2005/12/02

新しい物語絵本の展開(2)    時田史郎

 前回ご紹介した『はじめてのおつかい』は、「こどものとも」1976年3月号でしたが、今回ご紹介するのはその次の号、1976年4月号の『こすずめのぼうけん』です。
 この物語は、石井桃子さんが1974年5月に岩波ホールで行った講演のなかで、「イギリスの作家たちのものを読んでいると、じつによい幼児のためのお話を書くひとがあるので驚きますが、(中略)そういうお話の例として」紹介されたものです。その速記録を読んだときの小躍りしたくなるような気分をいまでも覚えています。こういう物語こそ、「こどものとも」で絵本化したいと思いました。(この講演はのちに加筆訂正されて「子どもの館」(1975年1月号、福音館書店)に掲載されました)
 この物語には幼児のためのすぐれたお話(文学)がもっている要素、発端の必然性、繰返しと繰り返されるたびに高まっていく緊張感、幸せな結末、そして、それらの要素ひとつひとつにリアリティー(絵空事でなく、実際にあったかのような、あるいは実際あってもおかしくないという真実味)があり、石井さんが講演のなかでわざわざとりあげた理由もよくわかります。

 そこでまず、石井さんに絵本化の許可をいただき、原作者の使用許可も受け、石井さんとも相談のうえで、堀内誠一さんに絵をお願いすることにしました。
 堀内さんは当時パリに住んでいらっしゃいましたが、私は「こどものとも」の編集長を引き受けたときから、幼い子どもにとってほんとうに好ましい物語絵本のあり方といったことについて、手紙でいろいろ教えていただいていました。ある手紙に「やはり、(物語絵本の)基本となるのは、テキストというか、コトバだと思います」と書かれていました。さまざまな作家の、さまざまなテキストに絵をつけて、子どもたちに歓迎される絵本を数多く創ってきた画家堀内誠一さんの心からの言葉だと思いました。
 そして、石井さんの訳されたこのテキストだったら堀内さんも気に入ってくださり、この物語にふさわしい絵を描いてくださるに違いないとの確信が、その時の私にはありました。

 しかし、「この物語にふさわしい絵」と語ることは簡単ですが、画家の実際の仕事はそう簡単なことではありません。堀内さんは、どんな絵がこの物語にふさわしいのか、幾度も幾度もスケッチをし、構想を練り上げ、時には描きあげた絵さえ廃棄して描きなおすといったことを繰りかえして、描きあげてくださいました。一例をあげれば、さきほど申しあげたようにこの物語の素晴らしさのひとつにリアリティーということがあげられますが、だからといってあまりにも写実的な絵では、物語のおもしろさが生き生きと伝わってきません。どこまで現実の「すずめ」なり、物語の舞台となっている「田園」をデフォルメするのが好ましいのか、堀内さんはそのバランスにずいぶんと苦心なさっていました。物語を解釈し、ときには解説し、ときには膨らませ、しかも全体として抑制をきかせながら、子どもの心に届く魅力的な絵本と仕立てていくことはなかなかたいへんな作業だとあらためて感じました。
 しかし、完成した『こすずめのぼうけん』を手にとって見ると、この物語には、この絵しか考えられないという思いがします。堀内さんが最初からこの表現方法を思いつかれ、一気に描きあげられたようにしか思えません。ほんとうに優れた絵本というものは、きっとそういうものだと思います。

 ところで、物語絵本では、絵の印象でその良し悪しが語られることも少なくありませんが、絵の良し悪しを決定づけるのは、なんといっても物語の質だと思います。もとになる物語が画家の制作意欲をかきたてるような質のものでなければ、適当に描かれた絵しか望めないでしょう。そういう意味でも堀内さんの「やはり、(物語絵本の)基本となるのは、テキストというか、コトバだと思います」という言葉は、物語絵本を考える時の重要なポイントだといえるでしょう。

時田史郎(ときた しろう)
1943年、東京に生まれた。早稲田大学卒業後、福音館書店に勤務。1975年より1983年まで「こどものとも」編集長を務める。民俗学に造詣が深く、特に、昔話と、昔話の採集・再話者であった佐々木喜善の研究をしている。絵本の再話に『うらしまたろう』(福音館書店)がある。神奈川県在住。

12月 2, 2005 1977年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1977(昭和52)年度にあったこと

領海法(12カイリ)・漁業水域暫定措置法(200カイリ)公布。(5月)
北海道三井芦別炭鉱ガス爆発事故、25人が死亡。(5月)
樋口久子が全米女子プロゴルフ選手権で日本人として初の優勝。(6月)
和歌山県有田市で集団コレラ感染。99人が感染し、うち真性コレラ患者は23人で1人が死亡。(6月)
第11回参議院議員選挙(自民党過半数維持、与野党逆転せず)。(7月)
ニューヨーク市周辺で2日間にわたり大規模な停電。非常事態宣言発令、パニック状態となる。(7月)
北海道洞爺湖南岸の有珠山が噴火。温泉街周辺に噴石、火山灰が降り、被害甚大。(8月)
エルビス・プレスリーが心臓麻痺により急死(享年42才)。(8月)
世界自転車競技選手権のプロ・スクラッチで日本の中野浩一が初優勝。この後、1986年まで10連覇。(8月)

王貞治が通算756本塁打を記録、H・アーロンの米大リーグ記録を破り、国民栄誉賞の第1号受賞者となる。(9月)
日航機がインド・ボンベイを離陸直後「日本赤軍」の5人にハイジャックされ、バングラデシュのダッカ空港へ強行着陸。日本政府は「超法規的措置」で拘留中の同士9人の釈放と身代金600万ドル支払いを受諾。アルジェで人質解放、投降。(9月)
奥寺康彦、日本人で初のプロ・サッカー選手としてドイツのFCケルンでプレー。(10月)
在日米軍、東京の立川基地を全面返還。(11月)
チャールズ・チャップリンが死去(享年88才)。(12月)
伊豆大島近海地震(M 7.0)が東海・関東を襲う。死者25人。(1月)


主なベストセラー:『間違いだらけのクルマ選び』徳大寺有恒(草思社)、『ルーツ』A・ヘイリー(社会思想社)、『エーゲ海に捧ぐ』池田満寿夫(角川書店)
テレビ:『ザ・ベストテン』(TBS)放送開始。
新商品:「マイルドセブン」(日本専売公社)、「ローファット牛乳」(雪印乳業)、簡易印刷機「プリントゴッコ」(理想科学)、紙おむつ「パンパース」(P&G)
ヒット曲:『渚のシンドバッド』『ウォンテッド』ピンク・レディー、『青春時代』森田公一とトップギャラン、『勝手にしやがれ』沢田研二
この年に登場したもの:日本初の気象衛星「ひまわり」(宇宙開発事業団)

福音館書店では:2〜3才向きの月刊絵本「年少版こどものとも」創刊(4月)。

12月 2, 2005 1977年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

3じのおちゃにきてください

1977年4月号
030253

こだまともこ さく なかのひろたか え

まりちゃんは、小川を流れてきた笹舟にお茶会への招待状と地図がついているのを見つけて、そこにいくことにしました。途中で出会った、おつかい帰りのゆきとくんや、砂糖を運んでいるアリ、くるみを食べていたリス、粉を背負ったロバなどもいっしょになって歩いていくと、カエルの“みどりのみどり”がケーキを作って待っていましたが……。3時のおやつが待ち遠しくなる絵本です。

「こどものとも」253号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (3)

66このたまご

1977年5月号
030254

おくやまたえこ さく え

森のはずれに住むおばあさんの家の両脇には大きな木がそびえていて、たくさんの小鳥が巣をつくっていました。おばあさんは巣の中の小鳥の卵を数えるのを楽しみにしていましたが、ある日、彼らの66この卵が全部なくなってしまったのを知ってびっくりしました。おばあさんは森の中に探しにいきましたが……。野鳥や森の木や草花をていねいに描いた美しい絵本です。

「こどものとも」254号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

とりかえっこ する?

1977年6月号
030255

いぬいとみこ さく 大友康夫 え

胸当てのついた赤ちゃんズボンをはいている弟ネコのほしは、お兄ちゃんのベルト通しのあるズボンがうらやましくてたまりません。“とりかえっこする?”と歌いながら自転車で走っていくと、池のヒキガエルとズボンを交換することになりました。そのあとカエルの水泳ズボンをモグラの仕事ズボンと、次にモモンガの飛行機ズボンと交換し……。変身の楽しさと兄弟の心の通い合いが描かれます。

「こどものとも」255号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

しんりんてつどう

1977年7月号
030256

みねむらかつこ さく・え

蒸気機関車に引かれた森林鉄道の列車は、材木を積んだり人や荷物を乗せて、山の村とふもとの町の間を1日に何度もいったりきたりしています。朝、町の学校に通う村の子どもたちが乗って列車は出発しました。途中で急病人を乗せると、急なカーブの続く線路を大急ぎで走ります……。山に暮らす人々の生活と仕事を支える森林鉄道を、墨一色で力強く描きます。

「こどものとも」256号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

すてきなバスケット

1977年8月号
030257

小沢 正 作 佐々木マキ 画

はらぺこのオオカミは森の中で、子ブタと子ウサギを見つけました。2ひきは楽しそうにおしゃべりしながらバスケットからキャベツとニンジンを出して食べています。オオカミは襲いかかりますが、木の根っこにつまずいて2ひきに逃げられてしまいました。ところが残されたバスケットは望みのものが出てくる魔法のバスケットだったのです。愉快な物語に佐々木マキが絵を描きました。

「こどものとも」257号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

はずかしがりやのおつきさん

1977年9月号
030258

すずきこうじ さく・え

まんまるの月が野原を照らしている夜、ウマのロシナンテがその光の中で手紙を書いていました。あんまり月が明るいので、馬車の中で寝ていた女の子のギューリーちゃんもネコのダイナもイヌのイワンも、みんな目を覚まして月をじっと見つめました。すると月は恥ずかしがって雲に隠れてしまいました。ロシナンテはギターを手に取ると……。群青色だけで月明かりの世界が描かれています。

「こどものとも」258号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

もりのえほん

1977年10月号
030259

安野光雅 え

木の枝と葉、幹の肌の模様、ペン画で細かく描かれた森の風景に目をこらすと、ネコ、リス、サイ、ブタ、ウサギ、ラクダ……見開きの画面の中に、たくさんの動物たちの姿が浮かびあがってきます。絵さがしの醍醐味をたっぷり味わえる、安野光雅の隠し絵絵本です。

「こどものとも」259号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1981年に「安野光雅の絵本」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おふろやさん

1977年11月号
030260

西村繁男 作

あっちゃんは家族でお風呂屋さんに出かけます。お父さんと一緒に男湯に入ったあっちゃんは、友だちを見つけました。体を洗い、髪を洗ってもらったら、友だちと遊んで、湯舟であたたまります。3人組の男の子がはしゃぎまわって、おじいさんに叱られています。女湯からお母さんの声が聞こえて……。字のない絵本ですが、絵を見ているだけで人の会話やお湯の音の聞こえてくるようです。

「こどものとも」260号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1983年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタクロースのプレゼント

1977年12月号
030261

久保三千子 さく 内山 正 え

サンタクロースはプレゼントを配り終わって帰る途中、森の入り口で雪の上についた3つの足跡を見つけました。足跡をたどっていって巣を見つけ、子ネズミにはタンバリンを、子ウサギには人形をあげましたが、子リスにプレゼントをあげようとしたら袋はもうからっぽ。そこでサンタクロースがその場で手作りしたプレゼントは……。サンタクロースのやさしい気持が伝わってくる絵本です。

「こどものとも」261号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (0)

さんまいのおふだ

1978年1月号
030262

新潟の昔話 水沢謙一 再話 梶山俊夫 画

寺の小僧は山へ花を切りに出かけましたが、日が暮れて道に迷い、白髪のお婆の住む一軒家に泊めてもらいました。ところが夜中に目を覚ますとお婆は恐ろしい鬼婆になって小僧を食べようとしています。小僧は便所にいきたいといってその手を逃れ、便所の神様から3枚の札をもらって逃げだします。語り口調をいかした再話による、スリルとユーモアをかねそなえた昔話の絵本です。

「こどものとも」262号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1985年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いたずらおばけ

1978年2月号
030263

イギリス民話 瀬田貞二 再話 和田義三 画

昔、ひとりぐらしの貧乏なおばあさんが家に帰る途中、道端で金貨の入った壷を見つけました。すっかり豪勢な気分になり、壺をショールに結わえて引いて帰りましたが、一休みしてふりかえって見ると、壷は銀のかたまりに変わっています。このほうが気が楽だと思ってまた歩いていくと、次にふりかえった時には鉄に、次には石に、あげくのはてに……。楽天的で豪快なおばあさんのお話です。

「こどものとも」263号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

きつねのおはなはん

1978年3月号
030264

中川正文 さく 二俣英五郎 え

お寺にいるキツネのおはなはんはハイカラなべっぴんさんに化けて歩きまわるのが得意でした。村人はばかにしていましたが、マンケはんのおっさんは娘のおたみをハイカラにしようとお寺に連れていきました。おはなはんは英語やお金の勘定や歩き方を教えてくれるのですが、雪の日の翌日、おたみは高熱を出してしまい……。いっぷう変わったキツネのお話です。

「こどものとも」264号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (0)

1977年

1977年度は「年中向き」の新作はありません。

12月 2, 2005 1977年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)