2005/12/09

<作家インタビュー>『はるにれ』が生まれた日    姉崎一馬

 この木を見た時、「あ、僕は長い間この木との出会いを待ってたんだ」とわかったんですね。
 僕はたくさんの人に森林のことを知ってほしくて、森林の写真を撮っていたんです。自然保護運動からスタートした発想なんですが。でも森林というのは、普通の人にはすぐにはとっつきにくいですよね。だからまず、だれでも感情移入できるような、シンプルでわかりやすい木の本を作ろうと思っていました。大きな木と、そのまわりの草花や昆虫、動物といったものも登場させたりして、その中で木が四季にどんな変化をしているか、そんな本ができればいいな、と思って絵コンテを描いたんです。でも、実際にそんな木があるか、あてがあったわけではなくて。で、「じゃあ、この木はいったいどこにあるんだ?」となった(笑)。
 ふだんから図鑑の仕事などであちこちの国立公園などに写真を撮りにいっていたので、そういう木がないかと探してたんです。それで何本か、「この木だったらひょっとしてできるかな」というのを見つけて、「これはカエデだから秋はきれいだ」とか「サクラだから春はよさそうだ」と思って撮影していたんですが、何かいまひとつ、ピンとはこなかったんですよ。

 そんなある時、北海道で悪天候にあって、十勝川の広い河川敷で、車の中に泊まっていたんです。その次の朝、とてもいい天気になったんですよ。そして上流に移動を始めた時、遠くの方に、ぼぉーっと、このはるにれの木が見えたんです。その瞬間、僕がこの木との出会いを待っていたことがわかった。
 近づいていったら、やっぱり僕が心の中に描いていたのと寸分違わない木なんです。それは、人生の中のひとつの道標に出会った、航海の船が島を見つけたような、そんな感激がありましたね。それで、それまで撮っていた他の木のことを、いっさい忘れちゃいまして。
 でも、当時は写真を始めたばかりでお金もなくて。本当は1年くらいこの木のそばにいたい。せめて月に何度かこられれば、うまく撮影できたんでしょうけど。東京でアルバイトして、お金がたまったらまた撮影にくる、ということをしてましたから、結局この木を撮るのに4年近くかかってしまったんですね。
 この河川敷は牧草地で、時々牛を放牧していたんです。だから、この本の月夜のページにも、よく見ると牛がいます(笑)。雪が降っているページがありますが、これなんかもう、全然撮れなかったんですよ。十勝って気温が低くて、雪が細かいんです。粉雪で、小麦粉まいてるんじゃないかっていうくらい、小さなつぶ。写らないんですよ。これはだめかと思いましたね。11月だったら、気象条件によっては雪のつぶが大きい日もあるんじゃないかと、そういう時に何度も通って撮りました。ただ、この木を撮影していた時間というのは、僕の人生の中では非常に幸福な時間だったと思います。
 この河川敷は、もともと原生林だったそうです。この本が出た後で、ここを最初に開拓した方からお電話をいただきました。その人が牧場として利用しようと森の木を切っていった。だけどこの木に出会った時に、本当に神々しさを感じて、「この木は切れない」と思ったそうなんです。
 (「こどものとも年中向き」2002年3月号折込付録より一部を再録)

姉崎一馬(あねざき かずま)
1948年、東京に生まれる。少年時代を、北海道の札幌市郊外で過ごし、生物の世界にひかれて写真を撮りはじめる。東京農業大学造園学科卒業後、フリー写真家。理科や社会の事典、図鑑などの仕事のかたわら、博物誌的な自然観でとらえた自然写真を撮り続けている。『はるにれ』がはじめての写真絵本。ほかに『なつのかわ』(福音館書店)、『雑木林』『ブナの森』『姉崎一馬の新自然教室』(以上、山と溪谷社)、『ふたごのき』(共著・偕成社)などがある。学生の時から続けている子どものための自然体験教室を、現在山形県の朝日連峰山麓でおこなっている。

12月 9, 2005 1978年, エッセイ | | コメント (1) | トラックバック (0)

1978(昭和53)年度にあったこと

キャンディーズさよならコンサート(後楽園球場)に5万人が集まる。(4月)
東京池袋に日本最高の60階建て「サンシャイン60」が開業。(4月)
大韓航空機が北極圏を飛行中にソ連の領空を侵犯したとして強制着陸させられ、銃撃戦で日本人1人を含む2人が死亡。(4月)
新東京国際空港(成田空港)開港。(5月)
宮城県沖地震、仙台を中心に東北・関東地方を襲う。死者28人、負傷者1325人。(6月)
東京両国の「隅田川花火大会」が17年ぶりに復活。(7月)
日中平和友好条約調印。(8月)
京都の市電が全廃される。(9月)
青木功がゴルフの世界マッチプレー選手権で日本男子初の海外優勝。(10月)

南米ガイアナで新興宗教「人民寺院」の914人が集団で服毒自殺。(11月)
江川卓がプロ野球ドラフト制度の「空白の1日」を主張し巨人と入団契約したが認められず、球界紛糾。(交渉権を得た阪神にいったん入団し、巨人の小林繁選手とトレードして巨人入りすることとで決着。79年1月)(11月)
第一次大平正芳内閣成立(12月)
米国のダグラス社とグラマン社が航空機の売り込みに関連して日本政府高官などへ販売促進料やコンサルタント料として多額の手数料を支払っていた疑惑が発覚。「第二のロッキード事件」として政界を揺るがした。(1月)
大阪の三菱銀行北畠支店に猟銃を持った男が押し入り人質をとってたてこもり、行員2人、警官2人を射殺。犯人は射殺された。(1月)
渡部絵美が世界フィギアスケート選手権で、日本女子初の銅メダル獲得。(3月)


主なベストセラー:『和宮様御留』有吉佐和子(講談社)、『不確実性の時代』ガルブレイス(TBSブリタニカ)、『不毛地帯』山崎豊子(新潮社)
テレビ:『銀河鉄道999』(フジテレビ)、『西遊記』(出演 夏目雅子・堺正章・西田敏行・岸部シロー他・NTV)、『演歌の花道』(東京12チャンネル)、『熱中時代』(主演 水谷豊・NTV)など放送開始。
新商品:ウェットティッシュ(和光堂)、レーザーディスク・プレーヤー(パイオニア)、ステンレス製魔法瓶(日本酸素)
ヒット曲:『UFO』『サウスポー』『モンスター』ピンク・レディー、『君のひとみは10000ボルト』堀内孝雄、『微笑がえし』キャンディーズ
この年に登場したもの:ゲーム「スペースインベーダー」(タイトー)、米国産サクランボ(輸入自由化)、初の日本語ワードプロセッサー(東芝)、「いい日旅立ち」キャンペーン(国鉄)

福音館書店では:少年少女向き物語シリーズ「福音館土曜日文庫」刊行開始(『ゲラダヒヒの紋章』『スッパの小兵太』4月)

12月 9, 2005 1978年, そのころあったこと | | コメント (1) | トラックバック (0)

ひつじのむくむく

1978年4月号
030265

村山桂子 さく 太田大八 え

ヒツジのむくむくは、畑で種まきをしているお百姓に、「おじさんあそんでよ」といいますが、「だめだめ、わたしはいそがしい」と遊んでもらえません。おかみさんもメウシもブタもメンドリも、みんないそがしがって遊んでくれません。しかたなく道を歩いていると、オオカミが「森へいって遊ぼう」といったので、むくむくはついていってしまいます。危機一髪で助けにきてくれたのは……。

「こどものとも」265号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (4) | トラックバック (1)

ねずみたいじ

1978年5月号
030266

西内みなみ 作 和歌山静子 画

海辺の村にのんびり暮らしているおじいさんとネコの家に、ネズミがやってきました。ネズミは天井裏に住みつき、おむすびやめざしから米俵、しまいには家財一切を持っていってしまいます。ネコはネズミにまったくたちうちできず、どこかへ出ていこうかと考えますが、おじいさんはあわてず騒がず、火事よりはずっとましだといいます……。『のんびりおじいさんとねこ』の第2作。

「こどものとも」266号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

でんしゃがはしる

1978年6月号
030267

山本忠敬 さく・え

山手線の電車は東京の町をぐるぐるまわって走っています。外回りの電車は品川駅を出ると、京浜急行と立体交差、貨物列車とすれちがい、五反田駅では池上線と、目黒駅では目蒲線と出会います。渋谷、新宿、池袋、上野、神田、東京……と、山手線の電車がいろいろな電車とすれ違ったり、併走したりしながら、一周する様子を、山本忠敬が描きます。

「こどものとも」267号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

七がつエイサー

1978年7月号
030268

儀間比呂志 作・画

ぱあらん、ぱあらん! 沖縄のやんばるに住むヌマガエルが太鼓をたたいて踊ります。太鼓をたたけば害虫がころりと落ちる。豊年満作を願い、ご先祖様に感謝する沖縄の盆踊り「七月エイサー」。動物も人間もいっしょになってにぎやかに太鼓をたたき、歌い踊ります。沖縄のバイタリティあふれる祭りの雰囲気を存分に伝える絵本です。

「こどものとも」268号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

せんたくかあちゃん

1978年8月号
030269

さとうわきこ さく・え

いいお天気のある日、洗濯が大好きなせんたくかあちゃんは、家中の洗濯物をすっかりあらってしまうと、イヌもネコもニワトリも子どもたちも、みんなつかまえて洗濯してしまいました。全部ほしたところに雷が鳴って、かみなりさまが落ちてきました。せんたくかあちゃんがかみなりさまも洗濯してしまうと……。さとうわきこの「こどものとも」でのデビュー作です。

「こどものとも」269号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1982年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (2)

とぶ

1978年9月号
030270

谷川俊太郎 作 和田 誠 画

空を飛ぶ夢を見たまことは、次の朝、空が飛べるような気がして、軽い気持で走ってみると、ふわりと空に浮かびます。だんだんコツをつかみ、牧場の上、町の上を飛び、雲の中を泳ぎます。おしまいに宙返りして着地。友だちのあこちゃんに「どうやったら空を飛べるの」と聞かれたまことは……。『あな』に続く谷川・和田コンビの「こどものとも」第2弾。

「こどものとも」270号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念出版「こどものともセレクション」の1冊として刊行されました。

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのおきゃくさん

1978年10月号
030271

田中秀幸 作・画

若いコックさんが町はずれに小さなレストランを開店しましたが、お客さんはひとりもきません。はじめて注文を受けてホットケーキを森の小屋に届けると、イノシシやキツネやウサギなど動物たちが集まってクマさんの誕生祝いをしています。でもホットケーキ1皿だけではと思ったコックさんは、みんなをお店に招待して、腕をふるってごちそうをたくさん作ります。

「こどものとも」271号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (7) | トラックバック (0)

ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします

1978年11月号
030272

ささきまき さく・え

ムッシュ・ムニエルはヤギの魔術師。たいへんいそがしいので、町の少年をひとりさらって弟子にしようと、小さな瓶を変な魚の姿を変えて空に放ちます。目をつけられた少年は仲良しの少女と夕方の波止場で船を見ていましたが、魚の形のふしぎな舟が海の中から浮かびあがってきたので、乗ってみたくなり……。ユーモラスでちょっと不気味なムッシュ・ムニエルの登場する第1作目の絵本です。

「こどものとも」272号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かじやとようせい

1978年12月号
030273

スコットランドの昔話 三宅忠明 再話 荻 太郎 画

むかしある村に鍛冶屋が住んでいました。その息子が病気になり、いつまでたってもよくならないので、心配になった鍛冶屋が物知りの老人にたずねると、息子は妖精と入れ替わっているのかもしれないといわれます。老人のいうとおりに正体を現した妖精を追い出すと、鍛冶屋は連れ去られた息子を取りもどしに、妖精の丘に向かいます。スコットランドの神秘的な昔話です。

「こどものとも」273号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

はるにれ

1979年1月号
030274

姉崎一馬 写真

草原に一本だけ立つはるにれの大木。朝の光をあびて青空にそびえ、暮れなずむ夕映えの空にシルエットを浮かびあがらすはるにれ。冬の吹雪に耐え、雪原にたたずむはるにれ。春が訪れ、葉を繁らせるはるにれ。一本の大木の四季の姿、様々な時刻、様々な天候の中の姿を写した写真で構成した、文字のない絵本です。自然の驚異に目を瞠らせるとともに、ふしぎな安らぎをあたえてくれます。

「こどものとも」274号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1981年に「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として刊行され、現在も販売されています。
著者姉崎一馬さんのインタビューはこちらからご覧ください。

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう ミケット

1979年2月号
030275

パトリス・アリスプ さく・え やまぐちともこ やく

ぬいぐるみのネコのミケットといつもいっしょの女の子。朝ごはんもトイレも着替えも、公園のすべり台の逆のぼりも、いつでもいっしょ。でも、おつかいにいったらミケットがいなくなっちゃった。でも大丈夫、おもちゃ屋さんの自転車にのっていた。夜は夢の中でも……。フランス人画家が娘の日常の姿を愛情を込めて描いた「こどものとも」オリジナル作品です。

「こどものとも」275号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

げんたとやまんば

1979年3月号
030276

松野正子 さく 平山英三 え

山奥に住むげんたは、塩売りじいさんがきたらそば粉と塩をとりかえてもらうよう母さんにいいつけられました。ところがじいさんがもってきたお面がほしくなってそば粉ととりかえてしまいます。両親にしかられたげんたは、お面をかえしにじいさんを追っていきましたが、藪の中で山姥にさらわれてしまいます……。知恵と勇気で山姥をうち負かす、元気な男の子の物語です。

「こどものとも」276号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

1978年

1978年度は「年中向き」の新作はありません。

12月 9, 2005 1978年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)