2006/03/10

<作家インタビュー>『ねぼすけスーザのおかいもの』が生まれた日 広野多珂子

 スーザのお話を自分の中であたためて8年かかって、それからラフスケッチを編集者に見ていただいてから本になるまでに2年かかったんです。
 結婚して間もない頃に、それまでの絵の勉強の総まとめをしたくて、夫と二人でスペインにいったんです。そこでの生活が見るもの聞くもの新しいものばかり。生活が日本とは全く違って、新しく感じました。
 その頃、日本ではまだ消費文化というか、使い捨ての時代というのか、そういうことが美徳とされていたんですね。わたしの感覚も、古くなった家具はポイッと捨てちゃうもんだ、となっていました。戦後間もない頃に生まれ育って、使い捨てには抵抗があったにもかかわらず、日々の生活の中でそういったものに流されていたんです。
 でも、スペインではそうじゃない。古いものを大事に大事に使って、家具もいたんだものを直して、あるいはペンキをぬって使っている。ひとつのものを本当に大事にしていることに、とっても感動したんですね。
 1週間に一度、近くの市場に買い出しにいくんですが、お肉を買うのに1時間くらい待つんです(笑)。日本だと、5分待つのもイヤ、という感じだったんですけど。待つのも、ならんでいるわけではなく、そこにいったら、まわりの人に「一番最後はだあれ?」と聞くんです。そうすると、「わたし」といってくれる人がいるから、その人の顔を覚えて、「あなたの次、わたしよ」という感じで顔を覚えてもらって、順番を待つんです。わたしが最後で待っていると、またお客さんがきて、「一番最後はだあれ?」と聞くから、「はい、わたし」と答えてあげるんです。ですからきちんとならぶのではなくて、一見たむろしている感じ。そうして長いときには1時間以上待つ。でもそれが、待っていられるゆとりがあるんです。苦にならなくて、楽しかったですね。

 この絵本の舞台は、スペインがもとにはなっているけれど、特定の場所ではないんです。スーザの住んでいる村は、アンダルシア地方でもあり、ラ・マンチャ地方でもある、というわけで。スーザについても特定のモデルがいるわけではなくて、ラ・マンチャでお友だちになった小さな女の子でもあり、自分の娘でもあり、とっても図々しいかもしれないけど、わたし自身でもあるんですね(笑)。
 夫とわたしは、二人で絵を描いていく、ということを誓い合って結婚したんです。それで帰国後、生活が苦しくて、子どもたちが生まれた時にはとても貧しかった。そこで夫かわたしのどちらかが働きに出れば、貧しさというのは解決できるんですけど、そうしてしまったら、どちらかの夢とかそれまでやってきたものをつぶしてしまうことになる。相手の夢とか希望とか、そういうものをつぶして自分がなりたっているということは、お互いにとって不幸なことじゃないかと思うんですね。だから貧しくともがんばったんですけど。
 スーザが最後に一番ほしいものを見つけて、でもそれを買えなかった、その時の落胆の気持、「あーあ」「あーあ」という大きなため息というのは、8年間お話をあたためながら貧しい生活をしていた、その時のわたしの気持なんですね。でもそういう生活の中でも、悲観的にならず、どこか貧しさを楽しむ気持が心の隅にあったんです。それは、スペインでの生活があったからだと思います。
 
 『ねぼすけスーザのおかいもの』は、それまでのわたしの様々な思いがくっつき合って一緒になった本。もう20年、わたしの中にはスーザがいます。スーザが本当に、どこかにいるような気がします。
(「こどものとも年中向き」2002年5月号折込付録より抜粋して再録)

広野多珂子(ひろの たかこ)
1947年、愛知県に生まれる。スペインのシルクロ・デ・ベージャス・アルテスに学び、帰国後、児童書の世界に入る。「こどものとも」の「ねぼすけスーザ」のシリーズに、この『ねぼすけスーザのおかいもの』(419号)のほか、『ねぼすけスーザとやぎのダーリア』(438号)、『ねぼすけスーザとあかいトマト』(470号)、『ねぼすけスーザのセーター』(501号)、『ねぼすけスーザのオリーブつみ』(551号)、『ねぼすけスーザのはるまつり』(589号)がある。その他のおもな絵本に、『ちいさな魔女リトラ』(福音館書店)、『あめだからあえる』(「かがくのとも」351号)、『おさんぽおさんぽ』(「こどものとも0.1.2.」51号)、おもなさし絵の作品には、『魔女の宅急便その2』(福音館書店)などがある。また著書に『テンダーおばあさんと描く やさしい花のペン画』(日貿出版社)がある。

3月 10, 2006 1990年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1990(平成2)年度にあったこと

韓国の盧泰愚大統領、国賓として来日。宮中晩餐会で天皇は「不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり、再びくり返されてはならない」との昭和天皇の言葉を引用して、謝罪の意を表明した。(5月)
平成2年度予算案が参議院本会議で否決されたが、憲法の規定に従って衆議院の議決(可決)通り成立した。(6月)
スパイクタイヤ粉じん発生防止法が公布・施行される。1991年4月から使用禁止。(6月)
天皇の次男礼宮親王が川嶋紀子さんと結婚。秋篠宮家が誕生した。(6月)
神戸市の兵庫県立高校の校門で登校中の1年生女子生徒が遅刻指導していた同校教師が閉めた鉄製の門に頭をはさまれて死亡した。(7月)
イラク、クウェートに武力侵攻して全土を制圧。国連安全保障理事会はイラクの即時無条件撤退を要求する決議案を採択した。(8月)
ソ連のサハリンに住むコンスタンチンちゃん(3歳)が大やけどで札幌医大へ緊急搬送されて皮膚移植手術を受け、順調に回復した。(8月)
1949年以来分断されていた東西ドイツが統一を果たした。(10月)

病原性大腸菌O-157食中毒事件:埼玉県の浦和市の私立幼稚園で集団下痢が発生し、2人の園児が死亡、重症5人を含む20人が入院した。調査の結果、飲み水としていた井戸水の中から毒性の強い「O-157型」を含む病原性大腸菌が発見され、感染源と判明した。(11月)
鈴木亜久里、鈴鹿サーキットで行われたF1グランプリで日本人ドライバーとして初の3位入賞。(10月)
TBSの秋山豊寛記者がソ連のソユーズ宇宙船で日本人初の宇宙飛行。(12月)
福岡国際女子柔道48kg級で、中学3年の田村亮子が初出場で優勝。(12月)
米軍を主力とする多国籍軍がイラク軍の軍事拠点へ空爆を開始し、湾岸戦争勃発。(1月)
福井県の美浜原発で冷却水漏れ事故発生。この後、東京電力柏崎原発、東北電力女川原発でも事故が相次いだ。(2月)
多国籍軍がクウェート・イラク領内に侵攻して地上戦突入。イラクはすべての国連決議を受諾して停戦し、クウェートから撤退。湾岸戦争は43日で終結。(2月)

主なベストセラー:『愛される理由』二谷友里恵(朝日新聞社)、『「NO」と言える日本』盛田昭夫・石原慎太郎(光文社)、『うたかた』渡辺淳一(講談社)
テレビ:『世にも奇妙な物語』(フジテレビ)、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)、『東京ラブストーリー』(フジテレビ)など放送開始。
ヒット曲:『おどるポンポコリン』B.B.クィーンズ、『浪漫飛行』米米CLUB、『今すぐKiss Me』LINDBERG
この年に登場したもの:「ダイヤルQ2」(NTT)

3月 10, 2006 1990年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちいさいときは なんだった?

1990年4月号
030409

小風さち ぶん 織茂恭子 え

ひなこは窓の外をながめて、お母さんにいいました。ひなこ小さいとき、ヒヨコだったのよ。お母さんはそのとき、にわとりだったの。ネコがやってきたら、お母さんが背中におんぶして逃げたの。でもほんとはケムシだったのよ。葉っぱからぶら下がって背比べ。でもほんとのほんとは、イチゴのあかちゃんだった……。ひなこの想像はどんどんふくらみます。

こどものとも409号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

ぼくのふね

1990年5月号
030410

きたむらえり さく

ビーバーの“のく”は川の流れをせきとめて作ったダムで、家族と一緒に暮らしています。ある日お父さんが、堅い木をかじる練習のために、太い木の幹をくれました。のくはいろいろ考えたあげく、アライグマの友だち“むん”といっしょに川の上で遊べるように、舟を作ることにします。のくは弟や妹の面倒も見ずに、夢中になって木をかじりました。気がつくと弟たちの姿が見えません……。

こどものとも410号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たけし

1990年6月号
030411

中西恵子 さく

雨の日、お兄ちゃんは本を読んでいて、たけしと遊んでくれません。本を読んでといっても、レーシングカーで遊ぼうといっても、だめ。部屋の半分よりこっちにくるなというのです。とうとう布団もおもちゃも、それぞれの持ち物を全部分けて、半分に仕切った部屋の自分の方にもっていきました。夜も別々に寝ますが、やがて枕投げが始まって……。だれもが経験する兄弟げんかのお話です。

こどものとも411号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かぶともり

1990年7月号
030412

菊池日出夫 さく

きよしたちはみんなで虫をとりに、トンネルをぬけてかぶと森へいきました。そこには、いじめっこのかんちゃんたちが先にきていて、クワガタのとりあいでけんかになったりしますが、森の奥にはいっていくと、ついにカブトムシやクワガタをたくさんいる木を見つけました。カブトもクワガタもたくさんとって、夕方暗くなってから、いっしょに帰ってきます。“のらっこ”の絵本第5弾です。

こどものとも412号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

マリアとコンドル

1990号8月号
030413

ペルーの民話 稲村哲也 再話 ハイメ・ロサン 絵

マリアが草原でリャマの番をしていると、黒い服と白いマフラーの若者が現れて、いっしょに遊ぼうといいます。若者の背中につかまって目を閉じると、マリアはいつのまにか高い崖の上に運ばれていて、若者はコンドルになっていました。コンドルはマリアにお嫁さんになれといいます。悲しみにくれたマリアを、カエルが知恵を働かせ助けます。アンデスの民話をペルー人の画家が描きます。

こどものとも413号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょろりんととっけー

1990年9月号
030414

降矢なな さく

トカゲのちょろりんは夏休み、初めてひとりでおじさんの家にいくことになりました。地図とお弁当をもって森に入っていきますが、いつのまにか弟のとっけーがついてきていました。ふたりは足が痛くなってもがまんして、夕方に川のところまでたどりつきましたが、そこで地図を落としてしまい、おおあわて。ちょろりんはとっけーとはぐれてしまい、おまけにイタチに襲われます……。

こどものとも414号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は1999年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

でんしゃがまいります

1990年10月号
030415

秋山とも子 さく

朝6時、駅のホームの売店には新聞やパンなどが運び込まれています。7時過ぎには通勤・通学客でホームはいっぱいになり、女の人が靴を落として駅員さんに拾ってもらいました。終点の列車が到着すると、そうじの人たちが乗りこみ、ゴミや落とし物を片づけます……。東京の新宿駅をモデルに、プラットホームの1日のようすを、訪れる人、働く人とともに詳細に描きます。

こどものとも415号
19×26cm 28ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ことろのばんば

1990年11月号
030416

長谷川摂子 ぶん 川上越子 え

山に栗ひろいにいった兄妹は、夕暮れになってはぐれてしまいました。妹が兄さんを見つけたとき、白髪のばあさまが現れ、「コートロ、コトロ」とつぶやくと兄さんは小さくなって、ばあさまのもった壺に吸いこまれてしまいました。家に逃げ帰った妹は、兄さんを取りもどそうとおじいさんと相談します。おじいさんは山の神様に捧げる酒をもたせて、妹を送りだしました……。

こどものとも416号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

まがれば まがりみち

1990年12月号
030417

井上洋介 さく

ひぐれの町の曲がり道には、大きなガマや大きなヤモリが出たりする。ひぐれの町の曲がり道には、迷い電車や煙突男が出たりする。大きな毛虫、大きなモグラ、水まき小僧、一番星……。ブランコをこぐのは誰? たそがれ時の怖くてドキドキする曲がり道が、次々登場。『ふりむけばねこ』につづき,井上洋介の世界が展開します。

こどものとも417号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は1999年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボットのくにSOS

1991年1月号
030418

たむらしげる さく

ルネ君は、こわれたおもちゃのロボットを直してもらいに、フ−プ博士の家にいきました。すると、フープ博士を訪ねて本物のゼンマイロボットがやってきて、発電機の壊れたロボットの国を救ってほしいというのです。ゼンマイロボットに導かれ、ふたりは、地下600メートルにあるロボットの国にむかいます。イラストレーター、漫画家としても活躍するたむらしげるの「こどものとも」初登場。

こどものとも418号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は1996年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぼすけスーザのおかいもの

1991年2月号
030419

広野多珂子 作

いつもはねぼすけのスーザが、早起きして町に買物に出かけました。働いたお金で、マリアおばさんにすてきなものを買おうと思ったのです。町では、おいしそうなオレンジや、かわいいお人形や、きれいな首飾りが売られていますが、スーザが見つけたすてきなものは、赤い椅子でした。でもスーザのお金では、椅子は買えません。がっかりしたスーザは、こわれてすててある椅子を見つけました……。

こどものとも419号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は1997年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。
広野多珂子さんのインタビューはこちらからご覧ください。

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

つみくさにいったら

1991年3月号
030420

松竹いね子 さく 山崎 匠 え

おばあさんが土手の上でよもぎを摘んでいると、毛皮をきた男の人が「あけましておめでとうございます」といって通り過ぎていきました。家に帰りよもぎもちをいっぱい作りおえると、こんどは毛皮をきたおじいさんが迎えがきて、大きな家に案内されました。やがてご馳走やお酒も出て、酔いもまわり、みんな踊りだします。ふとまわりを見ると、それは春をむかえたクマたちの新年会でした。

こどものとも420号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

のでのでので

1990年4月号
040049

五味太郎 さく

とびあがった。とびあがったので、旗をサッとあげた。サッとあげたので、花火に火をつけた。火をつけたので、シュルシュルパッとなった……。次々起こる、関係ありそうななさそうな出来事の連鎖。最後は、びっくりしたので……。五味太郎が描くナンセンスなぐるぐる話の絵本です。

こどものとも年中向き49号
26×19cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

プッポコとペッポコ

1990年6月号
040051

岸田衿子 さく 片山 健 え

朝、お日さまが昇ると、「プッポコ ペー、ペッポコ プー」とラッパの音が聞こえ、裸ん坊のふたり組プッポコとペッポコが現れます。ふたりは、イヌのいぬおやネコのねーこ、サルのさーるーなどの動物たちから、鳥や虫まで連れて原っぱにいくと、ラッパに合わせてみんなで体操をはじめます。体操がすんだら山まで走っていっておいしい水を飲みました。躍動感とユーモアがあふれる絵本です。

こどものとも年中向き51号
19×26cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこのるすばん

1990年7月号
040052

三原佐知子 さく

奥さんは買い物に出かけるので、イヌとニワトリとネコに留守番を頼みました。でもネコは居眠りしてばかり。アリが背中に登っても、ニワトリが卵を産んで鳴いても、イヌが走ってきても、寝返りをうって寝てしまうだけ。でも、奥さんが帰ってきたのに気がつくと、玄関でお出迎え。「にゃあ」とないて、留守番のごほうびのえさをもらいます。孔版画による柔らかい色調の絵本です。

こどものとも年中向き52号
26×19cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

はちまんさまの なつまつり

1990年8月号
040053

八幡様の夏祭りの日、半纏を着て自分たちの町の山車のところにかけていくと、おじさんたちが引きまわしの準備をしています。笛の音が流れはじめると、万燈をもつ子、大団扇をもつ子、山車を引く子、みんないっしょに町内の引きまわしがはじまりました。おやつにかき氷を食べてひと休み。夜は各町の山車が大通りの四つ角でお囃子合戦をくりひろげます。祭りの昂揚感を余すところなく伝えます。

こどものとも年中向き53号
26×19cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

「こんにちは」って いえたらいいな

1990年9月号
040054

柳生まち子 さく

私は散歩に出かけました。途中には、いつも威張った目で私を見るネコがいるので、知らん顔して通りすぎようとしましたが、そのネコが「こんにちは」っていいました。びっくりして何もいえずに歩いていくと、カエルやカマキリやウサギに出会いますが、私は何もいえません。帰り道でまたネコに会ったとき、私は「こんにちは」ってやっといえました。引っ込み思案な女の子の心を優しく描きます。柳生まち子の初めての「こどものとも」です。

こどものとも年中向き54号
26×19cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まりになった おつきさん

1990年11月号
040056

野坂勇作 さく

静かな月夜の海に流れ星が落ちて波をおこすと、アシカ岩が、ワニ岩が、ゾウ岩もカバ岩も、みんな目を覚ましました。月をボールにしてまり遊びをはじめます。月はみんなの間でぽおーんぽんと投げられていましたが、やがて海のむこうに沈んでしまい、朝がやってきました。岩たちはまた眠りにつきます。「かがくのとも」の気象の絵本でおなじみの野坂勇作が幻想的な夜の海を描きます。

こどものとも年中向き56号
19×26cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくはだいくさん

1991年2月号
040059

マルシャークの詩より 内田莉莎子 文 清水義博 絵

男の子が戸棚作りに挑戦。斧で木を割り、カンナで板を削ります。でも削っているうち板がどんどん小さくなり、腰掛け作りに変更。でもこんどはトンカチで釘がぐにゃっ。腰掛けがだめなら、額縁にしようと思ったけれど、ノコギリが引っかかって動かない。そこで最後はナイフで削って木ぎれをたくさんつくり、サモワールで燃やしてお茶を沸かしました。木版画でユーモラスな内容を力強く描きます。

こどものとも年中向き59号
26×19cm 28ページ 当時の定価 280円(本体272円)

3月 10, 2006 1990年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)