも、そこはよくしたもので、ほどなく西武・池袋で、大竹さんの個展(大竹伸朗の仕事ECHOES 55-91)があり、会うことができたのです。その時の大竹さんは30代。黒ずくめの服、感受性が全身にびりびりとみなぎっていて、一瞬ひるみました。おそるおそる絵本のことを話すと、なんと、やってみたいという返事なのです。そして宇和島にずっといるのではなくて、何度も上京していると聞き、それからというもの月に一度はあれやこれや絵本について話すことができました。長新太さんの絵本が好きだということも、その時わかりました。
 そうして半年ばかり経過したとき、「できました」という電話を受けとったのです。私は鉛筆で簡単に描いた絵に文章がついたラフがあがったのかと思ったら、原画がすっかり仕上がっていました。そして後になって聞いたのですが、この原画を仕上げるまでに、なんと100枚以上のスケッチやらエスキスを油絵で描いていたのです。(原画はペンとインク、色鉛筆なのに、どうしてエスキスは油絵なのかと質問したら、油絵のほうが手になじんでいるということでした。)

 文章はその後、何度もなおしながら仕上げていくことになります。
 1993年に8月号として刊行。さっそく西武・池袋で原画展、それから新聞、雑誌、さまざまなメディアでもとりあげられました。翌年、小学館絵画賞受賞。翌々年、BIB(ブラチスラバ世界絵本原画展)金杯受賞。それよりも感動したのは、『ジャリおじさん』を読んで、これなら自分でも描けるのではないかということで、何人もの人が絵本を持ち込んできたことです。
 出版当時、読者だった子どもたちは、今では大人となり、今度は大竹さんの個展に出向いて、小さい頃『ジャリおじさん』を読みましたという話を何度も聞いたことがあります。絵本というのは、いつの間にか、自然にそこにあるものになっていくんですね。
 さて、今年、10月14日から2ヵ月間、東京都現代美術館で大規模な回顧展「大竹伸朗 全景 1955-2006」が開催されます。3フロアー使っての展示は、日本人としては初めてだそうです。『ジャリおじさん』の原画も全点展示されるようです。あの宝石のような絵に10数年の時を経て再会できると思うと、今からわくわくしています。

澤田精一(さわた せいいち)
1948年、千葉県に生まれる。1973年福音館書店入社。「子どもの館」「こどものとも」「こどものとも年少版」「かがくのとも」各誌を担当。

3月 31, 2006 1993年, エッセイ | | コメント (1) | トラックバック (1)

1993(平成5)年度にあったこと

カンボジアで、国連UNTACの選挙管理部門スタッフとして働いていたボランティア中田厚仁さんが何者かに撃たれて死亡した。(4月)
天皇・皇后両陛下、初めて沖縄を訪問する。天皇は沖縄戦について「深く哀悼の意を表したいと思います」と遺族に言葉をかけた。(4月)
カンボジアで、日本人文民警官5人らが乗った車の列が襲撃され、高田晴行警部補が死亡、4人が重軽傷を負った。(5月)
皇太子殿下、小和田雅子さんと御成婚。(6月)
衆議院で宮沢内閣不信任決議案可決。小選挙区制をめぐって社会党・公明党・民社党が宮沢内閣不信任決議案を提出、自民党の羽田孜・小沢一郎グループと政治改革推進派の一部が賛成したため可決。宮沢首相は衆議院解散。自民党から離党が相次ぎ、新党さきがけ、新生党結成。(6月)
「北海道南西沖地震」(M 7.8)が北海道・東北を襲い、死者202人、行方不明28人等の被害をもたらす。特に北海道奥尻島で津波などで大きな被害。(7月)

第40回衆議院議員選挙が行われ、自民党過半数割れ、社会党も半減の惨敗。(7月)
細川護煕(日本新党)が内閣総理大臣に指名され、日本新党、新党さきがけ、新生党、社会党、公明党、民社党、社民連と参議院連合の7党1会派で、連立内閣を成立させた。(8月)
農林水産省、コメ作況指数(平年作=100)が戦後最悪の80であると発表。(9月)
サッカー・ワールドカップ・アジア予選で、日本はイラクにロスタイムに同点に追いつかれて引分け、本大会出場を逃した(ドーハの悲劇)。(10月)
米の緊急輸入の第1回としてタイ米7000トンを積んだ貨物船が横浜に入港。(11月)
屋久島・白神山地・法隆寺・姫路城が世界遺産に認定された。(12月)
田中角栄元首相死去。(享年75歳)(12月)
第17回冬季オリンピック・リレハンメル大会がノルウェーで開催された。日本は、ノルディック複合団体で金メダルなど、金1、銀2、銅2。(2月)

主なベストセラー:『マディソン郡の橋』R・J・ウォラー(文藝春秋)、『磯野家の謎』東京サザエさん学会編(飛鳥新社)、『日本改造計画』小沢一郎(講談社)
ヒット曲:『YAH YAH YAH』CHAGE&ASKA、『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』B'z、『ロード』THE虎舞竜
この年に登場したもの:サッカーJリーグ、プロ野球フリーエージェント(FA)制

3月 31, 2006 1993年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

まほうのえのぐ

1993年4月号
030445

林 明子 さく

よしみはいつも、お兄ちゃんのように絵の具で絵を描きたいと思っていました。ある日、とうとうお兄ちゃんからから貸してもらった絵の具で、絵を描いていると、ヘビが絵の具をくわえて逃げていきます。追いかけて森の中に入ると、そこではネズミやリスやカラスにシャクトリムシまで、よしみの絵の具で絵を描いていました……。林明子の文・絵による、絵を描く楽しみに満ちた絵本です。

こどものとも445号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は1997年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

ふくのゆの けいちゃん

1993年5月号
030446

秋山とも子 さく

けいちゃんのうちは、お風呂屋さん。5月5日の菖蒲湯の日、年に一度の風呂場の絵の描きかえもあります。ペンキ屋さんがやってきて、大きな壁の絵をぐんぐん描きあげていきます。お母さんは掃除や洗濯で大忙し。お父さんは火炊き場で薪を燃やします。夕方4時にのれんをかけると、お客さんがやってきてお風呂場に話し声が響きはじめます。お風呂屋さんの一日の生活をいきいきと描きます。

こどものとも446号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念出版「こどものともセレクション」の1冊として刊行されています。

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

どてのしたてやさん

1993年6月号
030447

長谷川摂子 ぶん 吉田道子 え

女の子が川の土手で縫い物をしていましたが、針道具やいろいろな布を置いたまま遊びにいってしまいました。するとノネズミの親子がやってきて、ハサミと糸の仕立て屋さんに、大きなポケット付きのズボンを注文しました。仕立屋さんは歌いながらズボンを仕上げます。こうしてモグラの帽子、ヘビのざぶとん、カラスのマントなどを次々に作りあげ、夕方になって女の子が戻ってくると……。

こどものとも447号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まんいんでんしゃ

1993年7月号
030448

わたなべしげお さく かとうちゃこ え

夏休みの日曜日、駅のホームはおでかけの動物たちでいっぱい。電車がやってくると、イノシシもクマもペンギンも電車の中に突進しました。「ふまないで!」とカメの悲鳴。電車の中はぎゅうぎゅう詰め。「おさないで! ハリネズミさんがのっているんだよ!」最後にゾウとキリンがやってきて、ライオン駅長は1両増やしてくれました。バイタリティあふれる奔放な絵が、物語を盛りたてます。

こどものとも448号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

とべ コウタ

1993年8月号
030449

吉岡一洋 作

コウタは毎日近所の仲間といっしょに海に遊びにいきますが、岩の上から飛びこむのは、こわくてできません。ある日、くやしがっていたコウタは、大将のクンタンに手をひっぱられ、岩からはじめて飛びこみました。耳が痛くなり、塩辛い水を飲みましたが、少しだけ自信がついたコウタは、浅瀬で水の中で目を開ける練習をして、次にはとうとうひとりで飛び込めました。

こどものとも449号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

くすのきと あおばずく

1993年9月号
030450

甲斐信枝 さく

あるお寺の境内に立つ、枯れ枝だらけで幹にもうろができているクスノキの老木は、小鳥や蝶にもバカにされ、くやしい思いをしていました。ところがある日、2羽の鳥がその木で暮らしはじめ、うろの中で卵を三つ生んだのです。やがて生まれた雛の成長を見守るクスノキは幸せでした。けれども雛が大きく育った秋の終わり、そのアオバズクの親子は飛びたっていったのです。

こどものとも450号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もりのさんぽうた

1993年10月号
030451

松居スーザン 詩・曲 佐藤国男 絵

坂道くだって角をまがって、野原はしって小川とびこえ……「どっかいこうか」。原っぱの小道を歩いていたら飛び出したトンボ、バッタ、チョウ……「むしのうた」。葉裏や石の下にひそむのは……「びっくりうた」。「あきかぜ」「もりのぎょうれつ」「くものうた」。野原や森を散歩しながら口ずさむのにぴったりの歌が楽譜付きで6編。木版画の絵本です。

こどものとも451号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かやねずみのちゅるり

1993年11月号
030452

白石久美子 さく

ヒバリのぱぴが草原に舞いおりると、小さなカヤネズミのちゅるりが、赤ちゃんを産むために、カヤの葉っぱで巣をつくっていました。やがてその中で生まれた5ひきの赤ちゃんは元気に育っていきました。ところがある時、大嵐がやってきて巣は壊れ、まわりの草もすっかりなぎたおされてしまいました。ちゅるりは引っ越しをするのに良い場所をぱぴに聞いて、新しい家をつくりにいきますが……。

こどものとも452号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

なんじゃもんじゃはかせの おべんとう

1993号12月号
030453

長 新太 さく

なんじゃもんじゃ博士と友だちのゾウアザラシが、お弁当を食べようとしたら、へんな木々が「お弁当をちょうだい」とやってきました。博士たちは大急ぎで逃げましたが、がけから川へ落ちてしまいます。こんどは川の底で巨大なエビに追いつめられた博士が、お弁当のエビフライをぐいっと見せると……。「母の友」の連載でおなじみの「なんじゃもんじゃ博士」の「こどものとも」版です。

こどものとも453号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

まじょの かんづめ

1994年1月号
030454

佐々木マキ 作

女の子と犬が森へ遊びにいくと、見なれない一軒家がたっていたので、中に入ってみました。すると台所にあった缶詰から「たすけて」という声が聞こえてきます。缶切りでギッシギッシと開けてみると、最初はゾウが、次はクマが……と、次々と動物が出てきました。その時、魔女が帰ってきて、ふたりはかんづめにされてしまいますが……。魔女の家の蛍光色がふしぎな雰囲気を醸しだす絵本です。

こどものとも454号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は1999年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いつも いっしょ どうぶつとくらす アジアのこどもたち

1994年2月号
030455

車光照ほか 写真 松岡享子 文

じゃれついてくるイヌに思わず目をつぶる子ども。子ブタに餌をやる子ども。湿地を渡りヤギを草場につれていく子ども。子ヒツジを抱く子ども。イヌと一緒に昼寝する子ども。頭のシラミをサルに取ってもらう子ども。ニワトリ、ネコ、ゾウ、スイギュウなど、動物たちと暮らすアジア各国の子どもたちの生活をいきいきと写した写真を、子どものつぶやきのような文とともに構成した絵本です。

こどものとも455号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち

1994年3月号
030456

エヴェンキ民話 アンナ ガルフ 再話 内田莉莎子 訳 小野かおる 絵

森のはずれに住んでいた3匹の元気なわんぱく子ウサギは、ある時、おそろしいクズリ(イタチの仲間)をからかって、カンジカおばあさん家に逃げこみ、そこで一緒に暮らすことになりました。おばあさんは狩りにいき、おいしいご馳走を作ります。子うさぎたちも狩りにいきたくて仕方ありませんでした。ある日、子ウサギたちはこっそり槍をもちだすと……。東シベリア少数民族の民話です。

こどものとも456号
26×19cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

しおちゃんとこしょうちゃん

1993年4月号
040085

ルース・エインワース さく こうもとさちこ やく・え

まっ白な毛のしおちゃんと、白に灰色の混じるこしょうちゃんの2匹は双子の子ネコ、何をするのも一緒です。ある日、どちらが高いところに登れるか競争をして、庭の高い高いモミの木のてっぺんまで登って、おりられなくなってしまいました。鳥に助けを求めても、飛行機に向かって鳴いてみても、だれもきてくれません。でも夜になると、お母さんが迎えにきてくれました。

こどものとも年中向き85号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まんげつのよるに

1993年6月号
040087

高久明実 さく

森の中の壺の家に住むタコさんは、満月の光に誘われ、煮豆をもって散歩に出かけました。すると、おばあさんがタマネギを収穫しています。煮豆を少しタマネギと交換し、また歩いていくとヒツジさんが子どもを寝かせています。煮豆とヒツジさんの毛で編んだマフラーを交換して、また散歩を続けると、森の奥では、動物や妖精がみんなでお団子を作って、お月見のパーティーをしていました。

こどものとも年中向き87号
19×26cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

よるって しってる?

1993年7月号
040088

三原佐知子 さく

朝一番に起きて、夕方にはまっ先に寝てしまうオンドリは、夜を知りません。夜ってどんなものなのか知りたくなって、オンドリは庭の仲間に聞いてまわります。イヌは、夜って物騒なものだといい、チョウは、夜って蛹の中で祈るものだといい、キリギリスは、歌うものだといいます。ネコ、カエル、クモ、アリにも聞いてもどってきたオンドリは、くたびれてさっさと寝てしまいました。

こどものとも年中向き88号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャリおじさん

1993年8月号
040089

おおたけしんろう えとぶん

海を見て暮らしていたジャリおじさんは、ある日、後ろをふりむいて、黄色い道が続いているのに気づき、歩きはじめました。ピンク色のワニを道連れに歩いていくと、いろいろな人に出会いますが、この道がどこへ続いているのかは、だれも知りません。夜になってジャリおじさんはもうひとりのジャリおじさんと出会います。その人は、ずっと先に青い大きな神様がいるといいました。現代美術作家が描く斬新な絵本。

こどものとも年中向き89号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

この絵本は1994年「日本傑作絵本シリーズ」の1冊としてハードカバーで刊行され、現在も販売されています。
編集者のエッセイはこちらからお読みいただけます。

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

プッポコとペッポコ ぱんらぱら たねまこうのまき

1993年9月号
040090

岸田衿子 さく 片山 健 え

おなじみ裸ん坊のふたり組プッポコとペッポコが、トチの木の中から「たねまきしたいもん、よっといでー」とラッパを吹きました。イヌ、ネコ、ウサギ、サル、クマがやってきて、丘の畑にぱんらぱらといろんな種をまきます。お日さまがほっほこ照り、雨がざんざか降って、やがて芽が出て花が咲き実がなって、トマトにニンジン、スイカにトウモロコシが大豊作。プッポコペッポコ第3弾。

こどものとも年中向き90号
19×26cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

へびを だいじに

1993年11月号
040092

イノウエヨースケ 作

ヘビを大事にいたしましょう。ヘビが電車に乗るときは、つり革の輪の中にぶらさがってもらいます。キャンプでは、ヘビのとぐろはバケツ代わりになってくれます。大きな長いヘビがいれば、ブランコになってくれたり、シーソーやすべり台になってくれたり、いろいろ遊んでくれます。ヘビの姿態から次々想像を広げる楽しい絵本。

こどものとも年中向き92号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かたつむりとさる

1994年1月号
040094

ラオス・モン族の民話 ヤン・サン さいわ ハー・ダン したえ モンのこどもたち ししゅう やすいきよこ やく

サルに歩みののろさをバカにされたカタツムリは、それならどちらが先に3つの山と3つの谷をこえるか、競走をしようと申し出ました。カタツムリは親類縁者を集め、3つの山と3つの谷のあちこちに先に散らばっておいて、みごとサルをうち負かしました。タイの難民キャンプに暮らすラオス少数民族の子どもたちが、得意の刺繍で自分たちの昔話を描いた絵本です。

こどものとも年中向き94号
26×19cm 28ページ 当時の定価320円(本体311円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

3びきねこさん

1994年3月号
040096

柳生まち子 さく

一緒に暮らしている3匹のネコ、お兄ちゃんぶってる“ごろ”、負けず嫌いの“とら”、おとなしい“きい”は、時々けんかはするけれど、とっても仲良し。今日は魚釣りにいきます。ニワトリのこっこおばさんにミミズをわけてもらい、ねむねむじいちゃんちの裏の池にボートを出して、釣りをします。最初きいは1匹も釣れなかったけれど、最後には仲良くみんな3匹ずつ釣れました。

こどものとも年中向き96号
26×19cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

3月 31, 2006 1993年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)