2005/11/18

<作家インタビュー>『ごろごろにゃーん』が生まれた日   長新太

 猫は、ふだんから鳥とか見ていて、「空を飛んでみたいなあ」と思ってるんですよ。同志を集めて。飛行機も、彼らのイメージだから魚っぽいんですね。手が出てくるページがあるでしょ。「どういう意味だかわからない」って、よく抗議を受けるんですが、いってみれば心象風景なんです。猫は、その辺にいても、いつも恐怖にさらされているわけでしょ、人間の。だから、空を自由に飛んでいろんなものを見てみたい、という気持ちは、ふだん猫が考えていることなんですよ。(笑)
 
 猫の声と飛行機の音をかけて「ごろごろ」なんです。医者に行って、「おなかが痛い」っていうと、「どういうふうに痛いか」と聞かれるんですが、それを具体的にいうのは難しい。僕が行ってる医者は、わざと人を試そうと聞くときがあるんですね。「どう痛いのか、うまく表現してください」って。こっちも「しくしくしてて、そこにちょっとちくちくが入って、しくちく」「ちくちくまではいかないから、ちーくちーく、ぐらいかな」とか答えて。
 言葉はおもしろくて難しい。猫が歩いてくるのと、犬が歩いてくるのでもちがうはず。それを音にあらわすとき、いろいろ考えなきゃ。絵本の文章は、いつも神経を使います。『ごろごろにゃーん』は、どのページも文章が一緒だから、「手抜きだ」「いい加減だ」って怒られちゃうんだけど。(笑)

 大人はどうしても、理屈の通ったものでないと信用しない、という面が強いですね。もちろん、「ためになる絵本」もあっていいんだけど、「意味はないけれどもすごくおもしろい、ユーモアがあって子どもが本当に喜んで笑っちゃう」、そういう本も重要だと思うんです。どうしても笑いとかユーモアが軽んじられ、生真面目なものが最高、という考えがある。そうなると、大人のところでストップされてしまって、子どもの手もとに届かないんですよ、僕の絵本。
 僕は40年くらい、この仕事をしているんだけど、ずっとそういうことで悩んできたような気がします。あんまり悩んでも健康によくないけど。(笑)

 日本にも昔から「笑い」の文化があったし、僕の子どもの頃、昭和ひとけたの話だけど、「少年倶楽部」で「冒険ダン吉」や「のらくろ」が圧倒的な人気を博している一方で、「長靴三銃士」なんていう漫画があって、頭に長靴くっつけてるのが三人出てきて、絵にしてもお話にしても、前衛的でおもしろかった。僕にとってはそういうのが印象的で、今でも覚えている。どこかにそういうのが残ってて、原動力みたいになって、ずうーっと動いている、という感じがありますね。

 小さな子どもの視点はすごい。僕はそういう人たちを相手に本を描いている。僭越な気がします。言ってみれば、先生に対して自分の絵を見せているような。だから、子どものすごいところ、エッセンスを、全部自分の中に集めちゃって、そこからまた、ぐわっと出して創作しよう、という気持ちがあります。ヘンリー・ミラーの画集で『描きたいように描いて、幸せに死ね』というタイトルのがあるんですが、「ああ、それが一番いいんじゃないかなあ」って。人が何といおうと、自分で好きなものを描いて、それに子どもが共感を持ってくれたら、一番幸せ。

(「こどものとも年中向き」2000年7月号折込付録より一部を省略して再構成しました)

長 新太(ちょう しんた)
1927年、東京に生まれる。東京都立蒲田工業高校卒業。1948年東京日日新聞の連載漫画に採用され、それを機会に1955年まで東京日日新聞の嘱託となる。以後は独立して、絵本、イラストの仕事で大活躍。『新聞ができるまで』(「小学生文庫」小峰書店 1955)が最初の挿絵の仕事で、『がんばれさるのさらんくん』(「こどものとも」24号 福音館書店 1958)が絵本のデビュー作。1959年『おしゃべりなたまごやき』(「こどものとも」35号 福音館書店)で第5回文藝春秋漫画賞、1981年『キャベツくん』(文研出版)で第4回絵本にっぽん賞、1984年『ぞうのたまごのたまごやき』(福音館書店)で第33回小学館絵画賞、など受賞。他にも多数の著作がある。
(福音館書店で現在販売中の作品はこちらからご覧下さい)

11月 18, 2005 1975年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1975(昭和50)年度にあったこと

イギリスのエリザベス女王ご夫妻、来日。(5月)
エベレスト日本女子登山隊の田部井淳子、女性として世界初の登頂に成功。(5月)
国連、初の国際婦人年世界会議を開催。(メキシコ市・138ヵ国参加)(6月)
ウィンブルドン大会(全英オープン・テニス大会)で沢松和子・アン清村組が、女子ダブルスで優勝。(7月)
六価クロム公害事件:日本化学工業工場跡地の六価クロム汚染が告発され、従業員が職業病にかかり、肺ガンで死亡していたことも判明した。これらをきっかけに、クロム鉱滓が全国各地に未処理のまま埋め立てられていることが発覚して、六価クロム公害が大きな社会問題となった。(7月)
沖縄国際海洋博覧会が開幕。(36ヵ国参加)(7月)
パルプとレーヨンのメーカーである興人が倒産。負債総額は2000億円で戦後最大の倒産となった。(8月)

天皇・皇后両陛下、初の米国訪問に出発。(9月)
第1回主要先進国首脳会議(サミット)、フランスのランブイエ城で開催。(11月)
公労協、三公社五現業全てが参加する史上最大規模の「スト権奪還スト」に突入。(国鉄全線8日間ストップ)(11月)
北海道・幌内炭鉱ガス爆発事故。作業員ら24人が死亡、7人が重軽傷。(11月)
鹿児島で日本初の五つ子が誕生。(1月)
ロッキード事件発覚:米上院外交委員会で、ロッキード社が旅客機トライスターや対潜哨戒機を売り込むために1,000万ドルの工作資金を使って日本など各国の政府高官に働きかけてきた事実が発覚。衆議院予算委員会でも、全日空社長や丸紅会長などの証人喚問が行われ、その後田中前首相の逮捕(7月)にまで発展した。(2月)


主なベストセラー:『播麿灘物語』司馬遼太郎(新潮社)、『複合汚染』有吉佐和子(新潮社)
テレビ:『欽ちゃんのドンとやってみよう』(フジテレビ)、『Gメン75』(TBS)、『大草原の小さな家』(NHK)、『クイズダービー』(TBS)、『徹子の部屋』(NET・現テレビ朝日)など放送開始。
新商品:100円ライター「チルチルミチル」(東海精器)、家庭用VTR「ベータマックス」(ソニー)、「チップスター」(ヤマザキ・ナビスコ)、「ポテトチップス」(カルビー)
ヒット曲:『昭和枯れすゝき』さくらと一郎、『シクラメンのかほり』布施明、『思い出まくら』小坂恭子
この年に登場したもの:「指名打者(DH)制」(プロ野球パ・リーグ)、「禁煙タイム」(国鉄・都内5駅)、「X線コンピューター断層撮影(CTスキャン)」(東京女子医大)、「プッシュホンの公衆電話」(電電公社)

11月 18, 2005 1975年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこのごんごん

1975年4月号
030229

大道あや さく・え

腹を空かして歩いていた小さな野良ネコは、おいしそうな匂いがしてきたので、ある家にあがりこみましたが、その家の年寄りネコ・ちょんに、ごんごんと名付けられ、その家に住みつくことになりました。ちょんから、「何ごとも自分で覚えるが肝心」といわれて、扉の開け方、木の下り方などを学びながら、ごんごんは成長していきます。60歳から絵を描きはじめた大道あやの初めての絵本です。

「こどものとも」229号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (3) | トラックバック (0)

おばあさんのいないまに

1975年5月号
030230

なかのひろたか さく・え

おばあさんに留守番をたのまれた白いネコが、ひとりで大きなホットケーキを焼いていると、匂いをかぎつけたカラスが煙突からたくさん入ってきました。一緒に大騒ぎして食べたあと、煙突を抜けて外にでると、白いネコは真っ黒の“カラスネコ”になっていました。でもカラスと一緒に「宙返りとび」をして遊んでいるうちに雨がふってきて……。ネコとカラスのやりとりが愉快な絵本です。

「こどものとも」230号
19×26 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくがとぶ

1975年6月号
030231

ささきまき さく・え

ぼくは、木をけずってたくさんの小さな部品を作り、組み立てて布を張り、塗料をぬりエンジンを積んで、本当に空を飛ぶ飛行機を作りました。失敗して墜落もしたけれど、作り直して空へ飛びたちます。野山や町や砂漠を越えて、昼も夜も飛びつづけ、オーロラの光る空の下でセイウチの群れに出会いました。物を作りあげる楽しみと空を飛ぶ夢を満喫させる、佐々木マキの絵本第2弾です。

「こどものとも」231号
26×19 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おにより つよい おれまーい

1975年7月号
030232

サトワヌ島民話 土方久功 再話・画

おれまーいは生まれるとすぐはいはいができ、4日たつと歩きはじめ、1日1日と大きくなって、村一番の力持ちで乱暴者の子どもになりました。おれまーいを恐れた村人たちは、彼を殺してしまおうと手をつくし、ついには、恐ろしい鬼の住む島に置き去りにしました。ところがおれまーいは鬼を倒し、鬼の船をもらって再び村に帰ってきたのです。土方久功が自ら採集したサトワヌ島の昔話です。

「こどものとも」232号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねずみのハーリー

1975年8月号
030233

儀間比呂志 さく・え

ネコ王の誕生祝いで、この世で一番大切なものは何かと問われ、ネコのけらいたちは「ネコ王こそ国の宝」と答えますが、ネズミの頭は「水をくださる神様です」と答え、島流しにされてしまいました。ところがネコ王の島は日照りに苦しむこととなり、神のお告げでネズミの頭を連れもどすために、3艘のハーリー(竜舟)が島にむかいましたが……。海神祭の由来を昔話をもとに創作した物語です。

「こどものとも」233号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ひつじかいとうさぎ

1975年9月号
030234

ラトビア民話 うちだりさこ 再話 すずきこうじ 画

羊飼いは、森でつかまえたウサギが囲いをぬけだし森に逃げたので、追いかけていきました。出会ったオオカミにウサギを捕まえてくれと頼みますが、オオカミは「自分でつかまえな」と知らんぷり。次に会ったこん棒にオオカミを殴ってくれと頼んでもだめ。火にこん棒を焼いてくれといってもだめ。川も、ウシも知らんぷり。でもクマは……。スズキコージの「こどものとも」デビュー作です。

「こどものとも」234号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

くいしんぼうのあおむしくん

1975年10月号
030235

愼 ひろし 作 前川欣三 画

空の色をした変な虫がまさおの帽子を食べていました。そのあおむしはくいしんぼうで、おやつでも紙くずでも、何でも食べてどんどん大きくなりました。町のゴミを全部食べてしまうと、とうとう町ごとパパやママもみんな食べてしまったのです。仕方なくふたりは旅にでましたが、あおむしは出会うものすべてを食べつくし、ついに地上には何もなくなって……。壮大なスケールのSF的な物語。

「こどものとも」235号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は2000年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (3)

はないくさ

1975年11月号
030236

小林保治 ぶん 平山英三 え

昔、ある秋の日の京の都で、子どもたちが摘んできた花を比べあっていました。けれども、どれもオミナエシだったので、白菊を摘みにみんなで野原に行くことにしました。ところが、野原にあらわれたオミナエシの精は、子どもたちが白菊をほしがることに腹をたて、他の花の精たちも引きつれて、白菊を散らそうとします。そこにあらわれた白菊の翁は……。謡曲をもとにした物語です。

「こどものとも」236号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

つきよのばんのさよなら

1975年12月号
030237

中川正文 さく 太田大八 え

夜、父親が湖に魚を捕りにいっているあいだ、たろうは一人で留守番をしていました。戸をたたくものがいるので開けてみると、クマの親子が軽く頭を下げ去っていきました。たろうはそのクマが、去年の夏、庭で干していた梅干しを食べていたのを見逃してやったクマだったと思いだしました。あの時お腹にいた子どもが生まれたのだろうと……。静かな月夜の晩の心にしみるお話です。

「こどものとも」237号
26×19cm 32ページ 当時の定価200円

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ごろごろ にゃーん

1976年1月号
030238

長 新太 作・画

ごろごろ鳴るお魚型の飛行機に、にゃーんにゃーんと鳴くネコたちがゴムボートから乗りこんで、ごろごろにゃーん、ごろごろにゃーんと、飛行機は飛んでいきます。魚を釣り、マッコウクジラのジャンプする海を飛びこえ、UFOに出会い、ビルの上を、鉄橋の下を、ネコを乗せた飛行機は、どこまでもどこまでも飛んでいきます。長新太の真骨頂を見せる、斬新で愉快な絵本です。

「こどものとも」238号
19×26 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1984年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。
長新太さんのインタビューはこちらからご覧ください。

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

だいふくもち

1976年2月号
030239

田島征三 作

怠け者のごさくは、ある晩、自分を呼ぶ声に家の中をさがしてみると、床下に300年も住みついているという大福餅を見つけました。その餅は小豆を食わせると次々と小さな大福餅を産みます。その餅を売りだすと、うまいうまいと評判になり、ごさくは大金持ちになりました。ところが、ごさくが欲張って山盛りの小豆を大福餅の上に積みあげて食わせたために……。

「こどものとも」239号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1977年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめてのおつかい

1976年3月号
030240

筒井頼子 さく 林 明子 え

みいちゃんはお母さんに、初めておつかいを頼まれました。百円玉を二つしっかり握りしめて家を出ると、友だちに出会ったり、坂道でころんだりしながら、お店につきました。なかなか声をかけられませんでしたが、思い切って大きな声を出し、無事牛乳を買うことができました。はじめておつかいをする子どもの、緊張感や達成感などの心の動きを、さわやかに描いています。

「こどものとも」240号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

この絵本は1977年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (2)

1975年

1975年度には「年中向き」の新作はありません。

11月 18, 2005 1975年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)