2005/09/09

<作家インタビュー>『だるまちゃんとてんぐちゃん』が生まれた日  加古里子

 昭和24年頃から、僕は、会社に勤めてもらっていた給料のほとんど半分を使って、外国の子ども向けの雑誌をとっていたんです。そういう雑誌には、戦争の間、作品を発表できなかった作家たちの、書きためてあったものが、うわぁーっと載っていて、みずみずしい作品がたくさんありました。
 そんな中に『マトリョーシカちゃん』のお話もあったんですね。それを見てびっくりしました。子どもを出さずに子どもの本になっていて、おもちゃでありながら、出てくるキャラクターそれぞれに性格があって、ストーリーになっている。うまい。うまいというより小憎らしい(笑)。
 それで僕は、自分の国のおもちゃでも、おもしろいものを作ろうとして、いろいろ考えたんです。で、ぱっと目立つのがいいなあと思って、だるまにしました。赤いですしね。
 相方も、かっぱにしようか、きつねにしようか、と考えたあげく、てんぐにしました。ストーリーは、最初のうちわと最後の鼻は、すぐに浮かんだんですが、その途中ができなくて、七転八倒しました。ただ「ほしい、ほしい」っていうおねだりの本だと、編集部に怒られてしまうし(笑)。それで、だるまちゃんが自分で解決するために、お父さんには悪いけど、お父さんはとんちんかんで空振りに終わってばかり、ということになりました。

 僕自身の父は、子煩悩でありすぎたんですね。子どもの僕の願いとは、ちがうことばかりするんです。僕は小学生の時、模型飛行機が大好きだったんですが、そうすると、父は値段の高い三角胴の飛行機を買ってくれるんです。安いのは、角材の一本胴なんですが、そっちの方がよく飛ぶんですね。買ってもらった三角胴は、案の定飛ばない(笑)。
 そんなわけで、父には欲しい物を気取られないようにしてました。縁日の夜店でも、おもちゃをのぞきこんでいると「買ってやろうか」って言われてしまうのでね、欲しい物を横目でちらちら見て形を覚えては、まねして作っていました。失敗して手を切ったりしたことも、いい経験になりました。

 家族で北陸から東京に出てきて、長屋住まいをしていたんですが、そこの長屋のあんちゃんを、今でもよく思い出すんです。6歳ほど上の人だったんですが、よく手品を見せてくれて。紙をちょんちょんとやって広げてみると、「ほら、なくなっちゃった」とかね。とてもうまい。特別な道具なんか使わなくて、そこらへんの紙とか石とかでね。
 あんちゃんがまた、絵が上手で。武者修業のおさむらいのひとコマ漫画だったりするんですが、どこかまがぬけてて、刀がめったやたら長かったり、短筒を撃ってるんだけど玉がポトンと落ちてたり。いろんなところにユーモアがありました。そのあんちゃんが、僕に絵を教えてくれた最初の先生なんです。それで絵が好きになったんですが、父には怒られるんですね。絵描きになっても、とても生活できない、と。見つかると怒られるので、隠れて描いていました。長屋を出て、家で風呂に入るようになっていたので、風呂を焚きながら、焚き付けの雑誌や新聞にこちょこちょ描いては燃やす。証拠隠滅ですよ。(笑)

 学生の頃から、川崎で紙芝居を見せていました。「これをおもしろがらない子どもなんていない」と張り切って見せにいっても、目の前で子どもたちが、どっかいっちゃうんです。当時の川崎では、ザリガニ釣ったり、トンボをとったり、おもしろいことがたくさんありましたから。ザリガニよりもトンボよりもワクワクするもの、子どもたちにピタッとするものを作ろうと、懸命になりました。「子どもとぐらいは遊べるだろう」と、たかをくくっていたんですが、「相手はすごいぞ」と思い直しました。ぼくもてんぐになっていたんですね(笑)。

(「こどものとも年中向き」2000年6月号折込み付録掲載「絵本誕生の秘密 作家訪問インタビュー」より一部を抜粋し再録)

加古里子(かこ さとし)
1926年(大正15年)、福井県武生市に生まれる。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動に従事。子供会で紙芝居、幻灯などの作品を作る。1959年『だむのおじさんたち』(「こどものとも」34号)を作り、絵本作家としての道に進む。1973年に勤務先を退社。作家活動に専念してから、横浜国立大学などいくつかの大学で講師をつとめる。「だるまちゃん」のシリーズのほか、『かわ』『ゆきのひ』『とこちゃんはどこ』『はははのはなし』(以上福音館書店)、『かこさとし かがくの本(全10巻)』(童心社)など、作品数は約500点になる。神奈川県在住。

9月 9, 2005 1966年, エッセイ | | コメント (1) | トラックバック (0)

1966(昭和41)年度にあったこと

ボストン・マラソンで君原健二が優勝、上位4位まで日本人独占。(4月)
公労協・交運共闘統一スト。私鉄大手10社24時間スト、国労・動力車労組・全自交時限ストにより、1300万人の足に影響。戦後最大の交通ストとなった。(4月)
新国際空港の千葉県成田市での建設に反対する三里塚空港反対同盟が結成される。(6月)
ビートルズが来日、日本武道館で3日間5ステージの公演。(6月)
中国、共産党中央委員会、文化大革命の16条を決定。(8月)
フランスの哲学者サルトルと作家ボーボワールが来日。1ヵ月滞在し、各地で講演会開催。(9月)
総評系54単産などベトナム反戦統一スト。(10月)

松山空港沖で全日空機墜落。50人死亡。(11月)
東大医学部自治会、インターン制度廃止など要求して無期限学部スト実施決定。(1月)
横綱大鵬が2度目の6場所連続優勝。(1月)
米軍、ベトナム戦争で枯葉作戦。ゲリラの隠れ場所にならないように落葉剤を広範囲に散布する作戦、後に死産・障害児出産などの人体への後遺症が大きな問題となる。(2月)
初の建国記念の日、各地で抗議行動。(2月)

主なベストセラー:『氷点』三浦綾子(朝日新聞社)、『海軍主計大尉小泉信吉』小泉信三(文藝春秋)、『山本五十六』阿川弘之(新潮社)
テレビ:『おはなはん』(NHK)、『サンダーバード』(NHK)、『銭形平次』(フジテレビ)、『ウルトラマン』(TBS)、『ママとあそぼうピンポンパン』(フジテレビ)、『トッポ・ジージョ』(TBS)など放送開始。
新商品:「ダットサン・サニー1000」(日産自動車)、「トヨタ・カローラ1100」(トヨタ自動車)、「Xスタンパーネーム」(後に「シャチハタネーム」と改称、シャチハタ工業)
この年、登場したもの:「コインランドリー」(東京都北区)、「昆虫販売」(銀座松屋)

福音館書店では:「こどものとも傑作集」刊行開始(6月)、「科学の本」刊行開始(11月)

9月 9, 2005 1966年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

はくちょうとおしどり

1966年4月号
030121

岩崎京子 さく 野崎 貢 え

お堀に住むことになった白鳥たちは、シベリヤからきたカモたちや、海からきたユリカモメたちと友だちになりましたが、みんな時期がくると去ってしまいます。ある時、鉄砲に撃たれて取り残されたオシドリと仲良くなり、いっしょに冬まですごします。やがて春になると元気になったオシドリは、仲間たちと……。友との出会いと別れを鳥の生態に即して美しく描いています。

「こどものとも」121号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなが ダック

1966年5月号
030122

永田 力 さく・え

ダックスフントの子ども、ダックはいっしょに家にいる2羽のアヒルに、ごはんを食べられてしまったり、耳を引っ張られたり、いつもいじめられていました。大きくなったダックは、ある日、アヒルたちをねらうネコを追い払ってやりますが、ネコがいないとアヒルはやっぱりダックをばかにします。ダックはとうとう、アヒルたちを……。子どもにとっても共感できる複雑な思いを描きます。

「こどものとも」122号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

かわうそどんのくじらとり

1966年6月号
030123

安藤美紀夫 さく 田島征三 え

年とったカワウソは、人間と友だちになりたくて海辺の村へやってきましたが、いつも若者たちにからかわれ、追い返されていました。それでも人間と仲良くなりたいカワウソは、ある時、村を悩ます化け物クジラを退治してみせるといって、銛をもって海にもぐっていきました。哀れに思った海の神様に計略を授けられたカワウソは……。北の海を舞台とした民話的な物語。 

「こどものとも」123号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もりのむしとのはらのむし

1966年7月号
030124

三芳悌吉 さく・え 中根猛彦 監修

近くの森や野原、そして家の庭には、たくさんの虫たちがいます。つかまえた虫に卵を産みつけるハチや、夜になるとくぬぎやならのきに集まるカブトムシやクワガタなどの身近な虫を、習性や棲息場所など生態に即して美しく描きます。「こどものとも」から生まれた科学絵本の代表的作品です。

「こどものとも」124号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

へそもち

1966年8月号
030125

渡辺茂男 さく 赤羽末吉 え

黒い雲の上に住むかみなりは、雨を降らせるだけならまだしも、家や高い木に飛び下りては、へそを取り、人間を困らせていました。そこでお寺の和尚さんは寺の塔のてっぺんに槍を立て、飛び下りてきたかみなりを引っかけてつかまえました。許しを請うかみなりに和尚さんは、もちでつくったへそを……。縦長開きで天と地を結ぶ物語をダイナミックに描きます。

「こどものとも」125号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ちょうちんあんこう

1966年9月号
030126

なかのひろたか さく・え

深い海の底に住むチョウチンアンコウは、タコから話を聞いたお月様に会いたくてたまらなくなりました。ずんずん海をのぼっていき、出会った魚に聞きますが、だれもお月様を知りません。やがて海の一番上まできて夜になると、とうとうお月様を見つけました。もっと近づこうとトビウオの背中にのせてもらって、海の外へと飛び出しますが……。魚の形と海の色が見事にデザインされています。

「こどものとも」126号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (2)

ぴかくん めをまわす

1966年10月号
030127

松居 直 さく 長 新太 え

朝、信号機のぴかくんは目を覚まし、交差点で規則正しく、青・黄・赤……をくりかえして、交通整理を始めます。ところが街がだんだんにぎやかになり、たくさんの人や車が行き交うようになったころ、おや、青・黄・青? 赤・黄・赤?……ぴかくんは目を回してしまい、交差点は大混乱……。49号のお話に長新太が絵を描いた新版です。

「こどものとも」127号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

てまりのうた

1966年11月号
030128

与田凖一 さく 朝倉 摂 え

こゆりとさゆりの姉妹にお母さんは、二つの手まりをわたして歌いました。「銀の小鈴にくるくると 白い糸をばくるくると……」二人が手まりをつくと、こんどは「ひいふうみいよ、四方の景色を春と眺めて、梅に鶯……」お母さんが歌うと、手まりが手からそれて、庭の橘の木のかげを転がり、お堀端のかきつばたを飛び越して……。美しい色彩がハーモニーを奏でる絵本です。

「こどものとも」128号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐりとぐらのおきゃくさま

1966年12月号
030130

なかがわりえこ と やまわきゆりこ

雪の上に見つけた大きな足跡をたどっていくと、ぐりとぐらは自分たちの家にたどりつきました。ドアを開けると玄関には大きな長靴が、壁には真っ赤なコートが……。そのときいい匂いがしてきたので、台所にとんでいくと、まっ白なひげのおじいさんが焼きたてのケーキを持って、「クリスマスおめでとう」と……。ぐりとぐらのクリスマスの本。

「こどものとも」129号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (3)

かえるのごほうび

1967年1月号
030130

木島 始 さく 梶山俊夫 レイアウト

今日は森のお祭り。弓矢の競技に、相撲に、ウサギやカエルが大奮闘。カエルが勝って一等賞はカエルのものに……。ところが事件が発生。カエルが天を向いたまま動かない。お祭りは一転悲しいお葬式に。一等賞のごほうびはお坊さんのサルの手に。しかしサルの悪巧みを知ったカエルとウサギは……。絵巻「鳥獣戯画」の絵を、スピーディーに展開する物語として再構成した絵本。

「こどものとも」130号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (4) | トラックバック (2)

だるまちゃんとてんぐちゃん

1967年2月号
030131

加古里子 さく・え

だるまちゃんがてんぐちゃんのうちわが欲しいというと、お父さんのてんぐどんはたくさんのうちわを出してくれますが、どれも違います。だるまちゃんはいいことを思いつきました。ヤツデの葉っぱをうちわにしたのです。帽子、げた、てんぐちゃんの持ち物がうらやましくてしかたないだるまちゃんは、かわりになるいろんなものを見つけていきます。大人気の「だるまちゃん」の第1作です。

「こどものとも」131号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (2)

ねずみじょうど

1967年3月号
030132

瀬田貞二 再話 丸木位里 画

山へ柴刈りに行ったじいさんが、落としたそばもちを追いかけていくと、もちは小さな穴に入ってしまいました。そこに現れたネズミは、お礼にご馳走するからといって、じいさんをしっぽにつかまらせて、穴の中へと連れていき、もちや黄金をどっさりおみやげに持たせてくれました。それを知って隣のめくされじいさんは、まねをしますが……。おなじみの昔話を丸木位里が水墨画で描きます。

「こどものとも」132号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1971年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 9, 2005 1966年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)