2005/10/28

「こどものとも」200号を越えて   征矢 清

 わたしが「こどものとも」の編集を担当したのは4年とちょっとでしたが、「こどものとも」の流れのなかで大きな節目の時期であったと思います。企画から関わったのは1971年の4月号『るるのたんじょうび』(181号)から1975年4月号の『ねこのごんごん』(229号)までですが、その間に200号記念という「こどものとも」の歩みをふり返らせてくれる行事がありました。「こどものとも」が生まれて最初の10年ほどに、ほとんどの傑作が並んでしまっていて、そのあとを受け継ぐ者にとっては大変なプレッシャーを感じさせてくれるものでした。新しい時代の絵本の開拓はどうやったらできるのか、これからを生きる子どもたちの心をゆすぶる絵本とはどんなものなのだろうか。200号という記念すべきお祭りは、わたしにとってずっとあとまで重い課題を残してくれたと同時に、子どもの本の編集者として成長するためのはじめの種を植えつけてくれたように思います。

 そしてもう一つ、これは世の中の動きとも関連したことでしょうが、「こどものとも」の本の体裁が変わることになりました。それまで「こどものとも」は13場面で構成されていたのですが、205号から2場面増ページになり15場面で構成されることになったのです。用紙もいままでの上質紙からアート紙系の用紙になって、判型は変わらないものの、つやのある紙に変わって、見た目にはかなり変わることになりました。この用紙が変わったことは画家の方にとっても、絵本を楽しむ子どもたちにとっても、よかったと思います。きれいな原画が、印刷した絵本としてもそのまま生きるようになったからです。しかし、増えた2場面は大きな課題でした。13場面でたくさんの傑作が生まれていたのに、それに2場面がつけ加えられるというのはどういうことなのか。わたしの心配したとおり、はじめは13場面を15場面にするためにただつけ加えただけのような、間のびした作品になりがちでした。15場面なら15場面なりの最初からの構成がなくては絶対に緊張感を持った作品は生まれてこないということがわかって、はじめて新しい方向が見えてきたように思いました。
 いまふり返ってみると、絵本を作ることをもう少し楽しんでできたら、もっといいものを生みだせたろうにと思います。しかしそれは年とってはじめてわかること、わたしも絵本の仕事を楽しんでできるようになったのは、ずっとあとのことでした。しかし、「こどものとも」の編集にたずさわっていたあの時期は、わたしの子どもの本へのかかわりを深めてくれた最初のときだったのだろうと思います。

征矢 清(そや きよし)
1935年、長野県に生まれる。早稲田大学第二文学部露文科を卒業後、児童書の編集にたずさわるかたわら、絵本・童話の創作活動をおこなってきた。2002年、童話『ガラスのうま』(偕成社)で、新美南吉児童文学賞、野間児童文芸賞を受賞。絵本の作品に『かさもっておむかえ』『はっぱのおうち』、童話に『ゆうきのおにたいじ』(以上、福音館書店)などがある。長野県在住。

10月 28, 2005 1972年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1972(昭和47)年度にあったこと

国労・動労・私鉄大手10組合、賃上げを要求して始発より空前の交通ゼネスト。2500万人に影響。(4月)
大阪・千日デパートビルで火災。118人死亡、火災史上最悪の惨事。(5月)
沖縄の施政権が27年ぶりに返還され、沖縄県発足。(5月)
ニューデリーで日航機墜落事故。86人死亡。(6月)
「昭和47年7月豪雨」により10日間に全国で合計410人死亡、行方不明者32人。(7月)
第20回オリンピック・ミュンヘン大会開催。日本は男子100m平泳ぎ・田口信教、女子100mバタフライ・青木まゆみが世界新で優勝。男子バレーボール、男子体操も優勝し、合計金13、銀8、銅8。(8月)
ミュンヘン五輪選手村にパレスチナゲリラが侵入、イスラエル選手2名を殺害。(9月)

田中角栄、周恩来の日中両国首相、共同声明に調印し、日中国交正常化。(9月)
国交正常化を記念して、中国から贈られたパンダ、カンカンとランラン、上野動物園で一般公開始まる。(11月)
国鉄北陸線トンネル内(福井県敦賀市)火災。30人死亡、719人重軽傷。(11月)
厚生省、人口動態概況を発表して第二次ベビーブームが本格化したと発表。(年間205万7000人出生)(12月)
日銀、卸売物価上昇率8.5%で1956年に次ぐ高騰と発表。(1月)
米国・南北ベトナム・解放戦線、ベトナム和平協定(パリ協定)に調印。(1月)
国労・動労、スト権奪還を要求して順法闘争を開始。(2月)


主なベストセラー:『恍惚の人』有吉佐和子(新潮社)、『日本列島改造論』田中角栄(日刊工業新聞社)、『坂の上の雲』司馬遼太郎(文藝春秋)
テレビ:『中学生日記』(NHK)、『セサミ・ストリート』(NHK教育)、『太陽にほえろ!』(NTV)、『必殺仕掛人』(NET・現テレビ朝日)、『パパと呼ばないで』(NTV)など放送開始。
新商品:「珍味かまぼこ・かにあし」(スギヨ商事・石川県七尾市)、タウン情報誌「ぴあ」(ぴあ)、水性ボールペン「ボールぺんてる」(ぺんてる)、パーソナル電卓「カシオミニ」(カシオ計算機)、「デジタル体温計」(立石電機・現オムロン)、「ごきぶりホイホイ」(アース製薬)
ヒット曲:『女のみち』宮史郎とぴんからトリオ、『瀬戸の花嫁』小柳ルミ子、『旅の宿』よしだたくろう
この年に登場したもの:たばこに「健康のために吸いすぎに注意しましょう」の表示(日本専売公社)、自動車免許取得1年未満者の「初心者マーク(若葉マーク)」、「ロッテリア」

福音館書店では:「インガルス一家の物語」刊行開始。(7月)

10月 28, 2005 1972年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちいさい みちこちゃん

1972年4月号
030193

なかがわりえこ さく やまわきゆりこ え

「わたしも幼稚園に入れて」とみちこちゃんがたんぽぽ幼稚園にやってきました。でもみちこちゃんはまだ3歳。「もっと大きくなったらおいでよ」とイヌのジョンにいわれて家に帰りましたが、こんどは乳母車におもちゃの動物をいっぱい乗せてやってきました。幼稚園のみんなも喜んで、いっしょに遊んでいると、ネコのとらおばさんが迎えにきました……。背伸びしたい子どもの心を描いた絵本です。

「こどものとも」193号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本はこどものとも創刊50周年記念出版「こどものともセレクション」の1冊として刊行されています。

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

たけしのえんそく

1972年5月号
030194

征矢 清 さく 石鍋芙佐子 え

たけしの幼稚園の山登り遠足に、仲良しのイヌのシロがバスにまぎれこんで、ついてきてしまいました。みんなの後ろから山道をついてきたはずのシロがいないのに気づいて、たけしはシロをさがしに林の中に入り、迷子になってしまいます。涙を流しながら林の中をさまよっていたたけしの前に、シロが現れて……。どきどきがいっぱいの遠足の一日を描きます。

「こどものとも」194号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かえるのつなひき

1972年6月号
030195

儀間比呂志 さく・え

村の田んぼに害虫が発生したので、王様は村人に稲を全部焼き払えと命令します。これを聞いたカエルたちは大綱引きのお祭りをして、害虫を退治する計画を立てました。カエルたちは、縄をない、旗頭を作り、太鼓の皮をはり、はては2本足で立つ稽古もして、祭りの準備をします。稲を焼くという日、村人の前に何百匹、何千匹のカエルが現れて……。沖縄の勇壮な祭りをカエルを主人公にして描きます。

「こどものとも」195号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

のんびりおじいさんとねこ

1972年7月号
030196

西内みなみ さく わかやましずこ え

海で魚をとってのんびり暮らすおじいさんの小屋に住みついたネコは、毎日アジのしっぽしか食べられないのでお腹をすかせ、出ていこうとしました。おじいさんは、特別大きな魚を食べさせると約束して、ネコをひきとめます。釣り竿を直し、ミミズを掘り、ゆっくりじっくり準備をしたおじいさんは、まずイワシをつり、それを餌にカツオをつり、最後に巨大なカジキを……。

「こどものとも」196号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

われた たまご

1972年8月号
030197

フィリピン民話 小野かおる 再話・画

ミフウズラの夫婦が大切にしていた卵が割れていました。そばにウマの足跡があったので、夫婦はなぜ巣を踏んだのか理由を聞きにウマのところにいきました。ウマはニワトリが騒いだせいだといい、ニワトリはサルがヤシの実を落としたせいだといいます。サルからスイギュウ、ヘビ、カメ、ホタル、カ、そして……。次々追いかけて原因を積み重ねていく、昔話の語りが生かされた絵本です。

「こどものとも」197号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ひっこし こし

1972号9月号
030198

阪田寛夫 詩 中谷貞彦 画

「みんな よくきけ/ひっこしはな/いっちゃうことだぞ/たいへんだぞ」町の家から、犬や金魚もつれてトラックに乗り、野原の中の一軒家に引っ越して、新しい生活を始めるまでを、ストーリーにそった13編の連作の詩でつづる絵本です。子どもの心の中の期待や不安を、1場面毎に1編の詩と絵で描いています。

「こどものとも」198号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かぜのおまつり

1972年10月号
030199

いぬい とみこ さく 梶山俊夫 え

町の保育園からの帰り道、ふうこは林の中でアケビの実を見つけました。取ろうとするとアケビの実は、木枯らし小僧のひゅうすけが風のお祭りにくるまでは取らないでといいます。キノコもヤマブドウも、風のお祭りまでは取らないでといいましたが、ふうこがヤマブドウを一房だけ食べてしまうと、急にあたりに白い霧がたちこめて……。季節の変化をめぐるファンタジー絵本です。

「こどものとも」199号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

てがみのえほん

1972年11月号
030200

堀内誠一 さく・え

「こどものとも」が200号を迎えたお祝いに、世界中から12通の手紙が届きました。お菓子の家に住んでいるよい魔女グリンダ、汽車を収集している巨人国のトロル、幽霊国の透明の幽霊、月でルナシティ建設中のロボット・アルミイ、イーハトーブの動物たち……。こどものともの仲間たちも集まってお祝いします。絵のスタイルも様々に、パロディ精神にあふれた楽しい絵本です。

「こどものとも」200号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

うらしまたろう

200号記念増刊号
033001

時田史郎 再話 秋野不矩 絵

魚をとって暮らしていた浦島太郎は、ある日、家に戻る途中、村の子どもらにいじめられていた亀を助けて、海に逃がしてやりました。次の日、太郎が釣り糸をたれると、美しい娘が大きな亀をしたがえて現れ、自分が昨日助けられた亀で、実は竜王の娘、乙姫であることを告げ、お礼に竜宮に来てほしいといいます。おなじみの昔話を、古代の文献にまでさかのぼり精査して再話しました。

「こどものとも」200号記念増刊号
19×26cm 32ページ 当時の定価150円

この絵本は、「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として、1974年に刊行され、現在も販売されています。

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

だるまちゃんとうさぎちゃん

1972年12月号
030201

加古里子さく・え

雪の日、だるまちゃんが雪だるまの目にしようとしたリンゴが、雪の坂をうさぎちゃんたちのところまで転げ落ちていきました。だるまちゃんは、うさぎちゃんたちといっしょにいろいろな雪だるまや、雪ウサギを作ったり、ウサギの手袋人形を作ったりして遊びます。ナプキンをウサギの形にする折り方、リンゴをウサギやだるまの形にする切り方など、遊びがいっぱいつまった絵本です。

「こどものとも」201号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1977年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

すもうにかった びんぼうがみ

1973年1月号
030202

松谷みよ子 再話 斎藤真成 画

ひとりぐらしの貧乏な若者のところへ嫁がきました。若夫婦はせっせと働いたので、暮らしもよくなってきましたが、昔からこの家にすみついていた貧乏神は、年越しの夜に、福の神と交代するため出ていかなければならないと泣きだしました。それを聞いた若夫婦は貧乏神を助けるためにごちそうを食べさせ……。ユーモラスな昔話をおおらかな筆致で描いた絵本です。

「こどものとも」202号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

てぶくろくろすけ

1973年2月号
030203

川崎 洋さく 長 新太え

手袋の一家ではみんな右と左が一緒になって眠っていました。手袋のくろすけは、片一方だけで部屋をぬけだし雪野原で遊びまわるうち、坂道をすべりおち“てぶくろこどもこうえん”に着きました。そこではたくさんの手袋の子どもたちが遊んでいましたが、みんな左右いっしょで、ひとりだけのくろすけは仲間に入れてもらえません。長新太が手袋の世界をシンプルな配色で描きます。

「こどものとも」203号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

おおむかしの むら

1973年3月号
030204

たかしよいち さく 丸木 俊 え

大昔、獣や魚をとる生活から、田んぼで稲を育てるようになったころ、人々は協力して家を造り、ひねり木をまわして火を熾し、土器を作り、機を織って暮らしていました。弥生時代の人々の営みを、籾まきから稲刈り、籾すり、貯蔵まで、稲作を軸とした季節の移ろいの中に、色彩豊かに描きます。

「こどものとも」204号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

1972年

1972年度は「年中向き」の新作はありません。

10月 28, 2005 1972年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)