2006/03/17

<作家インタビュー>『もりのひなまつり』が生まれた日  小出保子

 私は、人形が嫌いな子だったらしいんです。物心ついた時には、まわりに人形というものがなかった。それで母に「人形がほしい」といったんですよ。そうしたら、「あなた、ちっちゃい時に人形が嫌いで、買ってやろうとしてもいやがったのよ」という話で、そういわれてみると、人形って気持ち悪かったのかなあって、後で思うんですけどね。
 市松人形のすごく立派なのを、隣のきょうちゃんっていうお姉さんが疎開するんで、自分の身代わりという形で私にくれたんです。ところが、私がとっても悪い持ち主でね(笑)。顔は汚れるし、髪はぐじゃぐじゃになるし。そうしたら、ある夜、きょうちゃんがやってきて、人形を返してくれっていうんですよ。母も驚いて、「すごく汚しちゃったから」っていったら、それでもかまわないから返してほしいって、それで返したんですけど。ほっとしたから、やっぱり人形はきらいだったんですね。
 でも、嫌いなんだけど、嫌いなものって見ずにはいられない。興味をそそられるじゃないですか。3月に飾られるお雛様もね、なんかこう、動いてるんじゃないかという気がする。目をちょっとそらした隙に動いてるとかね。

 それと育ったのが田舎の古い家で、鼠が多かったんですね。ちょろちょろ出てきていて。お雛様を飾った夜、鼠が天井からおりてきて、母の寝床にもぐりこんだ事件があったんです。本当に大きな鼠だった。年寄り鼠だって、父はいうんですけどね。母の足にさわって、とっても冷たい手だったそうです。鼠は廊下の暗闇に消えてしまったけど、何かやっぱり、お雛様に用があったんじゃないかと。ひょっとすると、鼠と人形が友だちというかね、何かあやしいんじゃないか、と思って。
 例えば道を歩いていても、風もないのに葉っぱが1枚だけ揺れていたりすると、それは何かの印でね、何かそこにちっちゃなものがいるんじゃないか、って思うんです。そんな小さなものの世界が好きで、そういう世界を知りたいと思っていて、そのひとつの方法で、お雛様と鼠の話になったんだと思います。
 お雛様はすましてるけど、実は毎年、鼠たちとこっそり何かしているんじゃないか。そう考えてワクワクしてしまって。お雛様と鼠たちは、代々こんなことをしてきたんじゃないかと思えてくるんですね。
 小学生から、『もりのひなまつり』が楽しかったという手紙が何通かきて、その中に「私は雛人形が大嫌いです」という女の子がいたんです。「やっぱりこういう子、いるんだ」って、ほっとしたんですけど。その子も、「嫌いだったんだけど好きになった」といってくれて、ちょっとはよかったかな、って思いました。それと、男の子がけっこう楽しかったっていってくれて、すごくうれしかったです。
(「こどものとも年中向き」2001年3月号折込付録より一部を再録)

小出保子(こいで やすこ)
福島県に生まれる。桑沢デザイン研究所卒業。絵本に『とんとんとめてくださいな』(1986年銀の石筆賞受賞<オランダの絵本賞>)『ゆきのひのゆうびんやさん』『はるですはるのおおそうじ』『とてもとてもあついひ』『かさかしてあげる』『おなべおなべにえたかな』『やまこえのこえかわこえて』『もりのひなまつり』『おおさむこさむ』(以上、福音館書店)などがある。千葉県在住。

3月 17, 2006 1991年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1991(平成3)年度にあったこと

日米貿易摩擦の象徴とされていた牛肉・オレンジの輸入自由化スタート。(4月)
ソ連のゴルバチョフ大統領、ソ連の国家元首として初の来日。(4月)
政府はペルシャ湾の機雷除去のために自衛隊掃海部隊派遣を決定。(4月)
横綱千代の富士引退。史上最多の通算1045勝と優勝31回を記録。(5月)
ユーゴスラビア、内戦に突入(5月)
滋賀県信楽町の信楽高原鉄道で正面衝突事故。42人が死亡、576人が重軽傷。(5月)
長崎県雲仙の普賢岳で噴火による大規模な火砕流が発生。報道陣、地元住民など合計40人死亡、不明者3人という大惨事になった。(6月)
証券会社損失補てん事件:90年初めに株価が急落した際、大口顧客をつなぎ止めようと野村、日興、大和、山一の四大証券すべてが損失補てんを行っていたことが明らかとなった。(6月)

世界柔道選手権無差別級で小川直也が史上初の3連覇を達成。(7月)
バルト3国、ウクライナ共和国、白ロシア共和国、ウズベク共和国、などソ連の各共和国で独立宣言が相次ぐ。(8月)
秋篠宮妃紀子さま、天皇の初孫として眞子さまをご出産。(10月)
宮沢喜一第78代 内閣総理大臣となる。(11月)
ロシアなど旧ソ連11共和国、独立国家共同体を設立してソ連消滅。(12月)
第16回冬季オリンピック・アルベールビル大会が フランスで開催。日本はスキー複合団体で金メダル、フィギュアスケート女子シングルで伊藤みどりが銀メダルなど、メダル7個を獲得。(2月)

主なベストセラー:『もものかんづめ』さくらももこ(集英社)、『だから私は嫌われる』ビートたけし(新潮社)、『真夜中は別の顔』S・シェルダン(アカデミー出版)
テレビ:『101回目のプロポーズ』(フジテレビ)など放送開始。
ヒット曲:『ラブ・ストーリーは突然に』小田和正、『SAY YES』CHAGE & ASKA、『愛は勝つ』KAN
この年に登場したもの:WOWOW(日本衛星放送)、ディスコ「ジュリアナ東京」、SMAP、骨髄バンク(骨髄移植推進財団)

3月 17, 2006 1991年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

やまのぼり −ばばばあちゃんのおはなし−

1991年4月号
030421

さとうわきこ さく・え

春、天気もいいし山登りにいこうと、ばばばあちゃんは考えました。お弁当と水筒とお菓子をもって、リュックを背負っていこうとしたら、森の動物たちが、おもちゃやボールやラッパ、お鍋にお皿、バケツ、毛布、テント……と、大荷物をもって集まってきました。こんなにたくさん山までもっていけません。考えたあげく、ばばばあちゃんは、家の屋根を山にしてしまおうと……。

こどものとも421号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は1994年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たあんき ぽおんき たんころりん −たんたん たのしい うたづくし−

1991年5月号
030422

長谷川摂子 文 降矢なな 絵

「たぬきがね どんぐりころころ おいかけた たあんき ぽおんき たんころりん」「りんご りんご りんご りんご りん りん りん りんごのなかで すずがなっている」リズミカルなことば遊びに満ちた13編の歌に、イメージがぐんぐん広がる絵をつけた、『めっきらもっきら どおんどん』『きょだいな きょだいな』の作者コンビによる絵本。

こどものとも422号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

クロてがみかこう

1991年6月号
030423

木葉井悦子 さく

アフリカで生まれて、私たち家族と一緒に日本に引っ越してきた、大きいシェパードのクロ。アフリカにいるムフおじさんに手紙を書こう。春、花壇に花を植えたこと。6月、クロがちょうちょを追いかけまわしてドクダミをふみあらしたこと。夏、川に釣りにいったとき、クロが泳ぎまわっていたこと。夜、夢を見ているように鳴くクロ。雪を食べ過ぎたクロ……。犬と少女の交流を描きます。

こどものとも423号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

いすうまくん

1991年7月号
030424

かどのえいこ 作 こうもとさちこ 絵

夏休み、おじいちゃんの家にいったタッくんは、物置でお父さんの使っていた古い椅子を見つけました。タッくんがその椅子に馬のりに座ると、椅子はビューンと空へ飛びあがっていきます。空ではいろんな椅子が子どもたちを乗せて飛びまわっていました。タッくんもひとしきり飛びまわったあと、オニヤンマを追いかけて林の中におりると……。お父さんと子どもを結ぶ秘密の魔法のお話です。

こどものとも424号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

カガカガ −ふしぎなことがいっぱいの とおいむかしのものがたり−

1991年8月号
030425

日野十成 文 斎藤隆夫 絵

石と鳥の間に生まれたカガカガは神の使いで旅に出ましたが、肝心の用事を忘れていました。ハゲワシをだましたり、クマをだましたりしながら、カガカガは旅していきますが、ミンクにはしてやられ、長い尻の穴と長いへそを失ってしまいます。けれどもその時、カガカガは神の用事を思い出したのです。北米先住民の創世神話を、画家斎藤隆夫が斬新なスタイルで描きます。

こどものとも425号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

しでんと たまご

1991年9月号
030426

川崎 洋 さく 佐藤国男 え

じろうが朝早く野原を散歩していると、森の方から市電が走ってきました。広々したところを走りたかったので、月の光の力で走ってきたというのです。じろうは市電に乗せてもらい、座席で小さな卵をひとつ見つけました。じろうは卵を巣に返そうと、鳥の巣を探しますが見つかりません。そのうち夕方になり、突然雷が落ちて市電は燃えてしまいます。幻想的なお話を美しい木版画で描きます。

こどものとも426号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

やまのてっぺん そらのまんなか

1991年10月号
030427

織茂恭子 さく

山の麓に住むひろしのお父さんは、日曜になるとよく山に登りにいきます。ある日ひろしはお父さんを追いかけて、山に入っていきました。慣れない山道で心細い思いをしているひろしに、森の木や沢の石が、やさしく声をかけてくれます。途中で道に迷ってしまいましたが、サルに導かれ、ついに山のてっぺんまでたどりつきました。むこうからはお父さんが……。山登りの魅力を存分に伝えます。

こどものとも427号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

うりひめとあまんじゃく

1991年11月号
030428

稲田和子 再話 小西英子 画

川を流れてきた瓜をおばあさんが切ってみると、中には小さな女の子がいました。瓜姫と名づけて大切に育てると、やがて近所でも評判の美しい娘になり、お殿様が嫁にほしいといってきました。ところがある日、おじいさんとおばあさんの留守にあまんじゃくがやってきて、瓜姫をさらって木にくくりつけ、自分が瓜姫になりすまします……。おなじみの昔話を原話に忠実な再話で絵本にしました。

こどものとも428号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おとうさんをまって

1991年12月号
030429

片山令子 さく スズキコージ え

汽車に乗って遠くへ仕事にいくお父さんを駅で見送ったあと、ぼくと犬のワンダは、おもちゃ屋のウィンドーの中に、お父さんの乗ったのとそっくりな汽車がミニチュアの山の間を走っているのを見つけました。ぼくたちは毎日、その汽車を見にいき、お父さんの帰りを待ちます。ウィンドーの飾り付けはだんだん変わり、やがて雪景色になったころ、お父さんか帰ってくることになりました……。

こどものとも429号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくねずみ すごろくばなし

1992年1月号
030430

わたり むつこ さく ましま せつこ え

お正月、ゆうたはあさこ姉さんと初詣にいき、おみくじをひいたら「ぼうけん大吉」が出ました。そこに書いてあった地図に導かれ、ふたりはネズミの町に招かれます。でもその町では、小鬼がいたずらのかぎりをつくして、お正月を台無しにしているのでした。ゆうたとあさこは、さいころをふって、子鬼を追いかけます。画面にもすごろく遊びの楽しさをいかして構成された絵本です。

こどものとも 430号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

しろいむすめマニ −アマゾンのいものはじまり−

1992年2月号
030431

稲村哲也 再話 アントニオ・ポテイロ 絵

、アマゾンのジャングルの村に肌がまっ白な女の子が生まれ、マニと名づけられました。マニはみるみる大きくなりましたが、1年で死んでしまいました。その後マニは母親の夢枕に立ち、葬る場所を次々変えさせました。やがて日照りで食べ物がなくなったとき、マニを葬った場所から木が育ち、村人の前に姿を現したマニは、根っこでパンをつくることを教えてくれました。アマゾンのいもマニオカの起源説話をブラジル人画家が描きます。

こどものとも431号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もりのひなまつり

1992年3月号
030432

こいで やすこ さく

ある家の蔵に住むねずみばあさんのところに、森の「のねずみこどもかい」から手紙が届き、お雛さまを森の雛祭りにつれてきてくださいと頼まれました。お雛さまたちもよろこんで一緒に森へいき、動物たちの前で、五人囃子のお囃子と三人官女の歌に合わせ、お内裏様が踊りました。ところが楽しい祭りの後、雪が降りだしました。よごれてしまったお雛様をねずみばあさんは……。

こどものとも432号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は2000年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。
こいでやすこさんのインタビューはこちらからご覧ください。

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

だるまちゃんとだいこくちゃん

1991年4月号
040061

加古里子 さく

だいこくちゃんの「うちでのこづち」は、米粒を入れて振ると、おもちや団子やおにぎりが、麦の粒を入れて振ると、クッキーやビスケットやケーキが出てきます。うらやましくなっただるまちゃんは、かんかんぎこぎこと「うちでのこづつ」を作って、振ってみました。すると入れたものがどんどん増えました。そこで「うちでのこづち」と「うちでのこづつ」をつないで一緒に振ると……。

こどものとも年中向き61号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

この絵本は2001年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かえるのトンネル

1991年6月号
040063

田村直巳 さく

毎年春が近づくとあちこちからカエルが集まって、すいじん池でカエル祭りが開かれます。ところが森のカエルたちが池を見にいこうとすると、いつのまにか途中には車がたくさん通る道路ができていたのです。森のカエルたちは、明日にせまった祭りに参加するため、モグラから教わってトンネルを掘ることにしました。色鉛筆の柔らかなタッチで1匹ずつ個性豊かなカエルが描かれます。

こどものとも年中向き63号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

プッポコとペッポコ ねむりかいじゅうネーボーのまき

1991年7月号
040064

岸田衿子 さく 片山 健 え

裸ん坊のふたり組プッポコとペッポコが、「およぎたいもんよっといでー」とラッパを吹いて呼びかけると、ウサギのうさえ、サルのさーるー、イヌのいぬおと孫たちがやってきたので、みんなで海に行く洞穴に入っていきました。すると洞穴の奥で111年間眠り続けていた“ねむりかいじゅうネーボー”が目を覚ましました。水浴びしたいというネーボと一緒に、みんなで洞穴の外の海で泳ぎます。

こどものとも年中向き64号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もものうえの たねまろ

1991年8月号
040065

降矢なな さく

家の裏の桃畑で、ももこは見あげるほど大きな桃の実を見つけました。小さな戸があって「ぽっくりをはいておはいりください」と書いてあったので、中に入っていくと、御簾の向こうの広間に“もものうえのたねまろ”というおじいさんがいて、桃尽くしのごちそうでもてなしてくれました。遊んだり踊ったり、楽しく過ごしたあと、大きな桃の実をおみやげにもらい帰ってきました。

こどものとも年中向き65号
26×19cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かわたろう

1991年10月号
040067

沼野正子 さく

おばあちゃんの家におすしの重箱を持っていく女の子の後ろを、麦わら帽子で顔をかくした誰かがついてきます。追いかけてきたイヌも、通せんぼしたいじめっ子も、その顔を見ると逃げていきました。いじめっ子たちに重箱をひっくりかえされて、女の子が泣いていると、おばあちゃんが迎えにきてくれますが、家に着いてみると重箱の中身が川魚になっていました。いたずら者でにくめない河童のお話です。

こどものとも年中向き67号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たいふうがきた ひ

1991年11月号
040068

浜田桂子 さく

おばあちゃんの家に遊びにきた日、3人の兄妹は台風の中を家に帰ることになりました。滝になった歩道橋の階段を登り、海になった公園で船遊び。レストランの店先の人形は倒れ、ショーウィンドーのなかみも飛び散っています。大喜びしながら家に着くころには、風雨もおさまり夕焼けも見えてきました。子どもが感じる台風の日のわくわくする気持をストレートに描いています。

こどものとも年中向き68号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちいさいくつ

1991年12月号
040069

さいとゆふじ さく

靴箱の中に、大きなお父さんの靴と、おしゃれなお母さんの靴と、お兄ちゃんのスニーカーと一緒に住んでいる、小さい靴。みんなは毎日外に出かけて、楽しそうに外のことを話すけれど、自分はいつもお留守番です。でもある日、靴箱から外に出され、赤ちゃんに履かれて、家族と一緒に初めてのお出かけにいきました。にぎやかな町を通り、公園でみんなと遊びました。

こどものとも年中向き69号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのじどうしゃ

1992年1月号
040070

谷川俊太郎 さく 太田大八 え

クリーニング屋の一家が、仕事用のワンボックスカーで帰省します。のろのろ運転の町の中をぬけると、海の見える気持ちのよい道。途中、事故のけが人を運んだり、車の中でキャンプをしたり、車は大活躍。フェリーに乗っておばあちゃんの家に到着です。道すがら出会うほかの車も紹介しながら、自動車の多様な働きや役割が、簡潔なお話の中に描かれていきます。「年少版こどものとも」1978年11月号の文と絵を全面的にかきなおした新版です。

こどものとも年中向き70号
19×26cm 28ページ 当時の定価280円(本体272円)

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

ガラシとクルピラ

1992年3月号
040072

陣内すま ぶん ヴァンペレーラ え

アマゾン川のほとりに住む少年ガラシは、早く父さんのように狩りにいきたいと思っていました。ある日、弓矢をもって大人たちのあとをそっとついていき、子どものアルマジロを捕まえようと追いかけていると、目の前に不思議な生き物が現れ、ガラシは気を失ってしまいます。家にもどると、お父さんは動物を守る森の精霊クルピラのことを教えてくれました。アマゾンに住む作者と画家による絵本。

こどものとも年中向き72号
26×19cm 32ページ 当時の定価280円(本体272円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 17, 2006 1991年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)