2006/03/03

『まあちゃんのながいかみ』をかいた頃のこと たかどのほうこ

 幼年童話を何篇か『母の友』に載せてもらっていた頃、「こどものとも」の方から、ストーリーを依頼されました。絵本なんて初めてです。これまでとは違ったお話作りをしなくちゃならないのかもしれない。そう考えて、それまでぼんやり見ていた「こどものとも」をちょっと神妙に開いてみると、まあ何とこの本の横に長いこと! 私は単純にも、横にびゅーんと伸びてるか、ずらずら並んでるもの、または上から下にざあーっと垂れてるか、下から上に伸びてくものといった、とにかく長めの画面を想像し、それに即したお話を作るよりないんじゃないか、と思ってしまったわけでした。
 むろんこれはバカバカしい妄想で、そんなお話しか成立しないのであれば、「こどものとも」のすべては、ヘビだのろくろっ首だのの話で埋め尽くされてしまったことでしょう。
 けれど、この被害妄想の途中で、まあ自然な連想ではあるけれど、『ラプンツエル』のことを思い出したのです。(正確に言えば『ズールビジアの物語』*を真っ先に思い出したんですけど)長い長いお下げにつかまって王子様が塔を登っていく挿絵(思えば太田大八さんの絵でした)にぞくぞくしながら見入ったこと、そしてついでに、その頃夢に描いていた自分の姿のことなどを、続々と思い出したのです。長い三つ編みをなびかせて、さりげなく友達を誘いに行くシーンなどを……。そう、伸ばしたかったんだよなあ……。
 ——と、思いを転がしているうちに、『まあちゃんのながいかみ』の構想は、ほとんどできあがっていたのでした。どんなとっかかりからお話を考え始めても、結局自分の中にあるものに行き着いてしまうということなのでしょうね。良くも悪くも。

 さて、原稿を届ける段になって、ふと心配になりました。文章というにはあまりに短いこの字だけを見せられても、見た人はきっとチンプンカンプンに違いない。ここはもうお節介だろうが、「こういうことなの」と下手な絵で示すしかない。というわけで、豆絵本を作って行きました。「想像場面の華麗さを強調したいので現実場面は、ほらこうやってモノクロにするんです」なあんて言いながら。——そしてこれが、絵にまで手を染めるきっかけになってしまったのでした。(編集者の想像力を正しく見積もっていたなら、事態は変わっていたことでしょう。むむう)
 さて、絵を描き始めたとき、近くに小さな姪がいたのは幸運でした。スケッチしようと椅子にすわってもらうと、椅子の脚の横木にするっと爪先を絡ませてすましています。さすが子どもだとおかしくなりました。横木がなければまっすぐ下におろすしかないところが、あったおかげで子どもならではの表情が出たのです。大道具小道具が表現の手がかりになるんだと気づいたりしました。

 稚拙な絵だけれど殊勝な気持ちで丁寧に作ったこの本。今もまだたくさんの子が喜んでくれるらしいのです。うれしいことです。

*「ラング世界童話全集(6)」『ちゃいろの童話集』(川端康成・野上彰訳 太田大八絵 東京創元社1958年)所収

4-8340-1330-8mihiraki.jpg                                                          
『まあちゃんのながいかみ』より
                                                                                                                                                
たかどのほうこ(高楼方子)
1955年函館市生まれ。東京女子大学文理学部日本文学科卒業。絵本、童話、児童文学など、様々な子どもの本を書いている。幼い子どもに向けた主な作品に『まあちゃんのながいかみ』『まあちゃんのまほう』『みどりいろのたね』(以上、福音館書店)、『つんつくせんせいどうぶつえんにいく』(フレーベル館)、『へんてこもりにいこうよ』(偕成社)、『ターちゃんとルルちゃんのはなし』(アリス館)、『のはらクラブのこどもたち』(理論社)などがあり、短編の物語集に『ねこが見た話』(福音館書店)、長編の物語に『時計坂の家』『十一月の扉』(以上、リブリオ出版)などがある。札幌市在住。

3月 3, 2006 1989年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (1)

1989(平成1)年度にあったこと

消費税(税率3%)スタート。(4月)
毎日新聞記者の暴走族騒音注意殺人事件:神奈川県の片瀬江ノ島駅前で、オートバイの空ぶかしをしていた2人の男に注意した毎日新聞記者吉野正弘さんが、逆に殴る蹴るの暴行を受けて死亡した。犯人の少年2人は6月に逮捕されたが、この事件を機に、マスコミでの暴走族追放の世論が高まり、警察も取締りを強化した。(4月)
宇野宗佑内閣成立:リクルート事件の責任をとって竹下登首相が退陣を表明し、宇野宗佑が第75代首相に就任して組閣した。しかし宇野首相は女性問題により追及されたあげく7月の参議院選挙敗北の責任をとる形で8月に辞任して、わずか2カ月の短命内閣に終わった。(6月)
天安門事件:4月に死去した胡耀邦前総書記の追悼集会が、民主化を求めるデモとなって高まり、100万人レベルの反政府デモが連日天安門広場を中心に繰り広げられていたが、6月3日深夜から、中国人民解放軍が天安門広場に装甲車や戦車を乗り入れ、武力で制圧にかかった。(6月)
美空ひばりが死去。(享年52歳)(6月)
第15回参議院議員選挙:自民党は消費税導入、リクルート事件等の逆風で大敗、社会党は土井たか子新委員長のもとマドンナ作戦により大躍進し、与野党勢力が逆転した。(7月)

幼女連続誘拐殺人事件:東京都八王子市で6歳の少女に対する猥褻行為で宮崎勤が現行犯で逮捕された。捜査の結果、宮崎は前年8月に埼玉県狭山で、10月に同県飯能で、12月に同県川越で、1989年6月に東京都江東区で、それぞれ幼女を誘拐し殺害したことがわかった。海部俊樹内閣成立。(8月)
坂本弁護士一家失踪事件:横浜市の弁護士坂本堤さん一家3人が住んでいたアパートから突然姿を消した。神奈川県警は坂本さん一家がなんらかの事件に巻き込まれたものとして、公開捜査に踏み切ったが、1995年にオウム真理教による組織的犯罪と発覚するまで、未解決となった。(11月)
ベルリンの壁崩壊:東ドイツ政府が東ドイツ市民の旅行の自由化を発表したことにより、実質的に意味を持たなくなったベルリンの壁が、東西通行の自由に歓喜した東西ベルリン市民によって、ハンマー、建設機械などによって粉砕された。(11月)
長崎市長銃撃事件:長崎市役所玄関で、本島等市長が右翼団体の男に銃撃され重傷を負った。犯人は、市長が市議会で「天皇に戦争責任はあると思う」と発言したことに報復するつもりであった。(1月)
横綱千代の富士が史上初の通算1000勝を達成。(3月)

主なベストセラー:『TUGUMI』吉本ばなな(中央公論社)、『キッチン』吉本ばなな(福武書店)、『下天は夢か』津本陽(日本経済新聞社)
テレビ:『筑紫哲也のニュース23』(TBS)、鳥越俊太郎の『ザ・スクープ』(テレビ朝日)、『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)など放送開始。
新商品:「ゲームボーイ」「スーパーファミコン」(任天堂)、パスポートサイズのビデオカメラ「ハンディカム」(ソニー)、
ヒット曲:『Diamonds』『世界でいちばん熱い夏』プリンセス・プリンセス、『とんぼ』長渕剛、『太陽がいっぱい』光GENJI
この年に登場したもの:「大学入試センター試験」

3月 3, 2006 1989年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

とべ! ちいさいプロペラき

1989年4月号
030397

小風さち 作 山本忠敬 絵

新しい小さいプロペラ機は、初めて空へ飛びたつ日を待っていました。ある日格納庫に、外国から帰ったばかりの大きなジェット機が、ひと休みするために入ってきました。小さいプロペラ機は自分があんまり小さいので不安で心細く思っていましたが、大きなジェット機に励まされ、初めて大空に飛びたつ日を迎えます。ひとりだちする日の武者ぶるいするような気持を、感動的に描いています。

こどものとも397号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は2000年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たつくんとかめ

1989年5月号
030398

松野正子 さく 西巻茅子 え

たつくんはおばあちゃんの家へジャムを届けにいく途中、模様のある大きな石を見つけました。ネコのしろも子イヌのむくも何だかわかりませんでしたが、アヒルのガアコが「カメさん」と呼びかけると、小さな頭が、足が、しっぽが出てきました。カメさんは池をさがしにいく途中だったのです。みんなはカメさんをゆっくりゆっくり池へと案内しました。たつくんの絵本第3弾。

こどものとも398号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

からすじぞう

1989年6月号
030399

たじまゆきひこ 作

お地蔵さまにお祈りして立派な赤ちゃんに恵まれたよさくは、ある日、町からきた子どものためにカラスの子を巣からとってやりましたが、カラスの親が仕返しにやってきました。カラスはよさくの赤ちゃんを巣に連れ去ると、仲間を集めて村人たちにも襲いかかります。途方にくれたよさくは、カラスにあやまってくださいと、泣きながらお地蔵さまに祈りました。染織による美しい絵本。

こどものとも399号
26×19cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おとうさんといっしょに ─おばあちゃんのうちへ─

1989年7月号
030400

白石清春 さく いまきみち・西村繁男 え

あきくんは夏休み、体の不自由なお父さんとふたりで、おばあちゃんの家にいくことになりました。駅の階段の上り下りや電車の乗り降りは、まわりの人や駅員さんが手助けしてくれました。新幹線には車椅子で入れる広いトイレがありました。駅を降りるとあきくんは、お父さんの車椅子の膝に乗って、おばあちゃんの家に向かいます。こどものとも380号に続く、あきくんとお父さんの絵本です。

こどものとも400号
19×26cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

おっとせいおんど

1989年8月号
030401

神沢利子 文 あべ弘士 絵

♪なつがきたきた きたのしま♪ 夏、北の島で生まれたオットセイの赤ちゃんは、母さんのおっぱいをいっぱい飲んで育ち、仲間と遊び、泳ぎを覚えて、秋には海へ旅立ちます。イルカとジャンプし、シャチから逃げ、冬には大きく育っています。オットセイの生態を、おおらかで愉快な、しかも正確な絵であべ弘士が描き、神沢利子がテンポのいい音頭の調子で語ります。

こどものとも401号
19×26cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

のえんどうと 100にんのこどもたち

1989年9月号
030402

甲斐信枝 さく

ある丘に生えていた1本のノエンドウは、春、花を咲かせ小さな豆粒の子ども100人を生みました。子どもたちはお日さまの光を受けて、さやの中ですくすく育ち、春の終わりには固い茶色の服に着替えました。そして夏の暑い日、さやがはじけ、子どもたちは新しい世界にとびだします。ノエンドウとも呼ばれるカラスノエンドウの一生を、草花の絵本の第一人者甲斐信枝が物語にしました。

こどものとも402号
19×26cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おにとアンカンぼうず

1989年10月号
030403

沖縄民話 儀間比呂志 ぶん・え

ある山寺にいたずら者のアンシとりこう者のカンシという二人の小僧がいて、二人あわせてアンカン坊主と呼ばれていました。ある日、アンシのいたずらが過ぎて、二人とも箱に入れられ海に流されてしまいます。流れ着いたのは鬼の住む島でした。食べられまいとして仏様のふりをした二人は、岩屋の祭壇に安置されますが、アンシがお供えものをたべてしまったもので……。

こどものとも403号
26×19cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

きしゃにのったビニ

1989年11月号
030404

野間亜太子 作 石踊紘一 画

インドのプーリーという町に住む少年ビニは、お寺にお参りにいき、「汽車にのれますように」と祈りました。一年たって、カルカッタのおじさんから結婚式にきてくださいという手紙が届きました。願いがかない汽車に乗りますが、ある駅で停車中に水を汲もうと降りている間に、汽車が発車してしまいました。ビニはその駅で一晩を過ごします。インドを熟知する作者と画家による絵本。

こどものとも404号
26×19cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐおしょうがつ

1989年12月号
030405

西村繁男 さく

イヌの兄妹ひろくんとゆうちゃんは、冬休みにおじいさんとおばあさんの家にいきました。翌日からは家族みんなでお正月の用意。大掃除で古い障子紙を破って新しく貼りかえます。交代で餅をついて、鏡餅やあんこ餅を作ります。大晦日には市場へ買い物に出かけ、年越しそばを食べ、除夜の鐘がきこえてきたら初詣……。正月を迎える行事を、すべて登場人物を動物にして描いています。

こどものとも405号
26×19cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

コケーナと であったチャンゴ

1990年1月号
030406

アンデスの民話 やなぎやけいこ 再話 野口忠行 絵

ヤギ飼いの男の子チャンゴは、柔らかい草を求めヤギをつれてけわしい岩山を越え草原にやってきましたが、急に激しい雷雨に遭いました。ヤギをつれて岩かげに隠れますが、ヤギが1ぴきたりません。岩の上に黒い影を見つけ、嵐の中を走り寄るとそれはリャマの子でした。チャンゴがやさしく抱きあげようとすると、そのリャマは突然、動物の守り神コケーナに変わって……。

こどものとも406号
26×19cm 28ページ 当時の定価260円(本体252円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

そりあそび

1990年2月号
030407

さとうわきこ さく・え

雪が降る寒い日、ばばばあちゃんがストーブにあたって編み物をしていると、動物たちが寒い寒いといって、部屋に入ってきました。ばばばあちゃんはみんなであったまろうと、ベッドの上でトランポリンを始めますが、ベッドの脚が折れてしまいます。そこでこんどはベッドの脚を切ってスキーをつけ、そり遊び。ばばばあちゃんは真冬も元気に遊んで、その後はとっておきの場所でお昼寝……。

こどものとも407号
19×26cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

この絵本は1994年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

もりのてがみ

1990年3月号
030408

片山令子 作  片山 健 絵

寒い寒い冬、ひろこさんは森の友だちに手紙を書きました。緑色の目をしたリスに、「またいっしょにクルミを拾いましょう」と。しっぽを踏んでしまったトカゲに、「心配しています」と。小鳥たちに、「私にとまって歌ってくれない?」と。手紙は大きなモミの木の枝にさげました。それからモミの木にも手紙を書きました。暖かくなってきたある日、皆からの返事が届きます。

こどものとも408号
19×26cm 32ページ 当時の定価260円(本体252円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくは ぞうのはなきち

1989年4月号
040037

征矢清 ぶん 中谷千代子 え

アフリカの草原で生まれたゾウのはなきちは、お母さんに守られ、群れの中で仲間といっしょに遊びながら、大きくなっていきます。草原の火事の時もライオンに追われた時も、仲間に守られてすくすく育ち、やがてもっと強く大きなゾウになるため、群れをはなれて旅立ちます。中谷千代子さんが亡くなって7年後に、残されていた絵に文をつけて刊行された絵本です。

こどものとも年中向き37号
26×19cm 28ページ 当時の定価 230円

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラクタ どうぶつこうえん

1989年6月号
040039

古川タク さく

動物公園に車に乗ってやってきたのは、顔がオレンジ、トマト、ジャガイモ、ドングリの4人組。そこにいる動物たちは、ゾウは鼻が巻き貝、ライオンの顔は食器棚、ハイエナの口はレモン搾りの等々……。身のまわりの道具、家具、食器、野菜、食べ物などの写真を絵の中に貼りこんで、不思議なサファリ・パークの出現です。漫画、アニメでも活躍の古川タクが「こどものとも」初登場です。

こどものとも年中向き39号
19×26cm 28ページ 当時の定価 240円(本体233円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まあちゃんの ながいかみ

1989年9月号
040042

たかどのほうこ さく

おかっぱ頭のまあちゃんは、長い髪のはあちゃんとみいちゃんに、自分はこれから、もっとずっと長く髪を伸ばすんだと自慢します。吊り橋の上からおさげをたらして魚が釣れるくらい。おさげの投げ縄で牧場の牛をつかまえられるくらい。シャンプーしたら、雲まで届く大きなソフトクリームになるし、洗った髪は妹10人がとかしてくれる……。まあちゃんの空想は大きく広がります。

こどものとも年中向き42号
19×26cm 28ページ 当時の定価 240円(本体233円)

この絵本は1995年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。
たかどのほうこさんのエッセイはこちらからご覧いただけます。

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

チョイの ちいさな かご

1989年11月号
040044

あきやまじゅんこ さく

ネズミのチョイはお兄さんお姉さんといっしょに、山に木の実を集めに出かけました。でも末っ子のチョイの籠は小さくて、せっかく見つけたコケモモの実も少ししか入りません。そのうちチョイは、赤い実をつけた木を見つけ、たくさんの実をとりましたが、どうやって持って帰ろうかと考え、木の枝で大きな籠を編むことを思いつきました。家に帰るとその実でおいしいジャムを作ります。

こどものとも年中向き44号
26×19cm 28ページ 当時の定価 240円(本体233円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタさんからきたてがみ

1989年12月号
040045

たんのゆきこ さく 垂石眞子 え

クリスマスの前の日、ネズミの郵便屋さんは鞄に手紙を詰めこんで配達に出かけましたが、雪にすべって転んでしまいました。あわてて手紙を拾い集めましたが、最後の1通の宛名が雪でぬれてわからなくなっていました。困っていると、森の動物の仲間たちがいっしょに考えてくれて、とうとうわかりました。サンタさんからネズミさんへの手紙だったのです。その手紙には……。

こどものとも年中向き45号
19×26cm 28ページ 当時の定価 240円(本体233円)

この絵本は1997年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくのむらはね、ぶん

1990年3月号
040048

さいとゆふじ 作

ルーマニアの村に暮らす少年が、自分の家と村を紹介してくれます。冬、雪にすっぽりおおわれた村には、高い塔のある教会を中心に木の家が集まっています。家には、台所のついた広い部屋ときれいな織物で飾られた客間。家畜小屋には馬、牛、豚、鶏、そしてたくさんの羊。日曜日には民族衣装を着て踊り、いとこたちと夕ご飯……。ぶん!(ルーマニア語で“すてき”という意味です)

こどものとも年中向き48号
19×26cm 28ページ 当時の定価 240円(本体233円)

3月 3, 2006 1989年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)