2006/01/13

昔話絵本の展開(1)      時田史郎

 1982年度、こどものとも編集部は3点の昔話絵本を出版しました。毎年1、2点は出版していましたが、1年に3点出版することはめずらしいことでした。もっともこの3点、昔話絵本には違いないのですが、語られてきた地域や内容もまったく異なり、バラエティーに富んだ内容を期待されている読者の気持ちを裏切りはしないという判断はありました。また、あのころ日本では昔話や民話がブームになりつつあり、ともすれば安直につくられた昔話絵本までが歓迎されていた、そんなことへの批判精神も底流にはあったかもしれません。
 3点の昔話絵本というのは、8月号のアメリカ・インディアンの民話『とうもろこしおばあさん』、その2か月後10月号のフランス民話『ふくろにいれられたおとこのこ』、続く11月号の山形の昔話『さるとびっき』です。

 まず、『とうもろこしおばあさん』を絵本化することになったきっかけからお話しします。この絵本の画家秋野亥左牟さんは、1968年2月にネパールの民話『プンクマインチャ』を「こどものとも」で発表して以来渡米して、編集部との交流がありませんでした。その秋野さんと連絡がつき、また絵本を描いてくださるようになったのは、ちょっとした幸運が重なった結果でした。
 というのは1981年の2月、私は沖縄のわらべうたをテキストにした「こどものとも」をつくろうと竹富島へ行き、その帰路、飛行機の都合で石垣島に丸1日足止めされてしまいました。さて1日どうして過ごそうかと考えていた時に、石垣島に近い小浜島に秋野さんが移住しているはずだということを思い出したのです。もちろん住所も電話番号も知りません。そこで私は小浜島の郵便局に連絡をとってみました。郵便局の答えはこうでした。「秋野さんという人はいた。出て行ったという話は聞かないので、たぶん今でも住んでいるだろう」
 そこで、私は秋野さんの住んでいた場所を聞き、さっそく小浜島ゆきの乗合い船に乗りこみ、秋野さんを訪ねたのです。ちょうどそのころ漁で生計をたてようとしていた秋野さんはその日も海に出ていて、結局会うことはできませんでしたが、東京にかえって間もなく秋野さんから手紙が届きました。その手紙には、アメリカ、カナダでの生活、とくに向こうでのアメリカ・インディアンの人たちとの交流について詳しく書かれていて、最後にアメリカ・インディアンの民話「トウモロコシの起源」を絵本にしたいと添えられていました。
 そしてすぐに届いた第2信では、「絵は描きはじめたが、しっかりとしたテキストが欲しいので、なんとか原話を探してほしい」と書かれていました。それから、あらゆる手立てをこうじてこの原話を探しました。最終的には、数十話集った原話の中から日本の子どもたちに親しめそうな話を選び、さらに慎重に秋野夫人に翻訳、再話してもらいテキストは完成の方向に1歩ずつ進んでいきました。でも、絵の方はそれからさらに1年以上もかかって完成しました。
 その間に秋野さんから届いた手紙の1通に、詩人のゲイリー・シュナイダーの「(アメリカ・インディアンの)プエブロ諸族は、……動物、植物もまた人間であり、ある種の祭式や舞踏を通じて人間の政治的集会に参加し、」「スー族は昔から彼ら(動物や植物)のことを這う人間、立つ人間、飛ぶ人間、泳ぐ人間と呼んできた」という言葉が引用され、「とうもろこしは、彼らにとってそのような自然人のひとりです」と書かれていました。昔話から安易な教訓をひきだすことは避けなければなりませんが、食べ物も含めて「もの」にあふれた環境で育つ子どもたちに、この絵本は何かを伝えることができるのではないか、そんな秋野さんの思いが伝わってくる作品となったと思います。かつて日本でも親が子どもに向かって農家の人たちの米作りの苦労を話し、お米の大切さを説いたように。

 結局その時の竹富島取材から「こどものとも」は生まれませんでしたが、犬も歩けば棒にあたるで、こんなふうに「こどものとも」は、生まれていくのです。
 (次回に続く)

時田史郎(ときた しろう)
1943年、東京に生まれた。早稲田大学卒業後、福音館書店に勤務。1975年より1983年まで「こどものとも」編集長を務める。民俗学に造詣が深く、特に、昔話と、昔話の採集・再話者であった佐々木喜善の研究をしている。絵本の再話に『うらしまたろう』(福音館書店)がある。神奈川県在住。

1月 13, 2006 1982年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1982(昭和57)年度にあったこと

ミッテラン大統領、フランス大統領として初来日。(4月)
イギリス、アルゼンチンのフォークランド諸島に上陸作戦開始。(6月アルゼンチン軍降伏)(4月)
趙紫陽中国首相初来日。(5月)
東北新幹線の大宮・盛岡間開業。(6月)
「昭和57年7月豪雨(長崎豪雨)」が関東以西に被害をもたらす。死者・不明者345人。(7月)
モナコのグレース王妃が自動車事故で死去。(9月)
三越の定例取締役会で、岡田茂社長解任を決議。(9月)
ロッテの落合博満が史上4人目の三冠王を獲得。(10月)
上越新幹線の大宮・新潟間開業。(11月)
第一次中曽根康弘内閣成立(11月)

加藤保男が厳冬期エベレストの初登頂に成功後に遭難。(12月)
京都市議会、古都保存協力税条例を可決。社寺が反発して拝観拒否などをおこなった。(2月)
横浜ホームレス襲撃事件:1月から横浜市内の公園や地下街で無抵抗のホームレスを襲い、3人を殺害、13人に重傷を負わせていた中学生ら10人の少年を逮捕した。(2月)
青木功がハワイアン・オープンで日本人男子として米ゴルフツアー初優勝。(2月) 
東北大学医学部で日本初の体外受精・着床に成功。(10月に出産)(3月)


主なベストセラー:『悪魔の飽食』森村誠一(光文社)、『プロ野球を10倍楽しく見る方法』江本孟紀(ベストセラーズ)、『窓ぎわのトットちゃん』黒柳徹子(講談社)
テレビ:『おれたちひょうきん族』(フジテレビ)、『笑っていいとも!』(フジテレビ)、『金曜日の妻たちへ』(TBS)、『積木くずし』(TBS)など放送開始。
新商品:「雪見だいふく」(ロッテ)、「麻婆春雨」(永谷園)、「CDプレーヤー」(ソニー他家電メーカー9社)、中年女性のグループ旅行に向け「ナイス・ミディパス」(国鉄)
ヒット曲:『待つわ』あみん、『セーラー服と機関銃』薬師丸ひろ子、『聖母たちのララバイ』岩崎宏美

1月 13, 2006 1982年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

なににのって いこうかな

1982年4月号
030313

角野栄子 さく 津田櫓冬 え

たっちゃんは朝、幼稚園にいこうとして靴をかたっぽはいて玄関のドアを半分あけたところで、きのうけんちゃんに意地悪されたのを思い出していいました。「ぼく今日、幼稚園にいかないよ。だって足がどうしても動かないんだもん」でも、ローラースケートはいたらいけるかな? 竹馬でいったら、それともダンプカーでは? 想像がふくらむうちに、けんちゃんが迎えにきて……。

こどものとも313号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとおこっちゃった なおこちゃんのおうち

1982年5月号
030314

まいえかずお 作 井上洋介 絵

なおこちゃんの家では、今日はみんなとっても怒りんぼ。お父さんは朝ごはんを食べると玄関の扉をバッタンとしめて、ぷんぷん会社にいきました。お母さんは台所の流しにゴンゴンやつあたりして買い物へ。なおこちゃんも、ムクイヌのムンクもブチネコのブッチも、みんなカーテンやまどにやつあたりして出ていくと、お家も怒って「だあれも入れてやるもんか」。

こどものとも314号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おたまじゃくしの たまーら

1982年6月号
030315

マイケル・バナード さく 吉田新一 やく 竹山 博 え

おたまじゃくしのたまーらは、泳ぎがまだ下手なのでなかまに笑われて、ひとりぼっち。どじょうに出会って友だちになりますが、後足が生えてくると、遊んでもらえなくなりました。そんな時、ゲンゴロウが夕食に招待してくれますが、その強そうなあごを見て、たまーらは逃げだします。やがて4本足がはえそろったころ、アヒルに襲われそうになったたまーらは、若いカエルに助けられ……。

こどものとも315号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

うみべのいちにち

1982年7月号
030316

笠野裕一 さく

夜明け前、砂浜にはだれもいません。明るくなってくると、釣り人がきて竿をふり糸をたれます。やがて日が高くなると海水浴客がやってきて、砂浜はどんどんにぎわってきました。シャワーを浴びる人、波打ち際で遊ぶ人、ボートを出す人。そして夕方になって人々が去った後、暗くなった砂浜で花火を楽しむ人が何人か……。早朝から夜まで、同じ視点から海辺の風景を描いた文字のない絵本です。

こどものとも316号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

とうもろこしおばあさん

1982年8月号
030317

アメリカ・インディアン民話 秋野和子 再話 秋野亥左牟 画

一夜の宿を借りにやってきた白髪のおばあさんを、村の若者はこころよく泊めてあげました。翌日、男たちが野牛を狩りに、女たちが芋を掘りにいったるすに、おばあさんは見たこともないおいしいパンを作って子どもたちに食べさせました。不思議に思った若者が、ある日、その作り方をのぞいてびっくり仰天します。見られたことを知ったおばあさんは……。トウモロコシの起源を説く民話です。

こどものとも317号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

まいごのまめのつる

1982年9月号
030318

こだまともこ さく おりもきょうこ え

野菜作りは上手だけれど料理の苦手なマグばあさんと、料理は上手だけれど野菜作りはできないメグばあさんは、仲がよくありません。ある日、庭に植えた豆の蔓が遠くまで伸びているので、マグばあさんがそのあとを追いかけていくと、蔓はネズミやアヒルや動物たちの家をぬけて、メグばあさんの家の庭でさやをつけていました。メグばあさんはその豆でおいしいスープを作っていたのです……。

こどものとも318号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

ふくろにいれられたおとこのこ

1982年10月号
030319

フランス民話 山口智子 再話 堀内誠一 画

ピトシャン・ピトショはイチジクを窓際で食べていましたが、最後の一つを庭に落としてしまいました。すると落ちた実はたちまち大きなイチジクの木になって、どっさり実をつけました。木に登っていると、袋をかついだオニがやってきて「枝よ低くなれ」と唱え、ピトシャン・ピトショを木から落として、袋に入れてしまいます。フランス民話を堀内誠一が明快な絵で描きます。

こどものとも319号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

さるとびっき

1982年11月号
030320

武田  正 再話 梶山俊夫 画

サルはカエルにふたりで田んぼを作ろうともちかけます。でも山の田んぼを耕しはじめるとすぐに、サルは肩がこってきたといって怠けてばかり。それからは田植えも草取りも稲刈りも全部、カエルひとりにやらせてしまいました。ところが収穫が終わって餅をつきあげると、欲張りなサルはひとり占めしようとします。原話の語り口を生かした物語をシンプルな絵で描く昔話絵本です。

こどものとも320号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

りすのクラッカー

1982年12月号
030321

ルース・エインズワース 作 こうもとさちこ 訳・絵

ブナの木に住んでいる子リスのクラッカーは、一軒家の子ども部屋の窓から中をのぞいて、おもちゃの動物の置いてある棚がとても気に入りました。ある日、家の中にしのびこむとその棚に座ってみましたが、ぬいぐるみたちは気ぐらいが高くて居心地がよくありません。そのうえ飼いネコに気づかれてしまい……。『こすずめのぼうけん』『ちいさなろば』の作者による子どもの心をつかむ物語です。

こどものとも321号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

てんさらばさら てんさらばさら

1983年1月号
030322

わたりむつこ さく ましませつこ え

おばあちゃんと遊んでいたまゆは、空から降ってきた白いふわふわした“てんさらばさら”を手に入れます。おしろいをふりかけると少しずつ増えて、そのたびにいいことが起きるが、人に見せてはいけないといわれ、まゆはそれを大切にします。てんさらばさらは増えつづけ、成長したまゆは結婚して子どもも次々授かり幸せな暮らしをしていましたが、夫が屋根裏にこっそりいくまゆをいぶかり……。

こどものとも322号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

いもうとのにゅういん

1983年2月号
030323

筒井頼子 さく 林 明子 え

あさえが幼稚園から帰ってくると、お母さんはぐったりした妹のあやちゃんを病院につれていくところでした。友だちと遊びながら待っていると、お母さんが帰ってきて、あやちゃんが盲腸の手術で入院することになったといいます。あさえはお父さんが帰ってくるまで、ひとりで留守番をします。そのうち暗くなって、雷が鳴り……。妹の入院でちょっぴりお姉さんになったあさえの物語です。

こどものとも323号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1987年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

どうぶつしんぶん

1983年3月号
030324

岸田衿子・谷川俊太郎・松竹いね子 ぶん 堀内誠一 え

冬眠から目覚めた様子、サル山の木登りコンテスト、山火事など、大事件から身近な話題、催し物案内に料理教室、健康相談、連載小説、ただし登場するのはみんな森の動物……。3人の作者が記事を書き、堀内誠一の楽しいさし絵がいっぱい入った“子どものための新聞”。春・夏・秋・冬の4号が、それぞれ4つにたたまれてはいっています。異色の「こどものとも」です。

こどものとも324号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

あひるさんの ぼうし

1982年4月号
041010

神沢利子 さく 太田大八 え

アヒルさんが素敵な帽子を買いました。ご機嫌で散歩に出かけますが、風が吹いて帽子は、羽もないのにばたばた羽ばたき、足もないのにころころ道を走り出します。そのうえアヒルさんが飛べないのをいいことに、風にのって舞いあがり、木に引っかかってしまいます。そこでアヒルさんは木をおどかして帽子を返させることに……。一直線に進むユーモラスな物語です。

普及版こどものとも1982年4月号
26×19cm 28ページ 当時の定価220円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

すいかのたね

1982年7月号
041011

さとうわきこ さく・え

ばばばあちゃんが庭にスイカの種をまきました。それを見ていた子ネコは、ばばばあちゃんが何か大事なものをかくしたと思って掘りかえし、「なあんだ、つまらない黒い種だ」というと、また埋めてしまいました。それを見た子イヌもウサギもキツネも次々掘りかえしては……。種はとうとう怒ってしまって、芽を出すとぐんぐんのびて大きな実をたくさんつけ……。ばばばあちゃんのお話し第2弾。

普及版こどものとも1982年7月号
19×26cm 28ページ 当時の定価220円

この絵本は1987年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

はなかげこぶた

1982年12月号
041012

小野かおる さく・え

ブタの母さんは5ひきの子ブタを生みましたが、1ぴきの子ブタに影がない! とびっくり。お母さんは子ブタのために影を手に入れようと、ゾウの影を盗んだり、ネズミの影を盗んだり、でもそのたびに見つかって取り返され、子ブタはさんざんな目にあいます。そこで母さんブタは、花模様の布で子ブタの影を作ってやることにしました。軽快な口調の文にのって展開する愉快な物語です。

普及版こどものとも1982年12月号
26×19cm 28ページ 当時の定価220円

1月 13, 2006 1982年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)