2006/02/17

絵本の無限の可能性−−堀内誠一インタビュー

絵本という新大陸へ
 福音館で絵本を始めた時代というのは、これから発見して開拓するいろんな大陸がある時代だった。グラフィックデザインだとか都市計画だとか。その一つに、絵本っていう大陸があって、ぼくなんかはそこへ船出してゆくオンボロ帆船の少年水夫って感じでね。でも航海長に瀬田(貞二)さんがいたっていうわけで。
 明るいっていえば明るい時代でしたよね。実際、焼け跡っていうのは明るくてね。賢治の『雪わたり』のように、ふだんは道のないところも、どこでも歩いてゆける−−ファンタスティックな雰囲気が全体に漂っていた。遠くまで見えるしね。

今の絵本の状況
 子どもの本の多様な性格を考えると、あれもやんなくちゃ、これもやんなくちゃと、すべてやってたんじゃ一生かかってもたいへんだと思ってたけど、それぞれ分担をする人が出てきたから、ずいぶん肩の荷がおりたというか、楽になりましたね。
 例えば、生活もの、幼稚園ものとかは、こういうふうに表現しなくてはいけないと思っていたのを林明子さんがちゃんとやってくれたり、何年も地道な取材と観察を重ねる仕事をする人が出てきたり。

何を見せるか
 例えば民話やファンタジーにさし絵なんかいらない、ということもいえるけど、それに挑戦したいというところもあるんですね。手を動かしているうちに、現れてきたイメージに我ながら惹かれるってことがあるから。
 『ふくろにいれられたおとこのこ』で鬼がかついでいる袋が男の子の身体の形になっているシーンなんかも、いろんなやり方があるわけでしょ? 袋の中のまっ暗な画面に、ピトシャンがいる、というようなやり方もありますね。
 このピトシャン・ピトショの話は一人称で書かれてはいないけれど、絵でそれを示してもいいんです。ただうんと小さい子っていうのは、想像力は無限にあるくせして、自分の持っている体験の数っていうのは極度に少ないわけですね。だからもしかしたら、あのシーンを視覚的に無理してまで一人称表現しても伝わらないかもしれない……と、一つの話の中で、ぼくはほんとうに三つも四つも考えちゃうんですよ。だからいつもその一部しか使っていない、これが一番いいのかなっていう危惧がある。一つの話から無限の可能性があるわけですね。

子どもの官能性
 生きてる喜ばしさっていうのは、目とかの五感や言葉とかで触るっていうことでしょう? 女の人なんかが魅力的な服装をするっていうのは、目で触ってもらってるという喜びがあるわけだから。結局人間は、触る、触られるということを、いろんな現実に形を変えてやっている。赤ちゃんは、直接に外界と関わる場合、絵本もいらないぐらいの感応性をもってるわけですよ。だけど子どもは、将来そういうんじゃない世界っていうのに旅立たなければならない。だからいろんなイメージの発散しているものの味わい方、触るということと匹敵する味わい方、というのを持って旅へ出ていかないと、ということで絵本とかがあるんじゃないですかね。

(「こどものとも」1986年7,8,9月号折込付録掲載の長谷川摂子によるインタビューより抜粋)

堀内誠一(ほりうち せいいち)
1932年、図案家を父に東京都向島に生まれる。14歳で伊勢丹の宣伝部に入社。1958年、はじめての絵本『くろうまブランキー』(福音館書店)が刊行される。以後多くの絵本を描いた。また「アンアン」や「ブルータス」など、雑誌のアートディレクターも務めた。「ポパイ」「クロワッサン」(以上マガジンハウス)「エッセ」(扶桑社)のロゴも堀内氏の手によるものである。1960年、及び1973年〜81年までパリに滞在。1987年逝去。

 「こどものとも」として発表され、現在も「こどものとも傑作集」として刊行中の絵本に『くるまはいくつ』『くろうまブランキー』『ぐるんぱのようちえん』『こすずめのぼうけん』『たろうのおでかけ』『たろうのともだち』『たろうのひっこし』『パンのかけらとちいさなあくま』『てんのくぎをうちにいったはりっこ』があります。
 さし絵の仕事には多数ありますが、意外に知られていないのは、『しずくのぼうけん』(テルリコフスカ作 ブテンコ絵 内田莉莎子訳 福音館書店)の書き文字が堀内誠一さんによるものだということです。
 絵本についての著作には、『絵本の世界 110人のイラストレーター1・2』(福音館書店)、『ぼくの絵本美術館』(マガジンハウス)などがあります。

2月 17, 2006 1987年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1987(昭和62)年度にあったこと

国鉄が分割・民営化され、新たに北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州の6旅客鉄道会社や日本貨物鉄道会社などJR11法人と国鉄清算事業団が発足した。(4月)
朝日新聞社阪神支局襲撃事件:西宮市の朝日新聞阪神支局に男が侵入して、散弾銃を発射。記者1名が殺害され、もう1名も重傷を負った。「赤報隊」を名乗る者から犯行声明があったが、犯人はいまだに特定されていない。(5月)
小錦が外国人力士として初めて大関に昇進。(5月)
東京都東村山市の特別養護老人ホーム「松寿園」火災があり、寝たきりの老人17人が逃げ遅れて焼死し、24人が重軽傷を負った。(6月)
広島の衣笠祥雄選手がルー・ゲーリックの記録を抜いて2131試合連続出場の世界記録を達成。(6月)
石原裕次郎が肝臓ガンで死去。享年52歳。(7月)

利根川進、免疫の研究で日本人初のノーベル医学生理学賞受賞決定。(10月)
ニューヨーク株式市場で史上最悪の株価大暴落。(22%下落、ブラック・マンデーと呼ばれる)(10月)
竹下登(自民党)が第74代 内閣総理大臣となる。(11月)
岡本綾子が全米女子プロゴルフで初の外国人の賞金女王となる。(11月)
大韓航空機爆破事件:乗員・乗客115人を乗せたバグダッド発ソウル行きの大韓航空機が、ビルマ(ミャンマー)上空で空中爆発した。バグダッドから同機に搭乗してアブダビで降りた男女2人が、入管当局に身柄を拘束された直後に服毒自殺を図っていた。取調べの結果、北朝鮮の工作員であるこの2人の犯行であることがわかった。(11月)
第15回冬季オリンピック・カルガリー大会がカナダで開催。日本はスピードスケート男子の黒岩彰が500mで銅メダル、女子、橋本聖子が500mから5000mまでの出場全5種目に入賞。(2月)

主なベストセラー:『サラダ記念日』俵万智(河出書房新社)、『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』キングスレイ・ウォード(新潮社)、『塀の中の懲りない面々』安部譲二(文藝春秋)
テレビ:『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ)、『関口宏のサンデーモーニング』(TBS)など放送開始。
新商品:コンパクト洗剤「アタック」(花王)、食物繊維入り健康飲料「ファイブミニ」(大塚製薬)
ヒット曲:『命くれない』瀬川瑛子、『TANGO NOIR』中森明菜、『雪国』吉幾三
この年に登場したもの:エアバッグ付きの国産車(本田技研)、木造3階建て住宅(ミサワホーム他)、「ハイウェーカード」(道路公団)

2月 17, 2006 1987年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐりとぐらとくるりくら

1987年4月号
030373

なかがわりえこ と やまわきゆりこ

お天気のいい春の朝、サラダとサンドイッチをどっさり作って、原っぱに出かけた野ネズミのぐりとぐらは、手長ウサギのくるりくらと友だちになりました。一緒に朝ご飯を食べたら、くるりくらの肩に乗って一緒に木に登ります。くるりくらが空の雲を集めてボートを作ったので、みんなで乗って空を一回りすると、丘の上のくるりくらの家にやってきました……。ぐりとぐらの絵本5作目です。

こどものとも373号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1992年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (2)

たつくんのおみせばん

1987年5月号
030374

松野正子 さく 西巻茅子 え

たつくんはお母さんの作ったドーナツをもっておばあちゃんの家にいく途中、公園の前で風船屋のおじさんに店番を頼まれました。そこにネコのシロや子イヌのムク、アヒルのガアコが次々やってきては、風船をほしがります。お店番だからあげられないというと、こんどは松かさやビー玉や羽をもって風船を買いにきました。「年中向き」の1986年7月号に続く「たつくん」の絵本2冊目です。

こどものとも374号
19×26cm 28ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

なーちゃんとおおかみ

1987年6月号
030375

多田ひろみ さく 柳生弦一郎 え

ひとりでお風呂に入ったなーちゃんは、石鹸で体じゅうあわだらけ。そこへオオカミがお母さんのふりをして窓から入ってきて、なーちゃんを捕まえようとしますが、何度やってもつるつる滑って捕まえられません。そこでオオカミはなーちゃんにお湯をかけますが、遊んでいるつもりのなーちゃんもオオカミにむかってお湯をぱしゃっとかけたので……。元気いっぱいの女の子のお話。

こどものとも375号
19×26cm 28ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいもの つくろう

1987年7月号
030376

岸田衿子 さく 白根美代子 え

小川のそばに住むアライグマの家の朝ご飯は「ぱっくりドッグ」、ウサギの家の朝ご飯は「オムレツ・フラメンコ」。お昼はいっしょにひなたやまに遠足にいって食べることにしました。お弁当は「おむすびごろりん」と「たからじまサラダ」。おやつの「かじゅえんゼリー」、晩ご飯の「たのしみどうふ」……。その名も楽しい料理のレシピがそれぞれ短い詩になって、お話を進めていきます。

こどものとも376号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たろうとはなこ

1987年8月号
030377

大道あや さく・え

幼稚園からの帰り、くみこについて家まできたイヌのたろう。ある日、庭にやってきたネコのはなこ。くみこの家に住みついてたろうとはなこは、最初仲がよくありませんでしたが、ある夕方、はなこを脅えさせたタヌキを、たろうが追い払ってからは、いつもいっしょの仲良しになりました。でも、くみこの家が新しい家に引っ越すことになると……。大道あやの4作目の「こどものとも」です。

こどものとも377号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まじんのむすめ ナダレータ

1987年9月号
030378

スペインの民話 朝比奈 誼 再話 朝比奈文雄 画

きこりの若者ペドロは森の奥深くに迷い込みましたが、明かりが見えたのでいってみると、そこは魔神の住む洞穴でした。魔神の末娘ナダレータはペドロを一目見て好きになり、家に招き入れました。ペドロはご馳走を好きなだけ食べさせてもらえましたが、食べ終わると、魔神から裏山の木を一本残らず切り倒して薪のたばにしろと、命じられます。途方にくれたペドロに、ナダレータは……。

こどものとも378号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

のらっこ

1987年10月号
030379

菊池日出夫 さく

山に囲まれたひでちゃんたちの村では、稲刈りの前に、田んぼで飼っているコイをとるのが、子どもたちの楽しみです。コイとりが終わり、稲穂が実る頃にはイナゴとり。やがて学校も稲刈り休みに入ると、野球をしに集まった子どもたちも、そろって稲刈りを手伝います。稲刈りのあとの田んぼではツブ(タニシ)拾い。農村に暮らす“のらっこ”たちの秋は大忙しです。『さんねんごい』の秋編。

こどものとも379号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おとうさんといっしょに

1987年11月号
030380

白石清春 さく いまきみち・西村繁男 え

今日はお母さんが朝早く出かけたので、かわりに体の不自由なお父さんが、布団から出たあきくんに、ゆうらりゆれる手でボタンをかけてくれました。朝ご飯を食べたら、電動車椅子でお父さんの膝に乗って保育園に出発です。犬に吠えられたり、線路の下の地下道をくぐったり、車椅子で町をいくのはゆっくりですが、無事保育園に到着します。作者自身の父親としての体験に基づいたお話です。

こどものとも380号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ながれぼしを ひろいに

1987年12月号
030381

筒井頼子 さく 片山 健 え

クリスマス・イブの夜、みふでがサンタさんを待ちながら、窓から外を眺めていると、山に大きな赤い流れ星が落ちていくのが見えました。みふでは、その星をサンタさんへのプレゼントにしようと思って、雪の積もった道を出かけました。途中で白い子ネコをひろい、雪だるまや風や枯れ草と話しながら進んでいくと、行く手に大きなカラスが立ちふさがっています……。

こどものとも381号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1999年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくのたからものどこですか

1988年1月号
030382

角野栄子 さく 垂石眞子 え

ノブくんは幼稚園から帰ってくると、留守番を頼まれました。ノブくんがふくれていると、お母さんはいいものを隠しておくから、宝さがしして待っていてといいます。しっぽがついているという、その宝物を探して、押し入れの布団の間、本棚の本の間、タンスの引き出しなどから、はみだしているものを引っ張ると、ネズミやペンギン、ウサギ、ブタなどが次々と現れますが……。

こどものとも382号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

すすめ! じょせつきかんしゃ

1988年2月号
030383

峰村勝子 さく・え

ここは冬の山の駅。夕方から降りはじめた雪がどんどん積もっていくので、ラッセル車が出動することになりました。ラッセル車は線路の上の雪をいきおいよくかきあげながら、山の向こうの駅との間を往復します。そのうち、線路の脇に雪が高く積みあげられると、こんどはロータリー車が出動し、雪を線路から遠くにはねとばしていきます。夜を徹して働く除雪車の活躍を写実的に描きます。

こどものとも383号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

天のかみさま金んつなください

1988年3月号
030384

津谷タズ子 再話 梶山俊夫 画

山の奥に3人の兄弟が母さんと暮らしていました。ある日、母さんの留守に、山姥がやってきて戸を開けさせようとしますが、子どもたちは、しわがれ声や黒い手で山姥と見破って、戸を開けません。ところが山姥は桑の実を食べて声を変え、山芋で手を白くして、子どもたちをだまし家に入ってきます。子どもたちが木に登って逃げると、天の神様は金(かね)の綱を天から降ろしてくれました。

こどものとも384号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いかだは ぴしゃぴしゃ

1987年4月号
040013

岸田衿子 さく 堀内誠一 え

クマくんはお弁当をもって海にいこうと、いかだを作っていました。そこへリスがやってきて、一緒に乗せてといいました。2匹はいかだができあがると、一緒に乗って川を下っていきました。すると、森の動物や虫たちが次々やってきたので、みんなでいかだに乗って、海に向かいました。お腹がすいても我慢して、ようやく海に到着。浜辺でお弁当を食べました。みんなのお弁当は何かな? 

こどものとも年中向き13号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

この絵本が堀内誠一さんの最後の「こどものとも」になりました。
堀内誠一さんのインタビューはこちらからご覧ください。

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

こぐまとりすのさんぽ

1987年6月号
040015

ひらやまえいぞう さく

山奥の年取ったブナの木に住む子グマとリスが、散歩に出かけました。ネマガリタケの筍やキイチゴの実をとって食べたり、谷川でサワガニをつかまえようとして手を挟まれたり、木に登ってひと休みしたり、……2匹はいいものをたくさん見つけながら、山の中をひとまわり、母さんグマの待つブナの木の家に帰ってきます。初夏の山の自然が柔らかいタッチで描かれます。

こどものとも年中向き15号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

なつのそら

1987年7月号
040016

ピーター・スピア さく

丘に登って草原に寝ころび、空を見あげていると、雲がいろいろな形になって、語りかけてきます。キリンやゾウやラクダやカンガルーなど、動物の群れになって行進していったり、火を噴く竜と闘う騎士になったり、水辺で遊ぶ昔の名画の登場人物になったり……。たくさんの気球が飛びたつと、雲の鯨や大魚が飲みこもうとします。夏雲の姿に想像の翼をいっぱいに広げる、字のない絵本です。

こどものとも年中向き16号
26×19cm 28ページ 当時の定価230円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

てがみを だしに

1987年10月号
040019

荒川 薫 さく 松生 歩 え

こんどの日曜日は誕生日です。ともこは、ケーキの絵を描いて、「誕生日にきてね」とおばあちゃんに手紙を書きました。お母さんが書いてくれた封筒に入れて、ともこはひとりで手紙を出しにいきました。途中で子イヌや公園のハトにとられないようにしっかり手にもって、ともこは手紙をポストに入れました。それからイチョウの葉っぱをたくさん拾うと、葉っぱの手紙を子イヌやハトに……。

こどものとも年中向き19号
26×19cm 28ページ 当時の定価230円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いらっしゃーい まいどありー

1987年11月号
040020

秋山とも子 さく

町の中で働いている人たち。豆腐屋、竿竹屋、焼き芋屋、郵便屋、クリーニング屋、畳屋……。駅前の広場では、ラーメン屋、甘栗屋、おでん屋、靴直し屋、宝くじ屋……。縁日にはたくさんの屋台が……。荷物を配達する人、工事をする人、ゴミを集める人、町で働くたくさんの人たちを、呼び声や交わされる会話とともに紹介します。

こどものとも年中向き20号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねずみのおよめさん

1988年1月号
040022

日本の昔話 小野かおる 再話・画

昔、ネズミの夫婦が一人娘のために、世界一えらいかたにお婿さんになってもらおうと考えて、お婿さんさがしを始めました。まず、世界中を照らすお日さまが一番偉いと思って、お日さまにお婿さんになってくださいと頼みにいきましたが、お日さまは自分を隠してしまう雲の方がえらいといいます。雲は風の方がえらいといい、風は壁の方がえらいといい、壁は……。果たして一番えらいのは?

こどものとも年中向き22号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

2月 17, 2006 1987年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)