2006/02/03

<作家インタビュー>『めっきらもっきら どおんどん』が生まれた日  降矢奈々

 美大に入ろうと受験して、2回失敗して、落ちこんでいる頃だったんです。どうしたらいいかわからなくて、先に進めないで鬱々としていた時に、「ある程度作品を作って持ってくるつもりがあるのなら、こどものともの編集者を紹介するよ」といってくれる人がいまして、それがきっかけで、作品を描いて売り込むことを始めたんです。
 絵と、ちょっとお話を作って絵本のようにして編集の方に見ていただきました。アドバイスをいただいて描きなおしたりしたんですけど、それでもなかなか仕事はこなくて、1年たった夏に、「おもしろいテキストがあるんですが」と、この『めっきらもっきら どおんどん』のお話をいただいたんです。そうしたら、それはとびつきますよね。すごくやりたくて待ってたんだから。それが長谷川摂子さんの文章だったんです。

 文章の雰囲気などから「日本のお話だ」と感じて、出てくるのも日本のおばけにしようと、図書館にいっておばけの絵や日本画をいろいろ見ました。風神雷神とか獅子の絵とか。それで獅子の髪を見て、“しっかかもっかか”の髪はこういうふうにやろうとか、“もんもんびゃっこ”の服は浮世絵の中の船頭さんが着ていたのを参考にさせてもらったりしました。
 そうしてラフスケッチとおばけのイメージを作って、初めて長谷川さんにお会いしたんです。その時、印象的なことがありました。“もんもんびゃっこ”は、最初、“ぎっことんこ”という名前で、「手足が長くてなわとびをする」と書いてあった。私は狐が好きなものですから、狐のお面をして頬被りをしたおばけを描いていったんです。そうしたら編集者にも長谷川さんにも、「お面を被っていると、子どもは、どんな顔をしているんだろう? と想像して怖くなっちゃう。答えが本で最後まで出なくて、不安になる。思い切ってお面じゃなくて狐のおばけにしたら」といわれました。
 それで狐のおばけを描いたら、長谷川さんが「狐、おもしろいわ。これだったら、おばけの名前、変えましょう」と、“ぎっことんこ”を“もんもんびゃっこ”にしてくれたんです。まさか、作家さんがそんなふうに新人の画家の絵を見て自分の文章を変えるなんて思わなかった。絵本は一緒に作っていく、新人だろうが何だろうが関係ない、それで作品がおもしろくなるんだったら、自分の文章も変えてしまう。長谷川さんのそういう姿勢と、そうやって絵本を作っていくという初めての体験に、感動しましたね。

 この絵本で苦労したのは、主人公の男の子を描くことです。今は自分に娘がいるようになって、子どもを描くことに対する緊張感とか怖れがずいぶんやわらいだんですけど、やっぱりこの時は、子どもを描くことのリアリティーがなくて。子どもを描くことの怖れが、この『めっきらもっきら どおんどん』の本の中にはあるんです。それはこの後も結構ずーっと続くんですけど(笑)。
 漫画のようなパターン化した子どもを描くことはできると思うんですよ、ある意味で記号になってるから。そうじゃない、子どものやわらかさとか表情とかしぐさとか、動きによる体の表情を描くというのは本当に難しいと思います。あんまりしっかり表情を描きすぎても、気持ち悪くなるし。幸いなことに、私には今、子どもがいて、そうすると否が応でも毎日毎日子どもと顔を合わせなくちゃならない。さわる時間も他人とは比べものにならないくらい増えてくる。その時間のおかげで、子どもを描いていて「あらっ」て、ずいぶん息をぬいて描ける感じになった。今でももちろん、自由自在にはならないですけど、ありがたいなと思います。
 (「こどものとも年中向き」2003年1月号折込付録より一部省略して再録)

降矢奈々(ふりや なな)
1961年、東京生まれ。スロヴァキア共和国ブラチスラヴァ美術大学にて石版画を学ぶ。月刊「母の友」表紙(福音館書店発行1998年度分12枚連作/P・ウフナール氏と共作)にて、1999年ベオグラード・イラストビエンナーレ「黄金のペン賞」受賞。絵本の絵の仕事に、『めっきらもっきら どおんどん』『きょだいな きょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』『あいうえおうた』『まゆとおに』(以上、福音館書店)、「おれたち、ともだち!」シリーズ(偕成社)など。自作の絵本に、『ちょろりんのすてきなセーター』、童話のさし絵に『やまんば山のモッコたち』(以上、福音館書店)などがある。スロヴァキア共和国ペジノック市在住。

2月 3, 2006 1985年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1985(昭和60)年度にあったこと

臨時行政審議会答申による改革の第一弾として、日本電信電話公社(電電公社)が日本電信電話株式会社(NTT)に、日本専売公社が日本たばこ産業株式会社(JT)に、それぞれ民営化されて新たにスタートした。(4月)
男女雇用機会均等法が公布された。(6月)
豊田商事事件:純金のペーパー商法でマスコミに追及されていた豊田商事の永野会長がインタビューを求めるマスコミ関係者の目前で刺殺された。(6月)
労働者派遣業法が公布された。(7月)
長野県長野市の地附山で大規模な地滑りが発生し、山麓の団地55戸と特別養護老人ホームが土砂に押しつぶされ、老人ホームの老人26人が死亡した。(7月)
日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故:羽田発大阪行きの日本航空DC747型旅客機が、相模湾上空で操縦不能となり、群馬県の御巣鷹山山頂に墜落した。乗員・乗客あわせて524人のうち4人が奇跡的に助かったが、のこる520人は死亡した。(8月)

有毒ワイン事件:マンズワイン社製国産ワインに不凍液の原材料などに用いられるジエチレン・グリコールが混入していることが判明した。ジエチレン・グリコールは有毒だが、ワインに混ぜると安物ワインが高級ワイン風の味になることから、密かに混入され、西ドイツやオーストラリアで問題となっていた。(8月)
阪神タイガースが21年ぶりにセ・リーグ優勝(10月)。日本シリーズでも西武を下し初の日本一になった。(11月)
阪神のバースとロッテの落合博満が三冠王となった。(11月)
中野区立中学いじめ苦自殺事件:東京都中野区立中学の2年の男子生徒が、首吊り自殺をした。遺書からいじめを苦にした自殺であったことがわかった。捜査の結果、「葬式ごっこ」のいやがらせや殴る蹴るなどの暴行を受けていたことが明らかとなり、このことをもみ消そうとした学校などの実態も明らかとなった。(2月)

主なベストセラー:『スーパーマリオブラザーズ完全攻略本』ファミリーコンピュータマガジン編集部(徳間書店)、『アイアコッカ』リー・アイアコッカ(ダイヤモンド社)、『科学万博つくば'85公式ガイドブック』国際科学技術博覧会協会編(講談社)
テレビ:『スケバン刑事』(フジテレビ)、『夕やけニャンニャン』(フジテレビ)、『天才たけしの元気がでるテレビ!!』(NTV)、『ニュースステーション』(テレビ朝日)など放送開始。
新商品:「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)、「いちご大福」(大角玉屋)
ヒット曲:『ジュリアに傷心』チェッカーズ、『ミ・アモーレ』中森明菜、『恋におちて』小林明子
この年に登場したもの:ワープロ技能検定試験、シートベルト着用義務づけ(改正道路交通法)、「フリーダイヤル」(NTT)

福音館書店では:新しい小学生のための月刊誌「たくさんのふしぎ」創刊。(4月)

2月 3, 2006 1985年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

がちょうのたまごのぼうけん

1985年4月号
030349

エバ・ザレンビーナ  作 内田莉莎子 訳 太田大八 画

1羽のガチョウが卵を産みました。卵は生まれて3日目に旅に出かけました。途中で出会ったザリガニ、ニワトリ、アヒル、ネコ、イヌを引きつれて、どんどんどんどん歩いていくと、森の中に小さな一軒家がありました。みんなはつかれたので、そこで一晩泊まることにしました。その夜ぐっすり寝こんでいると、5人の泥棒がやってきて……。ポーランドの代表的な児童作家のお話です。

こどものとも349号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

はるまつり

1985年5月号
030350

菊池日出夫 さく・え

今日は町の春祭り。そういちがお姉ちゃんと出かけていくと、ひでちゃんたちも祭りにきていました。太鼓や笛の音が鳴り響くなかで、みんないっしょに屋台の綱を力いっぱい引いていると、からだじゅうがお祭りの気分。こんどは出店を見て楽しんでいるうちに、そういちはお姉ちゃんとはぐれてしまいました……。『さんねんごい』に続く、作者の子ども時代の体験をもとにした絵本です。

こどものとも350号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おかえし

1985年6月号
030351

村山桂子 さく 織茂恭子 え

タヌキの家の隣に引っ越してきたキツネの奥さんは、引越のあいさつにかごいっぱいの苺をもってタヌキの家にいきました。タヌキの奥さんは喜んでいちごを受けとると、おかえしに筍をキツネの家にもっていきました。そこでキツネの奥さんはおかえしのおかえしに花と花びんをもって……。よろこんでもらえてよかったわ、と次から次へとおかえしの連続で、とうとう家の中のものは……。

こどものとも351号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1989年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインのちいさなむら

1985年7月号
030352

浅野庸子 作 浅野輝雄 画

スペインの小さな村に引っ越してきた翌朝、ぼくは隣の家の少年ホセがヤギの乳を搾っているのを見ているうち、ホセの仕事についていくことになりました。ヤギの乳をタンクにつめてロバにのせ、パンやサクランボと交換しにいきます。それから毎日ホセを手伝ううちに、初めは恐かったヤギやロバの世話も平気になりました。スペインの村に一家で暮らしていた画家が農村の生活を描きます。

こどものとも352号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

めっきらもっきら どおんどん

1985年8月号
030353

長谷川摂子 作 ふりやなな 絵

かんたは遊び仲間をさがして神社にきましたが、だれもいません。つまらないので、めちゃくちゃの歌を歌っていると、どこからか「こっちゃこい」と奇妙な声が聞こえてきました。大きな木の根元の穴をのぞきこむと、ひゅうっと穴の奥に吸い込まれてしまいます。着いたところにはおかしなばけもの3人組がいて、いっしょに遊ぼうととびついてきます……。愉快なファンタジー絵本。

こどものとも353号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1990年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

はたけうた

1985年9月号
030354

田島征三 作

ヨイショ たがやす はたけの つちは ほって ホカホカ くろい つち……。ダイコン、ニンジン、キャベツ、レタス、エンドウマメ……。春、夏、秋、冬、畑の作物を読み込んだ調子のよい畑歌がつづきます。大地と太陽の恵みをいっぱいに受けて実る野菜や穀物の姿を、大胆に図案化し力強いタッチで描いた絵本です。

こどものとも354号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

やぎのはかせの だいはつめい

1985年10月号
030355

槇 ひろし さく・え

ヤギの博士が5年8ヵ月と1週間かけて完成した発明とは? 動物村の村人が見守る中で、長さが616歩もある巨大な機械が、山奥からリフト・ロボットの運んできた巨木をのみこんでいきます。機械の途中の最初の穴からは葉っぱが、次の穴からは丸太が、次は板、繊維に積木、次々いろんな物が出てきますが、博士のいちばん欲しかったのは、最後の小さな穴から出てきた……。

こどものとも355号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

てんのくぎをうちにいった はりっこ

1985年11月号
030356

かんざわとしこ さく ほりうちせいいち え

クマのばあちゃんに育てられたみなしごのハリネズミは、昔、クマのひいひいじいさまが空の丸天井をささえる釘を打った話を聞いて、自分もいつか天にのぼってみたいと思っていました。ある日天の釘がゆるんで、天も地も砕けそうになり、森の仲間たちは、だれが釘を打ちにいくのか相談しましたが、ハリネズミは自ら名のりでて、ハンマーを持って旅だったのです。壮大なファンタジー。

こどものとも356号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は2003年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ごんべえのぼうけん

1985年12月号
030357

谷川俊太郎 作 イシカワ・イサム 画

林の奥にテレビが一つ、中から少女が手招きしてた。通りかかったごんべえは、テレビの中へ吸いこまれ、いきつく先は不思議な町。同じ顔した人たちに、捕っつかまって牢屋の中へ……と思いきやそこは見渡すかぎりの砂漠の中。のどはからから、ばったり倒れた鼻先のサボテンの花をもぎとると、とたんに花は少女に変身……。物語詩の形式でテレビの中の冒険が語られる幻想的な絵本です。

こどものとも357号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

きつねの よめとり

1986年1月号
030358

大友康夫 さく・え

母親と器量よしの娘が暮らしていました。ある冬の晩、ニワトリをねらうキツネを追い払いに娘が鶏小屋にいくと、年寄りギツネが、きれいな着物をやるから家にこいと誘います。娘は最初ははねつけますが、毎日やってくる年寄りギツネの誘いに、3日目にはついていってしまいます。すると娘は花嫁衣裳を着せられ、無理矢理キツネの嫁にされそうになりますが……。

こどものとも358号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もどってきた ガバタばん

1986年2月号
030359

エチオピアのお話 渡辺茂男 やく ギルマ・ベラチョウ え

男の子は、お父さんに作ってもらったガバタ盤(将棋盤)を、牛を追うときにも大事にもっていきました。ところがある日、火を熾すために木をほしがっていた人たちに、ガバタ盤を燃やされてしまいました。男たちがかわりにくれたナイフを、こんどは水をさがして地面を掘っていた人に貸すと、ナイフは折れてしまい、かわりに槍を……。こうして次々交換していくうちに、最後には再び……。

こどものとも359号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ムースの大だいこ

1986年3月号
030360

カナダ・インディアンのおはなし 秋野和子 再話 秋野亥左牟 画

いつもよりうんと寒い冬のこと、吹雪が続き獲物がとれなくなって、食糧の蓄えも少なくなってきました。首長たちが集まって話し合い、不思議な力をもっているメディシンマンに相談することになりました。話を聞いたメディシンマンは、だまって宙をみつめていましたが、やがてムースの皮の大太鼓をたたきはじめました。3日間たたき続けた明け方のこと、太鼓の面にあらわれてきたのは……。

こどものとも360号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしかった おいしかった

1985年4月号
041024

岡本良雄 さく 長 新太 え

クマは、病気のキツネのおみまいに、かごいっぱいのブドウをもって出かけていきましたが、途中で会ったサルが、腹ぺこでブドウがほしいというので、半分わけてあげました。サルはよろこんで食べようとしましたが、キツネが病気だ聞いたのを思い出し、ブドウをもってキツネの家へ近道していくことにしました。サルは途中でお腹をすかせたウサギに半分わけてあげますが……。

普及版こどものとも1985年4月号
26×19cm 28ページ 当時の定価230円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

きかんしゃ ホブ・ノブ

1985年8月号
041025

ルース・エインズワース 作 上條由美子 訳 安徳 瑛 画

機関車のホブ・ノブは、6台の貨車を引いて走っていきました。途中で出会った子ヒツジが、遊園地まで乗せていってというので、1番目の貨車に乗せてあげました。次にイヌが2番目の貨車、それからネコが、アヒルが、次々に貨車に乗りこんで、遊園地を目指します。トンネルの中で怖がる動物たちを、ホブ・ノブは汽笛と火の粉で安心させます。遊園地では心ゆくまで遊んで……。

普及版こどものとも1985年8月号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

100ぴきのひつじ

1985年10月号
041026

小野寺悦子 さく 樋泉雪子 え

さっちゃんは眠れないので、ヒツジを100まで数えました。するといつのまにかベッドのまわりには100ぴきのヒツジが、おしあいへしあいして、毛を刈ってほしいと寄ってきます。100ぴきの毛を刈りおわると、こんどは毛をつむいで糸にしてセーターを編んでと、次々の要求にてんてこまい。ようやく全部のセーターを染めおえてヒツジに着せると、ヒツジは1ぴきずつおやすみのキスを……。

普及版こどものとも1985年10月号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ふしぎなナイフ

1985年11月号
041027

中村牧江・林 健造 さく 福田隆義 え

洋食に使うふつうのナイフが1本。このナイフはふしぎなことに、曲がる。捻れる。折れる。割れる。溶ける。切れる。ほどける。ちぎれる。散らばる。こんどは、伸びて、縮んで、膨らんで……最後に破裂! ページをめくるごとに、現実にはありえないはずのナイフの変形した姿が、スーパーリアリズムで描かれ、不思議な絵本の世界が展開します。

普及版こどものとも1985年11月号
19×26cm 28ページ 当時の定価230円

この絵本は1997年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

みんなでつくった クリスマス・ツリー

1985年12月号
041028

キャロライン・ベイリー 作 うえさわ けんじ 訳 こうもとさちこ 絵

ある日、食べ物を探しに出かけたウサギは、わなにかかって足にけがをしてしまいました。クリスマスまぢかなのにウサギのところにだけクリスマス・ツリーがないのに気づいたカラスは、ウサギがけがをしたことを知って、森の動物たちに呼びかけます。すると、アライグマはモミノキをもって、クマはスコップをもって、リスやサルは飾りや食べ物をもって、ウサギの穴の前にやってきます……。

普及版こどものとも1985年12月号
26×19cm 28ページ 当時の定価230円

この絵本は2004年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

あーちゃんちは パンやさん

1986年1月号
041029

ねじめ正一 作・井上洋介 絵

あーちゃんちはパン屋さん。朝早く、できたてのパンを並べ、お店のシャッターを開けると、表通りがパンのいい匂いになります。お客さんがやってきてお店がこんでくると、友だちのカメラ屋のゆきちゃんと三輪車で遊びにいきます。けんかしちゃったら、仲直りにあんパンをもっていき……。お店の手伝いもちゃんとやります。子どもの目から見た商店の一日を温かく描いています。

普及版こどものとも1986年1月号
26×19cm 28ページ 当時の定価230円

2月 3, 2006 1985年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)