2005/08/12

『ぐりとぐら』を描いた頃のこと   山脇百合子

 高校三年生の秋から、「母の友」に一年間連載の絵物語の絵を描きました。それが福音館とのお付き合いのはじまりです。それは「赤組さん青組さん」(松葉重庸作1960年4月号〜1961年3月号)という題で、担当の編集者は吉田宏さんでした。「赤組さん青組さん」が終わってからも時々、童話のカットや特集記事のカットを「母の友」に描いていました。ある時吉田さんが、すっかりにこにこしながらこう言ったのです。
「いいこと教えてあげる。あのね、松居さんが大村さん(わたしの旧姓です)にそのうち絵本を描いてもらおうといってましたよ」

 私はびっくりしてしまいました。本当でしょうか。絵本を描くなんて私にできるのでしょうか。私にそんな資格はない、そんな大それたこと、夢にも思わない、というのが私の感想でした。それに私は一瞬のうちに、妹が小さい頃見ていた絵本を思いうかべて、少々怯えたんじゃないかと思います。鎧甲に身を固めた武者が華麗な馬に跨っている姿。美しい柄の着物を何枚も重ねている奥方とお付きの老女。絵本を描く人はああいうのが描けないといけないのではないだろうか、って。ですから「わー、すごい。いつ?」などというかわりに「そう!?」程度の返事だったのです。(さぞ嬉しそうな顔をしていたことでしょうけれど)でも、その吉田さんの言葉を、こうやって今も思い出すのですから、よほど思いがけない印象深いことだったのでしょう。

 そのうち1963年に姉、中川李枝子の童話「たまご」が「母の友」に載って、その時私がカットを描きました。それが半年後に絵本『ぐりとぐら』になって出版されたのです。いよいよ絵本を描かせてもらえるのだとなって、どう思ったのかなどは全然おぼえていません。武者も奥方も登場しないので、心配なことは何一つなかったのでしょうね!
 ぐりとぐらには「たまご」のとき会っていますから、初対面ではありません。私のデザインしたズボンとぼうしの二人。「たまご」のカットとさし絵は、北隆館の、あの頃の「色なし」動物図鑑の絵を参考にして描きました。でも絵本一冊分描くとなると色なし動物図鑑の正しい姿勢の野ねずみの絵一枚では、とても足りなくて困ってしまいました。それで薮内正幸さんが、上野の科学博物館の今泉吉典先生の研究室に連れて行って下さったのです。今泉先生は日本一の、もぐらとねずみの専門家なのです! 薮内さんと今泉先生のおかげで、野ねずみの問題は解決しました。

 夏休みに家の「子ども部屋」で自分の勉強机に紙をひろげて描いていました。近所の女の子が姉妹二人して庭で遊んでいたのですが、窓からのぞきこんでいました。あの二人は覚えているかしら、十才と十二才くらいでした。私は大勢の動物がカステラが焼けるのを待っているところを描いていました。気に入らなくて、あとで描きなおしたのです。見られていると描きにくかったーと思いながら。
 絵本の中で下をむいてあちこちに咲いている花にはモデルがあります。ほたるぶくろです。五年生の時はじめて見ました。芝畑のふちで。愛らしい様子に胸がいっぱいになりました。
 多い時には机を四つも並べていた「子ども部屋」だの、高井戸の井の頭線を見下ろすなだらかな芝畑のふちのほたるぶくろだの、絵が出来ると一番に、母に見せていたことだの、懐かしいことがいろいろと思い出されます。
 これがはじめての絵本『ぐりとぐら』の絵を描いた頃のことです。
      (「こどものとも」1997年11月号(500号)折込付録より再録)

山脇百合子(やまわき ゆりこ)(旧姓 大村(おおむら))
東京に生まれた。童話『いやいやえん』『かえるのエルタ』『らいおんみどりの日ようび』のさし絵、絵本『ぐりとぐら』のシリーズ、『そらいろのたね』『なぞなぞえほん』『くまさんくまさん』など、お姉さんの中川李枝子さんとのコンビの仕事が多数ある。楽しいさし絵は、日本の子どもばかりでなく、外国でも高く評価されている。東京在住。

8月 12, 2005 1963年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (1)

1963(昭和38)年度にあったこと

狭山女子高校生誘拐殺人事件(埼玉県)(5月)
横綱大鵬が史上初の6場所連続優勝達成。(5月)
黒部川第四発電所が完成。(黒四(クロヨン)ダム高さ186m長さ492m)(8月)
老人福祉法公布(7月)
日本初の高速道路「名神高速道路」栗東・尼崎間71.4kmが開通(全面開通は1965年)(7月)
アメリカ・イギリス・ソ連、部分的核実験停止条約に調印(8月)
東京池袋の西武百貨店で火災。定休日だったが、店員など7人死亡。「出火お詫び大廉売」に5万人が殺到。(8月)

東京京橋の地下鉄車内で時限爆弾が爆発、10人負傷。「草加次郎」を名乗る一連の爆弾脅迫事件の犯人の犯行と見られるが、1978年時効。(9月)
大牟田市の三井三池鉱業所三川鉱での坑道で炭塵引火による大爆発、458人死亡。(11月)
横浜市鶴見の東海道線で二重衝突事故。161人死亡。(三井三池炭鉱爆発事故と同日)(11月)
ケネディ米国大統領が テキサス州ダラス市内をパレード中銃撃されて死亡。翌日この映像が初の日米間テレビ宇宙中継実験で放映された。(11月)
西側諸国で初めて、フランスが中国と国交樹立。(1月)
日本で最初のビートルズのレコード「抱きしめたい」(I want to hold your hand)が東芝から発売。(2月)
カシアス・クレイ(後にモハメド・アリ)がボクシング・ヘビー級チャンピオンになる。(2月)
ライシャワー駐日米国大使、大使館前で少年に刺され重傷。(3月)


主なベストセラー:『危ない会社』占部郁美(光文社)、『女のいくさ』佐藤得二(二見書房)、『徳川家康』1〜19山岡荘八(講談社)
テレビ:『花の生涯』(NHK 大河ドラマ第1作)、『底抜け脱線ゲーム』(NTV)、『夫婦善哉』(TBS)、『アップダウンクイズ』(NET(現テレビ朝日))、『ロンパールーム』(NTV)、『七人の孫』(TBS)など放送開始。
新商品:「タッパーウェア」(日本タッパーウェア)、「かっぱえびせん」(カルビー製菓(現カルビー))
ヒット曲:舟木一夫「高校三年生」、梓みちよ「こんにちは赤ちゃん」
この年登場したもの:「横断歩道橋」(大阪駅前)、「小さな親切運動」、「列車自動停止装置(ATS)」(国鉄)、「英語検定(英検)」(日本英語検定協会)

福音館書店では:「こどものとも」72〜83号が、第10回サンケイ児童出版文化賞大賞を受賞(5月)、「世界傑作童話シリージ」刊行開始『エルマーのぼうけん』(7月)

8月 12, 2005 1963年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

たろうのおでかけ

1963年4月号
030085

村山桂子 さく 堀内誠一 え

たろうは、なかよしのまみちゃんの誕生日に、すみれの花とアイスクリームをもって、動物たちといっしょに出かけました。みんなはうれしくって、とっとこかけだしますが、町の中ではおじさんたちに「けがをするから、だめ!」といわれて、なかなか先を急げません。でも、原っぱにきたら、もう思いっきり……。交通ルールを教えながらも、元気いっぱいの絵本です。

「こどものとも」85号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ちいさな ねこ

1963年5月号
030086

石井桃子 さく 横内 襄 え

ちいさなねこが、部屋から庭におり、門を出て走っていくと、子どもにつかまえられたり、自動車にひかれそうになったり、外には危険なことがいっぱい。大きないぬに追いかけられて、木の上でないていると、お母さんねこが聞きつけて探しにきました。お母さんねこは大きないぬを追い払い……。こねこの冒険心と、お母さんといっしょにいる安心感が、子どもの心をとらえてはなさない絵本です。

「こどものとも」86号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

ふしぎな たけのこ

1963年6月号
030087

松野正子 さく 瀬川康男 え

山奥の村に住む男の子たろが、たけのこを掘りに行くと、上着を掛けておいたたけのこが突然伸びはじめました。たろがとびつくと、たけのこはたろをのせたままぐんぐん伸びて、雲より高くなります。村の人たちは、たろを助けるために、たけのこを切り倒し、倒れたたけのこをたどっていきました。するとたろが倒れていたそばには初めて見る海が……。絵巻のように展開する絵本。

「こどものとも」87号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。瀬川康男さんはこの絵本で1967年に第1回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)グランプリを受賞しました。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (2)

たなばた

1963年7月号
030088

君島久子 再話 初山 滋 画

牛飼いは年取った牛に教えられたとおりに、天の川で水浴びをしていた天女織り姫の着物をかくして、織り姫を妻にしました。二人には子どももうまれ、しあわせに暮らしていましたが、ある日、織り姫は天に連れ戻されます。牛飼いは織り姫を追いかけて、子どもをかごに入れてかつぐと、牛の皮の着物を着て天に昇ります。中国の七夕説話を幻想的な絵で描いた絵本。

「こどものとも」88号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1976年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (4)

てじなしと こねこ

1963年8月号
030089

クロード・岡本 さく/え

小さな村にやってきた手品師のおじいさんの練習を見ていた4ひきのこねこは、おじいさんの部屋に忍びこみ、手品の箱の中にもぐりこんで眠ってしまいました。翌日のおじいさんの手品は、箱からこねこがとびだして大失敗。次の日はハトが出るはずの帽子からこねこが出てきて、またもお客は大笑い。でも、町の劇場の人がそれを見て……。大胆なタッチの油絵で描かれた愉快な絵本。

「こどものとも」89号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ローノと やしがに

1963年9月号
030090

北 杜夫/さく 得田壽之/え

南の島の男の子ローノは、台風で食べるものがみんなとばされてなくなってしまったので、やしの実を取ろうと思いました。でも木登りの下手なローノは、やしがににやしの実を取ってくれと頼みます。ローノにはいじめられてばかりだったので嫌がるやしがにたちを、ローノは言葉巧みに騙してやしの木に登らせますが……。小説家北杜夫のユーモラスな絵本。

「こどものとも」90号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうぼうじどうしゃ じぷた

1963年10月号
030091

渡辺茂男 さく 山本忠敬 え

ある町の消防署に、はしご車ののっぽくん、高圧車のばんぷくん、救急車のいちもくさんがいて、火事があれば3台そろって大活躍。でももう1台のちびっこ消防車じぷたは、みんなから相手にされません。ところが山小屋で火事があり、山道を登っていけるのはじぷただけ。谷川の水を力いっぱいはきかけて火を消し、山火事になるのを防いで大活躍します。山本忠敬の乗物絵本の代表作です。

「こどものとも」91号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (3)

いそっぷのおはなし

1963年11月号
030092

中川正文 やく 長 新太 え

ありが、泉に落ちた時に木の葉を落として助けてくれたはとをねらう男の足を刺して、恩返しする「ありとはと」。きつねがぶどうをとろうといくら跳びあがっても届かずに、すっぱいぶどうなんかほしくなかったと負け惜しみをいう「きつねとぶどう」。その他「いぬとかげ」「ろばとおおかみ」など、数百のイソップのお話から13話を選び、長新太がそれぞれに一枚絵をつけた絵本。

「こどものとも」92号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐりとぐら

1963年12月号
030093

なかがわりえこ と おおむらゆりこ

お料理することと食べることが何より好きな野ねずみのぐりとぐらは、森で大きな卵を見つけました。目玉焼きにしようか卵焼きにしようか考えたすえ、カステラを作ることにしたぐりとぐらは、卵があまり大きくて運べないので、フライパンをもってきて料理することにしました。においにつられて森じゅうの動物たちも集まってきて……。子どもたちに圧倒的な人気のぐりとぐらの登場です。

「こどものとも」93号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (12)

こぶじいさま

1964年1月号
030094

松居 直 再話 赤羽末吉 画

額に大きなこぶのあるおじいさんが、山へ木を伐りにいって日が暮れてしまい、お堂で寝ていると、鬼が大勢やってきて歌い踊りはじめました。おもしろくなったおじいさんが、いっしょになって歌い踊ると、鬼たちもよろこんで、明日も来い、額のこぶは預かっておくといって、こぶをとってくれました。翌日隣のおじいさんが真似をして鬼といっしょに踊りますが……。おなじみの昔話の絵本。

「こどものとも」94号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1980年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

うみのがくたい

1964年2月号
030095

大塚勇三 さく 丸木俊子 え

ある船の船乗りは音楽好きで、航海の間も夕方になると甲板で合奏していましたが、音楽が始まると船のまわりに鯨やイルカやたくさんの魚が集まってくるようになりました。嵐の日、船に水が流れ込んできましたが、鯨たちが支えてくれたおかげで沈まずにすみました。船乗り達はお礼に楽器を鯨や魚たちに投げてやりました。それから、そのあたりの海では……。海の煌めきの美しい絵本。

「こどものとも」95号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ゆびっこ

1964年3月号
030096

小野かおる さく/え

5本の指はいつもいっしょじゃつまらないと、一人ずつ別々に遊びにいくことにしました。でも、おやゆびははさみがちっとも動かせません。ひとさしゆびはピアノがうまく弾けません。なかゆびはバイバイができず、くすりゆびは力が入らず、こゆびは犬をなでられません。ゆびっこたちは心細くなって家に帰ると手袋にとびこんで……。指を主人公にした楽しい絵本。

「こどものとも」96号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 12, 2005 1963年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)