2006/01/20

昔話絵本の展開(2)       時田史郎

 さて1982年度の昔話の2作目、『ふくろにいれられたおとこのこ』は、フランス民話の絵本化です。山口智子(再話)さんと、堀内誠一(画)による作品ですが、このお二人によるフランス民話の絵本は、1977年の『きこりとおおかみ』に続いて2作目です。その『きこりとおおかみ』を制作中にくださった手紙のなかで、堀内さんは次のように語っています。
 「フランスの民話は形式は乱れているかもしれませんが、あまり民話民話した形式にはまりすぎていないので、かえって自然で親しみやすいと思います。妙に深い意味やナゾが無く、それでいて人生の知恵みたいなものはちゃんとあり、神秘的な魅力よりは常識がかっていますが、明日を想いわずらいたくない庶民の望みが反映していて健康です。来年中にもう1冊ほど『こどものとも』でフランス民話をやらせてください」
 そして、フランス各地の民話を5、6冊揃えて、「フランス民話絵本集」のような形でまとまるようにしたいと希望を述べ、そのため絵についても「各地方の全く性格の違う民話を扱う際にも共通できるようなものにしたいと考えています。様式的すぎず、ナイーブなものにしたいと思っています」と書かれています。
 残念ながら第1作目から数えて5年目の『ふくろにいれられたおとこのこ』のあとは続きませんでしたが、この2冊の「フランス民話絵本」の絵には、堀内さんのフランス民話にたいする強い愛着とそれを日本の子どもたちに楽しんでもらいたいという思いがあふれているように思います。

 1982年度「こどものとも」の3作目の昔話絵本は、『さるとびっき』です。
この昔話は、「猿と蛙の寄合田」といわれている話ですが、登場動物が「猿と雉」になったり、「兎」になったりしている類話を含めれば、それこそ日本各地で語られてきました。でも、この絵本をつくるにあたって、私は山形県の小国町に伝わる話をもとにしました。そのいちばん大きな理由は、かつて私は、この昔話を再話してくださった武田正さん(日本の昔話のすぐれた採集・研究者のひとり)につれられて、小国町に住む川崎みさをさんという昔話の有数の語り手を訪ねたことがありました。そして、川崎さんから直にこの昔話を聞かせていただいたことがあったからです。まず耳から聞いて味わったので、語りのリズムのようなものが私の記憶のかたすみに残っていました。それを大切にして編集していきたいと考えたのです。
 ところで、前回の原稿の冒頭で、そのころ昔話の絵本化がブームになりつつあったと書きましたが、同時に「昔話は口伝えに伝えられ語られてきたもの、それに絵をつけるのは、聞き手(子ども)の想像を限定してしまい、昔話を聞く楽しみを半減させてしまうので、昔話の絵本化は好ましくない。それに昔話本来の楽しみ方ではない」という意見がありました。でも、多くの昔話は絵で多少説明していかないと、今の子どもたちには伝わりにくい、小判だの囲炉裏だの蓑笠だのという言葉についてもまた然りだと思います。それはともかくとして、こうした意見を聞きながら、子どもたちの想像を限定するどころか羽ばたかせるような簡潔でいきいきとした絵による昔話絵本ができないかと考えていました。じつは、そのために最適な昔話が『さるとびっき』だと考えました。
 この昔話にそえる絵は、餅の白さと猿の顔とお尻の赤を際立たせるために色彩も抑え、動物の表情やしぐさだけを簡潔にいきいきと描かれていればそれで充分だと思いました。そこで、画家の梶山俊夫さんに編集意図を良く説明して、この昔話に絵をつけてくださるようにお願いしました。梶山さんはそれまでの画風とはずいぶん違いますが、巧みな筆遣いで過不足なく、この昔話に相応しい絵をつけてくださいました。
 なお、この『さるとびっき』の見返しに、もとの話を語ってくださった川崎さんの名前を表記しました。多くの昔話絵本のテキストは、いくつかの類話をもとに再話することが多く、もとの話の伝承者を表記することはほとんどなかったのですが、武田さんの意向もあり、伝承者に敬意を示す意味で、表記させていただきました。
 1982年度の「こどものとも」は、以上3点の昔話絵本を出版しました。
 しかし、一口に昔話絵本といっても、その世界は広く、内容も形式もまったく違います。子どもたちも、それぞれに違った物語絵本として楽しんでくれたと考えています。

時田史郎(ときた しろう)
1943年、東京に生まれた。早稲田大学卒業後、福音館書店に勤務。1975年より1983年まで「こどものとも」編集長を務める。民俗学に造詣が深く、特に、昔話と、昔話の採集・再話者であった佐々木喜善の研究をしている。絵本の再話に『うらしまたろう』(福音館書店)がある。神奈川県在住。

1月 20, 2006 1983年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1983(昭和58)年度にあったこと

統一地方選挙がおこなわれ、北海道知事に横路孝弘、福岡県知事に奥田八二の革新知事誕生。(4月)
千葉県浦安市に国内最大のレジャー施設「東京ディズニーランド」が開園。(4月)
東北の5県と新潟県で、フェーン現象による強風と乾燥から山火事が続発。(4月)
「日本海中部地震」(M 7.7)が秋田を中心に8道府県を襲い、津波により遠足の学童、護岸工事の作業員など、104人が死亡。 (5月)
阪急の福本豊選手が通算939盗塁で世界新記録を達成。(6月)
戸塚ヨットスクール事件:登校拒否児などに対するスパルタ教育で知られた戸塚ヨットスクール校長の戸塚宏とコーチ2人が、生徒の死亡事件について傷害致死容疑で逮捕された。(6月)
インドの故ネルー首相から敗戦直後に贈られた象のインディラ(東京 上野動物園)が44歳で死亡。(8月)
ソ連空軍機が領空内に進入したニューヨーク発ソウル行きの大韓航空機を撃墜。乗員29人、乗客240人(うち日本人28人)の全員が死亡。(9月)

ロッキード事件公判で東京地裁は田中元首相に懲役4年の実刑判決。野党の辞職勧告決議案をめぐり国会空転。(10月)
レーガン米国大統領来日、中曽根首相と日米首脳会談をおこなう。(11月)
衆議院解散(11月)。総選挙で自民党は過半数を割り、無所属を追加公認して過半数を確保、新自由クラブとの連立内閣を発足させた。(12月)
「昭和59年3月豪雪」:1983年12月から1984年3月にかけて、日本海側を中心として全国で断続的な大雪となり、死者・不明者116人などの被害をもたらした。(12月)
福岡の三井三池有明炭鉱の海底坑で火災事故。83人が死亡。(2月)
探検家の植村直巳、北米最高峰のマッキンリー冬季単独登頂に成功した後、下山中に遭難、行方不明に。(2月) 
グリコ・森永脅迫事件:江崎グリコ社長が自宅から誘拐され身代金10億円を要求される事件が起きた。社長は無事脱出したが、犯人グループは「怪人二十一面相」を名乗りグリコ製品に青酸ソーダを入れるなどして脅迫、同社製品を販売中止に追い込んだ。この後、犯人グループは森永製菓を標的とした。(3月)


主なベストセラー:『気くばりのすすめ』鈴木健二(講談社)、『積木くずし』穂積隆信(桐原書店)、『探偵物語』赤川次郎(角川書店)
テレビ:『おしん』(NHK)、『ふぞろいの林檎たち』(TBS)、『スチュワーデス物語』(TBS)など放送開始。
新商品:「ファミリー・コンピューター」(任天堂)、「六甲のおいしい水」(ハウス食品)、包装生餅「つきたてシングルパック」(佐藤食品工業)
ヒット曲:『さざんかの宿』大川栄策、『矢切の渡し』細川たかし、『めだかの兄弟』わらべ
この年に登場したもの:変動金利制の住宅ローン(各都市銀行など)、金融機関第二土曜日休日制(銀行・信用金庫など)

福音館書店では:ベルギーの世界的人気コミック・シリーズ「タンタンの冒険旅行」刊行開始。(『黒い島のひみつ』『ふしぎな流れ星』 4月)

1月 20, 2006 1983年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

たろうのひっこし

1983年4月号
030325

村山桂子 さく 堀内誠一 え

たろうがお母さんに自分の部屋がほしいというと、お母さんは1枚の赤いじゅうたんをもってきて、「これを広げたところがたろうのお部屋よ」といいました。たろうが階段の下にじゅうたんを広げると、ネコのみーやは窓のある部屋がいいというので、出窓の下に引っ越しです。次はイヌのちろーも入れるように犬小屋の前へ引っ越し……と仲間をふやしながら次々引っ越して……。

こどものとも325号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1985年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

けいこちゃん

1983年5月号
030326

あまんきみこ さく 西巻茅子 え

けいこちゃんが幼稚園に入ると、同じけいこちゃんという名前の子がいて、仲良しになりました。ある日曜日、お母さんがドーナツをいっぱい作ったので、友だちのけいこちゃんを招待しようと電話をかけたら、番号ちがいで、雲のけいこちゃんや、クマのけいこちゃんや、イルカのけいこちゃんにつながります。けいこちゃんは、みんなを招待して……。友だちがいっぱいできる楽しいお話。

こどものとも326号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ぼうし

1983年6月号
030327

瀬川康男 作

桃太郎が帯しめて太刀をはき、はちまきをして、ぼうしをかぶります。いつまでかぶっているのと聞かれると、「鬼退治まで」。金太郎もぼうしをかぶります。「相撲でクマを負かすまで」。弁慶も、犬のシロも、そしてみほちゃんも、ぼうしをかぶります。でもみほちゃんはいつまでもかぶっていたいのです。様式化されたスタイルの絵と文で、ぼうしへの愛着をふくらませる絵本です。

こどものとも327号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は、絵を増補し判型を大きくして「日本傑作絵本シリーズ」から1987年に刊行され、現在も販売されています。

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いってらっしゃーい いってきまーす

1983年7月号
030328

神沢利子 さく 林 明子 え

なおちゃんは、朝、お父さんと自転車に乗って保育園にいきます。かどのたばこ屋のおばあちゃんが手をふってくれます。保育園で友だちとあそび、昼ご飯を食べ、お昼寝をすると、夕方にはお母さんがお迎えにきます。お母さんと夕飯の買い物をしながら歩いて帰るなおちゃんは、たばこ屋のおばあちゃんに、ただいまをいって……。なおちゃんの一日を、子どもの視線で丁寧に温かく描きます。

こどものとも328号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

くろ雲たいじ−ふゆこと はるちゃんと はちの たんけん−

1983年8月号
030329

なかがわりえこ はなし なかがわそうや え

日曜日、ふゆこが紙で双眼鏡を作って見張っていると、友だちのはるちゃんが紙のよろいかぶとを着け、刀をさしてやってきたので、イヌのはちもつれて、まるやまに探検にいくことにしました。まるやまのてっぺんにいると、空から黒雲が襲ってきて、はちをつかまえようとします。みんなは雷にも雨にも負けず闘いますが……。探険やチャンバラが大好きな元気な子どもたちが活躍する絵本です。

こどものとも329号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼく、だあれ

1983年9月号
030330

天野祐吉 文 梶山俊夫 画

おきてもねてるあさねぼう。ママにそっくりおこりんぼう。あわてんぼうにくいしんぼう。あばれんぼうにわすれんぼう。きかんぼう、あまえんぼう……次々にいろいろな「ぼう」があらわれます。きみのなかにかくれんぼうしているのは、どんな「ぼう」かな? 調子のよいことばとユーモアたっぷりの絵で、人のいろいろな性格を描いてみせる、愉快な絵本です。

こどものとも330号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ふしぎな タクシー

1983年10月号
030331

渡辺茂男 さく 大友康夫 え

きいろいタクシーを運転している杉山さんは、野原の中の道でキツネのお客さんを乗せました。ぐるるる、ぐるるると走っていくと、タヌキ、ウサギ、イノシシの親子、ヒグマ……と動物のお客さんが次々乗ってきます。もう誰も乗せられないと思ったら、タクシーは大きなオープンカーに、そして2階バスに変身します……。童話でも登場した「きいろいタクシー」とすぎやまさんのお話です。

こどものとも331号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まいごになった なおこ

1983年11月号
030332

石川ミツ子 作 川村みづえ 画

団地に引っ越してきたばかりのなおこは、荷物の中にあったなつかしいぬいぐるみのクマをもって、外に遊びに出かけました。道を走っていく子どもたちについて公園にいき、ひとりで砂場で遊んでいると、気がついたときにはもう夕暮れになっています。家に帰ろうとして、なおこは同じような建物の並ぶ団地の中で自分の新しい家を必死に探します。でも最後にはお母さんの料理の匂いが……。

こどものとも332号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おみせやさん

1983年12月号
030333

伊藤秀男 作

商店街のいろいろなお店屋さん。まんまるがおのおねえさんのハンバーガーショップ。ころっけのおいしい肉屋さん。木箱を台にして刺身を作る魚屋さん。縁日のイカ焼き屋さん。食堂のおじさんは大名弁当を作ります。それぞれのお店の人々と品々を、鮮やかな色彩と大胆な筆致で表情豊かに描きだします。

こどものとも333号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

にぎりめしごろごろ

1984年1月号
030334

小林輝子 再話 赤羽末吉 画

きこりのじさまが山で落としたにぎりめしは、ふもとの地蔵さまのところまで転がっていきました。きれいなところを地蔵さまに差しあげると、地蔵さまはおもしろいことがあるからお堂の天井に隠れていろといいます。すると夜中、鬼たちがやってきて酒盛りをはじめました。じさまがニワトリの鳴きまねすると……。正直なおじいさんと、まねをして失敗する隣のおじいさんの、おなじみの昔話。

こどものとも334号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1994年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

だるまちゃんととらのこちゃん

1984年2月号
030335

加古里子 さく・え

だるまちゃんの友だちのとらのこちゃんは、とらの町のペンキ屋さんの子どもです。ふたりは黄色と赤の土でペンキを作り、町中の道路や壁にきれいな模様をどんどん描いていき、調子にのってタクシーの車体にも塗ってしまって大目玉。ところがそのことから本当にペンキで絵を描く仕事をすることに……。子どもの大好きな泥遊びやいたずらがきをモチーフにした、だるまちゃんの絵本第4弾。

こどものとも335号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1987年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

バオバブのこ アビク

1984年3月号
030336

木葉井悦子 さく・え

バオバブの木に住む、人には見えない子ども、アビク。ある村のアビクは、市場に出かけた留守に自分の木を切り倒されてしまいました。一晩中泣いたアビクは、新しい自分の木を見つけるために、村々をめぐっていきます。いく先々で、困っている人や動物を得意の呪文で助けたりしながら、やがて着いた村には、大きなバオバブが……。アフリカに魅せられた画家が描いた絵本です。

こどものとも336号
9×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (0)

とりとなかよし

1983年5月号
041013

かなおけいこ さく・え

朝、目を覚ますと、ウシツツキはスイギュウのところへいって、スイギュウの耳の裏に潜む虫を食べてあげます。アマサギは、ゾウのところへいって、ゾウが歩いたときにとびだす虫を食べ、ゾウの背中についた虫をとってあげます。ワニチドリはワニの歯をそうじしてあげます。ともに助けあって生きる鳥と動物の関係を、温かいタッチの写実的な絵で描きます。

普及版こどものとも1983年5月号
19×26cm 28ページ 当時の定価220円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

なみを ばけつに くんだらば

1983年8月号
041014

川崎 洋 詩 柏村 勲 絵

海辺にいって裸足で歩くと足の裏で砂が、くしゅっくしゅっ。海に入って、手でぱしゃぱしゃ、足でじゃぼじゃぼ、泳げたぞ。砂浜は熱くてふめない、あっちっち。砂山を作ったり、ボートに乗ったり……。波をバケツにくむと、あんなに動いていた海の水がしーんと静かになってしまう。夏の海辺で1日を過ごすときに、目や耳、手や足など肌で感じる感覚を、ことばと絵でいきいきと伝えます。

普及版こどものとも1983年8月号
19×26cm 28ページ 当時の定価220円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

くりひろい

1983年10月号
041015

厳 大椿 ぶん 蓬田やすひろ え(「厳」の正しい表記は中国の簡体字)

山に栗ひろいにいった野ネズミとリス、どちらも大きな栗を見つけましたが、ひとり占めしたい野ネズミは手伝いを断ります。リスは栗を川に浮かべて運ぼうとしますが、石に引っかかって動かなくなりました。そこにやって来たウサギに手伝ってもらって……。助けあうこと、工夫することをいきいきと描いた中国の動物物語。「こどものとも」20号の作品を新たな画家の絵で新版としたものです。

普及版こどものとも1983年10月号
19×26cm 28ページ 当時の定価220円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

こわがりの はしごしゃ

1983年11月号
041016

松野正子 さく なかのひろたか え

消防署に新しくやってきた梯子車は、先輩のポンプ車や救急車から火事場の話を聞いて怖くなり、アパートやデパートの火事で出動するときに胸が苦しくて動けなくなってしまいました。ところが3度目に病院の火事で出動したとき、屋上に取り残された車椅子の子どもは、前に梯子車の絵を描きにきてくれた少年でした。梯子車は全力をふりしぼってはしごをのばし、必死で子どもを助けます。

普及版こどものとも1983年11月号
19×26cm 28ページ 当時の定価220円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

でてきて おひさま

1984年2月号
041017

スロバキア民話 ほりうちみちこ 再話 ほりうちせいいち 絵

お日さまが三日も顔を出さないので、ひよこたちは探しに出かけました。カササギやウサギやカモにきいてもわかりません。最後にハリネズミにきくと、山の上から雲にのって月のところへ連れていってくれました。月の案内でお日さまの家に行った動物たちは、寝ている間に真っ黒に汚れたお日様をぴかぴかに洗ってあげました。「こどものとも」28号の昔話を堀内誠一の絵で新版としたものです。

普及版こどものとも1984年2月号
26×19cm 28ページ 当時の定価220円

1月 20, 2006 1983年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)