2005/09/16

『たろうのともだち』について——お説教にはしたくない  村山桂子

(「年少版こどものとも」1968年8月号折込付録より再録)

 この絵本は、1962年に「こどものとも」の1月号として、さらに1967年にはあらためて4月号として発行されたものです。今回、三たび発行されることとなり(「年少版こどものとも」1968年8月号)、作者である私としてはこんな、うれしいことはありません。
 けれど、この『たろうのともだち』が、このようにみなさんに喜んでいただけるのは、絵をかいてくださった堀内先生のおかげだと、私はあらためて、いま、堀内先生に感謝しています。「母の友」の5月号で、福音館の松居さんが、
——絵本の絵は、物語の世界を、子どもの中につくりだすためにあるのです。
と、いっておいでですが、この絵本の場合もまさしく、そのとおりで、私のお話を、ほんとうにみごとに描いてくださいました。
 私、ならびにたろうと、その友だちは、堀内先生に出会ったことを、心から幸福であったと思っています。いまや、堀内先生の“たろう”以外に、私は別な“たろう”を考えることができなくなってしまいました。

 さて、次にはこの絵本の内容についてですが、もし、少しでもいいところがあるとすれば、これは私が、多少子どもを知っていて書いたからかもしれません。
 というのは、私はそのころ幼稚園の先生をしていたのです。そして、私のクラスの30人の子どものために、書きたくてこのお話を書きました。
 幼児、ことに年少児は自己中心的で、自我の主張が強く、なかなか他人(友だち)を認めようとしません。したがって、幼児の世界は争いが絶えません。いわゆるけんかです。
 むろん、けんかはそれなりに、子どもの成長の上に大いに役立つのですが、やはり終局的には、個人を主張するとともに、友だちも認め、リーダーにも従うものになれることが、理想です。そこで、園の先生方は、こうしたことを子どもたちに理解させようと、努力します。
 でも、これを子どもたちにもわかるようにいえば、結局は、
「けんかしたり、いばったりしないで、みんな、仲よくしましょう」
と、いうことになってしまいますが、明けても暮れても、「けんかしないで、いばったりしないで……」を、繰り返すだけではつまりません。つまらないというより、こうしたお説教じみたことばは、繰り返せば繰り返すほど、効果がなくなってしまうのです。そこで、先生は時にふれ、折にふれ、いろいろな方法で子どもたちに理解させ、それを実行させようと工夫します。
 この『たろうのともだち』も、実はそうした方法のひとつとして考え出した物語だったのです。けれど、このようなねらいを持って物語を作ることは、とてもむずかしいことです。せっかく、楽しいお話にして、子どもたちにわかってもらおうと思っても、とかく教訓的でくすりくさいものになってしまうからです。それではお話にした意味がありません。このテーマを子どもが知らず知らずのうちに、楽しく、すんなりとからだで受けとめてくれるような、リズムのあるお話、そういうものにしたつもりなのですが……。
 さて、実際にはどれほどの効果がありますことか。それはこの絵本を見た子どもたちが決めてくれることでしょう。

村山桂子(むらやま けいこ)
1930年、静岡県に生まれた。文化学院卒業後、お茶の水女子大学幼稚園教員養成課程修了。1965年まで幼稚園に勤務。1955年、第二回全国児童文化教育研究大会童話コンクールに入選。絵本に『たろうのばけつ』『たろうのともだち』『たろうのおでかけ』『こぶたのまーち』『たろうのひっこし』『おかえし』(以上、福音館書店)、『はねーるのいたずら』(フレーベル館)、『おおきなテーブルおゆずりします』(教育画劇)、童話に『もりのおいしゃさん』『コンテのクリスマス』(以上、あかね書房)などがある。東京在住。

9月 16, 2005 1967年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1967(昭和42)年度にあったこと

富山「イタイイタイ病」の原因は三井金属の排水と、岡山大学教授・小林純が発表。(4月)
統一地方選挙が行われ、東京では革新系の美濃部都知事が誕生。(4月)
厚生省は阿賀野川水銀中毒は昭電鹿瀬工場の工場排水が原因と結論。(4月)
第29回世界卓球選手権(ストックホルム)で、日本は男女団体、男女シングル、女子ダブルス、混合ダブルスの6種目優勝(4月)
モハメド・アリが宗教上の信念に従って徴兵を拒否、ヘビー級タイトルを剥奪される。(4月)
ナイジェリア、東部州がビアフラ共和国独立宣言、ビアフラ内戦が始まる。(5月)
中国、初の水爆実験に成功。(6月)
ヨーロッパ共同体(EC)がフランス、西ドイツ、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの6ケ国で発足。(7月)
東京女子医大登山隊(今井通子隊長)らがマッターホルン北壁を、女性で初めて登頂。(7月)
国鉄新宿駅構内で米軍ジェット機燃料用ガソリンを満載した貨物列車が、上り貨物列車と衝突炎上。周囲300メートルが火の海となった。(8月)
第5回ユニバーシアード大会が東京で開催。(8月)

佐藤栄作首相の南ベトナム等訪問を阻止するために、羽田空港に突入をはかる三派全学連を中心とした約2500人が、機動隊と衝突。京大生・山崎博昭が死亡。(10月)
英国から「ミニスカートの女王」と呼ばれたモデル、ツィッギーが来日する。(10月)
エスペランチスト由比忠之進、首相官邸前で佐藤首相のベトナム北爆支持に抗議するという遺書を残し、焼身自殺。(11月)
佐藤首相・ジョンソン米国大統領の会談で小笠原諸島の返還が決定。(11月)
佐藤首相、衆議院予算委で「非核三原則」を初めて言明。(12月)
核兵器積載の疑惑のある米原子力空母「エンタープライズ」寄港阻止を叫んで、学生800人が佐世保市平瀬橋付近で機動隊1400人と衝突。(1月)
東大紛争始まる。インターン制に替えて登録医師制を導入した医師法改正案に反対して、東大医学部の学生が無期限ストに突入。これに端を発した東大紛争は各学部無期限ストに発展。翌年1月まで紛争は継続した。(1月)
東芝、ザ・フォーク・クルセダーズの「イムジン河」の発売中止を発表(2月)
金嬉老事件。在日朝鮮人・金嬉老(41)が借金返済を迫ってきた暴力団員2人をライフル銃で射殺し、寸又峡温泉へ逃走。旅館に入り込み13人を人質として88時間にわたり篭城した。(2月)
南ベトナム、ソンミ村大虐殺事件。アメリカ軍部隊が、老人、婦人、子供など無抵抗のベトナム人約500人を虐殺した。(3月)


主なベストセラー:『頭の体操』1,2,3 多湖輝 (光文社)、『華岡青洲の妻』 有吉佐和子 (新潮社)
テレビ:『スパイ大作戦』(フジテレビ)、『コメットさん』(TBS)、『意地悪ばあさん』(NTV)、『巨人の星』(NTV)など放送開始。
新商品:「リカちゃん人形」(タカラ)、「ガス・セントラルヒーティング」(東京ガス)、「ボンカレー」(大塚食品)、「ラジオ付きカセットレコーダー」(アイワ)
ヒット曲;『ブルーシャトー』ジャッキー吉川とブルーコメッツ
この年に登場したもの:「立ち食いソバ屋」


福音館書店では:「パディントン・シリーズ」刊行開始(9月)、「古典童話シリーズ」刊行開始(9月)

9月 16, 2005 1967年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

たろうのともだち

1967年4月号
030133

村山桂子 さく 堀内誠一 え

こおろぎが散歩していると、ひよこに会いました。ひよこはこおろぎを家来にしてしまいます。歩いていくと、こんどはねこが、ひよことこおろぎを家来にして……。最後に会ったたろうは「けらいなんていやだ。みんなともだちになったら」。そこで、みんな「ともだちだあ。なかよしだあ」。犬もねこも、ひよこもこおろぎも、たったか、たったか……。70号の絵を描き直した新版です。

「こどものとも」133号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1977年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

あかちゃんのはなし

1967年5月号
030134

与田凖一 さく 吉井 忠 え

お父さんがひろぼうに、アルバムの古い写真を見せながら、おじいさんが赤ちゃんだった時のことを、話してくれました。鶴のくる里で生まれ、生まれて七日目につるおと名付けられたこと。お宮参りのこと。初節句に大きな鯉のぼりをあげ、しょうぶ湯をわかし、元気な子になるようにとみんなが願ったこと……。赤ちゃんの出生と成長を祝う昔ながらの風習を、季節を追って描いています。

「こどものとも」134号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴぴとみみ

1967年6月号
030135

吉本隆子 さく・え

かあさんネコが留守の間に、こっそり部屋を出た2ひきの子ネコは、はじめて土の上を歩いてみました。お日様の光の中をひらひら飛ぶちょうちょうを追いかけたり、地面の上をのびちぢみするミミズにさわったりして遊んでいるうちに、池に落ちてしまいました。泳げないでもがいていると、かあさんネコが助けにきてくれて、こんどは暖かい草の上でお昼寝しました。好奇心いっぱいに遊びまわる子ネコの姿が愛くるしく描かれています。

「こどものとも」135号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい めんどり

1967年7月号
030136

イギリスとタジクの民話から 木島 始 さく 羽根節子 え

ある日メンドリは、買い物にいくところをキツネに待ち伏せされますが、木のてっぺんに逃げると、猟師の犬がやってくるといってキツネをだまし、難を逃れました。次の日も同じようにキツネにおそわれたメンドリは木の上に逃げますが、こんどは木の下でぐるぐる駆け回るキツネに目をまわし、木から落ちて捕まってしまいます。でも、袋に入れられたメンドリは、はさみと針と糸を取りだすと……。骨格のしっかりした昔話を色彩豊かに描いた絵本です。

「こどものとも」136号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かまきりのちょん

1967年8月号
030137

得田之久 さく・え

カマキリのちょんは、朝、ツユクサの間から出てくると、ツリガネニンジンの下で足や触覚をなめてお化粧していました。そこを通りかかったテントウムシを追いかけますが、逃げられてしまいます。次はミノムシに飛びつこうとして地面にまっさかさま、アリの群れに囲まれてあわてて逃げだしました。でも、ちょんはとうとう大きなトノサマバッタを捕まえました。おなかいっぱいになったちょんは……。昆虫絵本の第一人者・得田之久のデビュー作です。

「こどものとも」137号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

たいふう

1967年9月号
030138

加古里子 さく・え

遠い南の海で台風の赤ちゃんが生まれました。観測機や定点観測船がくわしく観測します。やがて日本に近づく頃には、大きくなってちびっこ台風になりました。富士山頂のレーダーにもはっきりうつり、日本中から集まった情報で、気象台から警報が出されます。港でも町でも農村でも人々は台風に備えます。がけくずれと川の増水で汽車が動けなくなりました。被害を最小限にとどめるため人々は働きます。台風の発生から通過までを、人々の活動とともにていねいに描きます。

「こどものとも」138号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

くじらのだいすけ

1967年10月号
030139

天野祐吉 さく 梶山俊夫 え

昔、クジラがまだ山にいたころ、クジラのだいすけは、歩くとみんなの迷惑になるので、何十年もじっとすわっていました。夏祭りになると、山の仲間の動物はだいすけに見えるようにと、その顔の前にやぐらを組みましたが、ちょうどその時、だいすけはくしゃみをして、みんな吹き飛ばしてしまいました。恥じ入ってどこかにいってしまいたくなっただいすけは、カラスに連れられて、海にいきますが……。梶山俊夫が絵を描いた最初の絵本です。

「こどものとも」139号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

そらのきゅうじょたい

1967年11月号
030140

松居 直 さく 寺島龍一 え

ダム工事の事故でけが人が出て、至急血液が必要になりました。血液を積んだ飛行機が飛びたちますが、現場の山の上空は雲に覆われて近づけません。悪天候の中、雲の切れ目を見つけ、救助機の命がけの飛行によって、ようやく血液を工事現場に投下することができました。実際に活躍している空の救助隊の仕事を、緊迫感のあるストーリーと写実的で迫力ある絵で伝えます。

「こどものとも」140号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

かえるのいえさがし

1967年12月号
030141

石井桃子・川野雅代 さく 中谷千代子 え

夏の間、虫をとったり、歌ったりして楽しくすごしたカエルの親子は、いつのまにか秋になって冬ごもりの穴を見つけ損なってしまいました。カエルの親子は誰かの巣穴のすみにでも入れてもらおうと、間借りできる穴を探しますが、ガマやトカゲに断られ、たどり着いたのはヘビの穴でした。びっくりぎょうてんしたカエルたちでしたが、意外にもヘビは……。動物たちにとっての冬眠の安らぎが、心にしみる物語です。

「こどものとも」141号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

うみをわたったしろうさぎ

1968年1月号
030142

瀬田貞二 再話 瀬川康男 画

いずもの国のおおくにぬしは、いなばの国のやがみひめを嫁にむかえようとする兄神たちのお供として、いなばの国に行く途中、ワニを騙して皮をはがされた哀れなウサギに出会います。兄神たちは、海の潮につかって風にあたればよいと、うそを教えますが、やさしいおおくにぬしは、ウサギの身の上話を聞いてやると、真水で身体を洗って蒲の花の花粉の上で寝転がればよいと教えます。おなじみの説話を古事記に忠実に再話しました。

「こどものとも」142号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

プンク マインチャ

1968年2月号
030143

ネパール民話 大塚勇三 再話 秋野亥左牟 画

継母に虐げられていた素直で優しいプンクが、山の牧場でおなかをすかして働いていると、キツネの頭とヤギの頭を合わせもつ不思議なヤギ、ドーン・チョーレチャが食べ物を出してくれました。それを知った継母はドーンを殺して食べてしまいます。プンクがその骨を集めて山の牧場に埋めると、そこから、おいしいまんじゅうがたくさんなる大きな木が生えてきました。そこに鬼の夫婦がやってきて……。ネパールの民話を力強く大胆に美しい絵で描きます。

「こどものとも」143号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1992年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。
秋野亥左牟さんは、この絵本で1969年に第2回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)金牌を受賞しました。

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ふしぎなえ

1968年3月号
030144

安野光雅 え

階段をあがると上の階へ、またあがると、あれあれ、もとの階にもどっています。迷路に入っていくと、いつのまにか天地がさかさまに。蛇口から流れ出した水は川となってまた水道に循環し、高架道路は地面と同じ高さに……。絵の中だけに存在する不思議な世界に、小人の案内で導かれます。世界的に人気を獲得した絵本作家・安野光雅のデビュー作です。

「こどものとも」144号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1971年に「安野光雅の絵本」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 16, 2005 1967年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)