2006/01/06

<作家インタビュー>『いそがしいよる』が生まれた日   さとうわきこ

 『いそがしいよる』っていう絵本は、子ども時代に屋根とか廊下から見ていた月の印象と、宮沢賢治のふるさとで見たお月様と、ふたつが重なってできてるんだと思います。
 子どものころから、よくお月見をしていました。父も月や星が好きで、おだんごやすすき、花を用意して、家族でお月見。それがすてきな記憶として残っています。
 それと25歳くらいの時に、月が山から昇るのを見たのが印象的だったことです。宮沢賢治の研究家の先生が、書簡集を作るというので、私を入れて女の子3人でくっついて岩手県内を歩いてたんです。陸中松川というところに賢治の晩年を知ってる人がいて、賢治の手紙を写させてもらいました。コピーもない時で、手書きで朝から写していました。賢治は私のひとつの憧れだったので、手紙に触れることができてよかったんですけど、夜遅くなっちゃって、終わって外に出たらまっ暗なんです。
 そこから帰る時に坂を下りながら歩いていたら、むこうの山のてっぺんが明るくなるんですよ。「何だろう何だろう」っていったらね、お月様が薄皮のようにキュッと出てくるの。みんなでアッといって。そしたらものすごいスピードで上がってくる。大きな黄色いかたまりが昇るんですよ。うれしくなっちゃってね。みんなで手をつないで童謡を歌いながら帰ってきました(笑)。
 私のほとんどの作品は、そういう昔のちょっとしたキズみたいなものがよみがえってできてるところがあります。

 この作品も、最初「母の友」の童話だったんです。水口さんという編集の人に童話を持っていくと、最初はケチョンケチョンにけなされて、「あなたらしい言葉で文章を書け」と、よくいわれました。例えば、私は中川李枝子さんの『いやいやえん』が好きだったんですけど、それを読んだ後で文章を書くと『いやいやえん』っぽくなっちゃうのよね。そういうのはもう、すぐ見抜かれちゃってね。「こんなんじゃあだめだ。あなたらしい文章が絶対あるはずだ。ぼくにはわかる」っていうの。
 賢治の本を読むと、賢治らしい言葉ってたくさんあるんですよね。「鬱金しゃっぽのカンカラカンのカアン」なんて言葉があって、何かとってもすてきな感じがしちゃう。ひとつの文章読んだだけで、賢治らしいな、と思う。そういう文章を私も持ちたい、と思ったの。それで私自身も自分の文章を探したし、水口さんも探してくれました。
 ばばばあちゃんの口調は、関東弁です。でも気持ちの中では東北弁が混ざってるんですよね(笑)、賢治が好きだから。調子は江戸弁で、パンパンと機関銃みたい。私は実生活でもそういわれます。「ケンカしてるみたいだ」と。
 
 賢治の童話は、子どもの時に父が読んでくれていました。私は体がすごく弱かったんです。結核なので長生きしない、と親はかわいそうに思ったらしいんですね。それで、けっこう童話をよんでくれました。『やまなし』という作品の、「クランボン」って、なんか泡のような軽いものの気がしていた。カニが親子で話してるなんていいな、と思いました。家の近所に小さな水の湧いてるところがたくさんあって、沢ガニもいっぱいいたんですよ。それで「あ、あそこじゃないか」って思ってね、「クランボンはわらったよ」というのを、よくそこに見にいきました。
 内容よりも、変わった言葉を覚えてる。子どもってみんなそうかもしれない。ふつうの言葉じゃなくて、唱え言葉や歌のようなものをよく覚えてます。
 父はそういう人で、一方で母はとてもたくましい人でした。私が子どものころは、たらいで洗濯してました。『せんたくかあちゃん』(「こどものとも」269号)は、今思うと私の母親像なんですね。描いてるときには気がつかないんだけど、下地になっているのは母のたくましさだなあって、最近になって思います。
 (「こどものとも年中向き」2000年12月号折込付録より一部省略して再構成)


さとう わきこ
東京生まれ。児童出版美術家連盟所属。『とりかえっこ』(ポプラ社)で第1回絵本にっぽん賞受賞。『いそがしいよる』『すいかのたね』『あめふり』をはじめとする「ばばばあちゃんのおはなし」シリーズのほか、『せんたくかあちゃん』『おつかい』『るすばん』など絵本の作品多数。また「かがくのとも傑作集」にも、ばばばあちゃんの登場する料理の絵本『よもぎだんご』『ばばばあちゃんのおもちつき』『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』(以上、福音館書店)などがある。長野県岡谷市と八ヶ岳山麓で、「小さな絵本美術館」を主宰。

1月 6, 2006 1981年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (1)

1981(昭和56)年度にあったこと

福井県の敦賀原子力発電所が放射能漏れ事故を起こしていたことが発覚。(4月)
アメリカのスペースシャトル「コロンビア」が初めての飛行に成功。(4月)
パリ留学生人肉食事件:パリ大学に留学中の日本人学生が同じ大学に通っていたオランダ人女子留学生を殺害し、その肉の一部を食べたとして逮捕された。(6月)
深川通り魔殺人事件:東京都江東区深川の商店街で、覚せい剤常用者の男が、通りかかった近くの親子3人と主婦4人を刺殺し、他の女性2人に重軽傷を負わせた。(6月)
イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式、セントポール大聖堂でおこなわれた。(7月)
オンライン利用詐取事件:大阪府の三和銀行茨木支店預金係の女性が愛人の元旅行代理店経営者と共謀して、オンラインシステムの端末機を操作して現金5000万円と小切手6000万円を引き出し、海外逃亡していたことが発覚。(9月)
1946年に制定された「当用漢字表(1850字)」にかわって、「常用漢字表(1945字)」が内閣より告示された。(10月)

増田明美(17歳)が女子10000mで日本新記録を樹立。この年、増田は陸上女子長距離の記録を次々ぬりかえ、2月には初マラソンで日本最高記録を出した。(10月)
沖縄本島北部で捕獲された新種の鳥に「ヤンバルクイナ」と命名された。(11月)
ロス疑惑事件:米国ロサンゼルス市で銃撃により日本人女性が死亡した事件は、夫による保険金詐欺目的の殺人ではないかと週刊誌で報道され、テレビなどマスコミが「ロス疑惑」として大きな話題となった。(11月)
ホテルニュージャパン火災:東京都千代田区永田町のホテル「ニュージャパン」の客室から出火し9、10階を全焼。外国人22人を含む33人が死亡、29人が重軽傷を負うという惨事になった。(2月)
羽田沖に日本航空機墜落:日本航空の旅客機が、羽田空港に着陸寸前で海上に墜落。24人が死亡、149人が重軽傷を負った。原因は心身症の病歴を持つ機長の異常操縦だった。(2月)


主なベストセラー:『窓ぎわのトットちゃん』黒柳徹子(講談社)、『なんとなく、クリスタル』田中康夫(河出書房新社)、『アクション・カメラ術』馬場憲治(ベストセラーズ)
テレビ:『今夜は最高』(NTV)、『なるほどザ・ワールド』(フジテレビ)、『北の国から』(フジテレビ)など放送開始。
新商品:簡単温灸「せんねん灸」(千年堂)、「シェイプパンツ」「シェイプアップブラジャー」(ワコール)、熟年夫婦の旅行パック割引「フルムーンパック」(国鉄)、「レーザーディスク」(パイオニア)、写真週刊誌「FOCUSフォーカス」(新潮社)、「缶入りウーロン茶」(サントリー)
ヒット曲:『ルビーの指輪』寺尾聰、『奥飛騨慕情』竜鉄也、『スニーカーぶる〜す』近藤真彦
この年に登場したもの:「バード・サンクチュアリ」(北海道ウトナイ湖・日本野鳥の会)、「カプセルホテル」(新宿西口)、「光通信システム」(千葉市内・電電公社)

1月 6, 2006 1981年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねことらくん

1981年4月号
030301

なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え

ゆうじが部屋で遊んでいると、ネコがやってきて役割をとりかえっこしようというので、ゆうじはチョッキとネコのしっぽを交換して、ねことらになりました。ゆうじは外へでかけると、クマのおばあさんの荷物をもってあげたり、風船をもって浮かびあがってしまった子ウサギを助けたり、ねことらの力を発揮して大活躍……。『そらいろのたね』『たからさがし』のゆうじが登場する絵本です。

こどものとも301号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

サラダでげんき

1981年5月号
030302

角野栄子 さく 長  新太 え

お母さんが病気なので、りっちゃんは元気になるサラダを作ってあげようと野菜を切っていましたが、ネコがやってきてかつおぶしを入れるといいよといいます。次にやってきたイヌはハムサラダが一番といい、スズメはトウモロコシ、アリは砂糖をすすめ、最後にはアフリカゾウが飛行機でやってきて……。サラダを食べたお母さんはたちまち元気に! 角野栄子の「こどものとも」第1作です。

こどものとも302号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は2005年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されました。

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (1)

おなかのすく さんぽ

1981年6月号
030303

かたやまけん さく・え

ぼくが歩いていたら、動物たちが水たまりで遊んでいるので、一緒になってバチャ、バチャ、バッチャン。クマやイノシシやヤマネコなどと泥んこ遊びをした後は、山にかけのぼって洞窟探検……。力いっぱい遊んだあと、クマがいいました。「なんだかきみはおいしそうだねえ。ちょっとだけなめていーい?」みんなのおなかがグーっと鳴って……。野性のエネルギーに満ちあふれた絵本です。

こどものとも303号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1992年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おじぞうさん

1981年7月号
030304

田島征三 さく・え

おうめばあさんは、孫の寝小便が治るようにとお地蔵さんに願をかけ、大福餅をお供えしました。お地蔵さんは大福餅を見てよだれをたらし、よだれをふんだイヌは転んで、それを見た和尚さんは大笑いして池に落っこち、池からドジョウがとびだしてカラスの口の中に……。最後に孫の寝小便が治って、お地蔵さんはよだれかけをもらいます。リズミカルに次々事件がつながってゆく絵本です。

こどものとも304号
19×26cm 28ページ 当時の定価250円

この絵本は1988年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

じてんしゃに のって

1981年8月号
030305

笠野裕一 さく・え

ひろしはおじさんから青い自転車をもらいました。さっそくイヌのペドと競争しながら公園にいくと、友だちに注目されて大得意。昼ご飯の後、ひろしはお父さんとサイクリングに出かけました。野原をぬけ、大きな木の下で雨宿りした後、森をとおって坂道を登りきるとと、目の前に広々と海が広がっています。自転車で新しい世界に乗りだしていく子どものわくわくする気持が描かれます。

こどものとも305号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

しろきちとゆき

1981年9月号
030306

菅野拓也 さく 中谷千代子 え

動物園で暮らす2匹のシロクマ、しろきちは北極生まれ、ゆきは動物園生まれ。ある日、2匹の元気がないので獣医さんが調べてみますが、どこも悪いところはありません。動物園の人たちは相談して氷屋さんに氷を運んできてもらいました。氷で遊ぶうちに、しろきちは北極の海を思いだし、ゆきに北極のことを話しました。動物たちの現実の姿を実話に基づいて描きます。

こどものとも306号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ムッシュ・ムニエルのサーカス

1981年10月号
030307

ささきまき さく・え

魔術師のムッシュ・ムニエルは空飛ぶ魔法のパイから落っこちて、通りかかった手品師に激突。手品師のかわりにサーカスで手品をすることになりました。呪文を唱えてニワトリを卵に変えて見せますが、次に呪文を唱えると観客が卵になってしまいます。あせったムニエルが呪文を唱えるたびに、ライオンがカエル、ブランコ乗りがゾウに変身して、大騒動に……。ムッシュ・ムニエルの絵本第2弾。

こどものとも307号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

りゅうになりそこねたハブ

1981年11月号
030308

沖繩民話 儀間比呂志 ぶん・え

貧乏な青年カナーが山で雨宿りしてると、3000年の修行を積んだハブが、龍になるために天に昇ろうとするところを目撃しました。ところが修行中に一度でも人に見られると天に昇れなくなってしまうのでした。ハブがたいへん悲しむので、カナーは誰にもいわないと約束をします。お礼にハブからどんな病気も治すことができる「龍糞」をもらったカナーは、おかげで大金持ちになりますが……。

こどものとも308号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆうちゃんと めんどくさいサイ

1981年12月号
030309

西内みなみ さく なかのひろたか え

ゆうちゃんが朝起きて歯磨きをしないで遊んでいると、歯がとんがって牙になってしまいました。お母さんに「オオカミさんの子におなり」といわれて家を出たゆうちゃんは、オオカミの家にいっても帽子を脱がないでいると、こんどは角が生えてきて……。何でもめんどうくさがるゆうちゃんは、オオカミにも鬼にもトロルにも追いだされ、たどりついたのは“めんどくさいサイ”の家でした。

こどものとも309号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (0)

なおみ

1982年1月号
030310

谷川俊太郎 作 沢渡 朔 写真

「わたしの うまれる/ずっと まえから/なおみは いた/わたしのそばに」遠くを見つめるなおみ。何も話さないなおみ。あなたはいくつ? どんな夢を見るの? なおみという名の日本人形と一緒に過ごす幼い少女の日々を詩と写真で綴ります。斬新なテーマと表現に、話題をまきおこした絵本です。

こどものとも310号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (0)

ひとも いぬも そらとんだ

1982年2月号
030311

加納 登 さく・え

遠い南の島で、太ったおじさんが木陰で寝ているのを空から見ていた若い神様は、ちょっといたずらしてやろうと、鳥の羽でおじさんのおへそをこちょこちょとおまじない。目を覚ましたおじさんは手をばたばたして、ふんわり空に飛びあがりました。神様のいたずらを見ていたカニに話を聞いて、島のみんなはまねをして子どもも大人もイヌもブタもみんなふわふわ……。のどかなお話です。

こどものとも311号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

むるとめるのぼうけん

1982年3月号
030312

久我通世 さく・え

兄さんのむるは作りたがり屋。妹のめるは行きたがり屋。こびとの兄妹は、ひなた山のてっぺんから、葉っぱのそりですべりおり、花畑で遊びました。次は花の車と葉っぱの帆をつけたヨットを作りましたが、風が強くて吹き飛ばされ、川の中へまっさかさま。そこでこんどは、ガマの穂でいかだを作って川をくだっていきます。ものを作る楽しみと、遠くへいく冒険にみちた絵本です。

こどものとも312号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いそがしいよる

1981年9月号
041008

さとうわきこ さく・え

星がきれいな夜、ばばばあちゃんは家の中にいるのがもったいなくて、ゆりいすを外に持ちだしてお星様をみていました。やがて遠くの森からお月さんも出てくるのを見ると、いっそのこと外で寝てしまおうと考えました。そこでベッドと毛布と枕を、それからお茶の道具も、そしてテーブルやレンジ、しまいには家のものを全部持ちだしてしまいます。ばばばあちゃんの絵本の第1作です。

普及版こどものとも1981年9月号
19×26cm 28ページ 当時の定価220円

この絵本は1987年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスには くつしたを おわすれなく

1981年12月号
041009

角野栄子 さく 菊池恭子 え

編み物屋のナナさんはクリスマスには大忙し。ちくちく、あみあみ、注文を受けて靴下を編んでいきます。まずクマからスズメまで森の動物たち、次にはクジラからタコまで海の生き物たち、そして町の人たちはお相撲さんからお化けまでやってきます。でも最後にきたのは難しい注文でした。女の子がゾウの赤ちゃんが入るくらいの靴下を編んでというのです。クリスマスの心温まるお話です。

普及版こどものとも1981年12月号
26×19cm 28ページ 当時の定価220円

1月 6, 2006 1981年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)