2005/08/05

「こどものとも」とわたし    松岡享子

 「こどものとも」を創刊号から欠号なくもっているというのは、わたしの自慢のひとつになるだろう。今は大事を取って倉庫に預けているが、最初の十数年分は、タイトルをいってもらえば、たぶん表紙の絵も、おはなしも思い出すことができると思う。アメリカ留学から帰って、大阪市立図書館で働いていた1963年から5年にかけて、また自宅で文庫をはじめた1967年からの数年分は、毎月、子どもといっしょに届くのをたのしみに待って、取り合うようにして読んでいたので、とくに印象が強い。号数でいえば70号から100号あたり。このころは、毎号力作揃いで、また、そのころの子どもたちは、ものすごい集中力で絵本に向かっていたので、そばで見ていても、絵本と子どもが、がっぷり四つに組んで勝負している(もちろん、どれだけたのしめるかの勝負だけれども)という感じだった。「おおきなかぶ」(74号)の「うんとこしょ どっこいしょ」に嬉々として唱和していた子どもたちの声や、「かわ」(76号)の上に長時間かがみこんでいたいくつも坊主頭が、なつかしく思い出される。

 絵本そのものもたのしみだったが、わたしにとって、それに劣らずたのしみだったのが折込みだった。あの小冊子に、当時は、石井桃子さん、瀬田貞二さん、渡辺茂男さんなどが、とても力のこもった文章を寄せていらっしゃって、絵本や、子どもの読書について、ずいぶん多くをここから学ばせてもらったものだ。まだ若かったわたしも紙面をいただいて、留学からの帰途、松居直さんのお供をして訪ね歩いたヨーロッパの図書館や、出版社のこと、大阪の図書館で初めて定期的におこなった「おはなしのじかん」の報告、また、我が家の文庫の子どもたちの様子などを書かせていただいた。なにもかもが上向きで、よい方へと動いている実感があったあのころのことを思うと、若いころの意欲と元気が戻ってくるようだ。

松岡享子(まつおか きょうこ)
神戸に生まれた。神戸女学院大学英文科、慶応義塾大学図書館学科を卒業ののち渡米。ウェスタンミシガン大学大学院で児童図書館学を学び、ボルチモア市公共図書館に勤めた。帰国後、大阪市立中央図書館小中学生室に勤務。その後、自宅で家庭文庫をひらき、子どもに接しながら、児童文学の研究、翻訳、創作に従事してきたが、1974年、石井桃子氏らとともに、財団法人東京子ども図書館を設立し、現在同館理事長。創作には、絵本『おふろだいすき』(福音館書店)、童話『なぞなぞのすきな女の子』(学習研究社)、翻訳には、絵本『しろいうさぎとくろいうさぎ』、童話「パディントン」シリーズ(以上福音館書店)など、多数の作品がある。

8月 5, 2005 1962年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1962(昭和37)年度にあったこと

東京の国鉄常磐線三河島駅構内で二重衝突事故。(死者160人、重軽傷者325人の大惨事)(5月)
日ソ漁業交渉で協定成立して妥結。(5月)
ジャック・ニクラウスがプロ入り後わずか半年でゴルフ全米オープンで優勝。(8月)
王貞治が初めて1本足打法でホームランを放つ。(7月)
アルジェリアがフランスから正式に独立。(7月)
世界最大のタンカー「日章丸」(13万2334トン)進水。(7月)
中国・インド国境紛争はじまる。(7月)
マリリン・モンローが謎の急死。(8月)
原水禁世界大会でソ連の核実験をめぐって社会党と共産党が対立して原水禁運動分裂(8月)

堀江謙一青年が小型ヨットのマーメイド号で初の太平洋横断。(8月)
戦後初の国産旅客機YS11、テスト飛行成功(8月)
金田正一投手が三振奪取3514個の世界新記録を樹立。(9月)
原油など230品目の貿易自由化実施。(10月)
ファイティング原田がボクシング・フライ級で世界チャンピオンとなる。(10月)
ソ連がキューバにミサイル基地を建設していることに対し、アメリカが海上封鎖で応じ「キューバ危機」起こる。(10月)
「昭和三八年一月豪雪」が死者・不明者231人をはじめ交通マヒなど全国に被害をもたらす(1月)
吉展ちゃん誘拐事件(3月)


主なベストセラー:『易入門』黄小娥(光文社)、『愛と死のかたみ』山口清人・久代(集英社)、『野生のエルザ』ジョイ・アダムソン(文藝春秋新社)
テレビ:『ベン・ケーシー』(TBS)、『てなもんや三度笠』(TBS)、『コンバット』(TBS)、『鉄腕アトム』(フジテレビ)など放送開始。
新商品:「ランチクラッカー」(前田製菓)、「きゅうりのキューちゃん」(東海漬物)、「バイタリス」(ライオン油脂(現ライオン))、「ノーカーボン紙」(十条製紙)、「バランス型瞬間湯沸かし器」(東京ガス)、「週刊少女フレンド」(講談社)、「サインペン」(大日本文具(現ぺんてる))
ヒット曲:中尾ミエ「可愛いベビー」、弘田三枝子「バケーション」


福音館書店では:「日本傑作絵本シリーズ」刊行開始『うさぎのみみはなぜながい』(1962年7月)、「創作童話シリーズ」刊行開始『いやいやえん』(12月)

8月 5, 2005 1962年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

かもときつね

1962年4月号
030073

ビアンキ 作 内田莉莎子 訳 山田三郎 画

秋の日、狐は旅立つ前の鴨を食べようと川へ出かけて、一羽の鴨に襲いかかりますが、羽を1本残して逃げられてしまいました。翼に傷を負った鴨は、冬をその場所で越すことになり、またも同じ狐に襲われますが、氷の穴から水中に逃げ込んで再び難を逃れます。やがて春になると新しい羽が……。『きつねとねずみ』に続くビアンキの動物物語の絵本。

「こどものとも」73号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円 (この号より28ページ定価100円になりました)

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おおきなかぶ

1962年5月号
030074

ロシア民話 内田莉莎子 訳 佐藤忠良 画

おじいさんが、かぶをうえました。やがてとてつもなく大きく育ったかぶは、どうしても抜くことができません。おじいさんはおばあさんをよんで、いっしょに引っ張りましたが、それでもかぶはぬけません。こんどは孫をよび、次は犬をよび、猫をよび、「うんとこしょ どっこいしょ!」。それでもかぶはぬけません。ついにはねずみもよんで……。おおらかで力強いロシアの昔話の絵本。

「こどものとも」74号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (2)

だいくとおにろく

1962年6月号
030075

松居 直 再話 赤羽末吉 画

何度橋をかけてもたちまち流されてしまう川に、橋をかけるよう村人に依頼された大工が、川岸で思案していると、鬼が現れて、目玉とひきかえに橋をかけてやるといいます。いいかげんな返事をしていると、2日後にはもうりっぱな橋ができあがっており、鬼は目玉をよこせとせまります。「おれのなまえをあてればゆるしてやってもええぞ」と鬼がいうので、大工は……。日本の昔話の絵本。

「こどものとも」75号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かわ

1962年7月号
030076

加古里子 作/画

高い山の雪どけ水や、山に降った雨から生まれた小さな流れは、谷川となって山を下り、ダムに貯められて発電所で電気を起こしたり、岩を砕いて小さな石ころにしたりしながら、平野に出て、田んぼを潤し、水遊びや魚釣りの場となり、いつしか大きな川になって、最後に海へとそそぎます。一つの川をめぐる自然と人間の営みを横長の画面いっぱいに細部まで描き込んだ絵本です。

「こどものとも」76号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

あふりかのたいこ

1962年8月号
030077

瀬田貞二 作 寺島竜一 画

太鼓が大好きな男の子タンボは、村にやってきた白人の男が無闇に動物を殺すのを見て、動物たちを遠くに逃がすように太鼓をたたいて合図を送りました。翌日から、動物が一匹も見つからなくなりましたが、一頭だけ現れた見事なインパラを、男とともに追っていくと、森の池のまわりには、命の水を飲むたくさんの動物が……。アフリカを舞台に自然への畏敬と命の尊さを描いた絵本。

「こどものとも」77号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (0)

かばくん

1962年9月号
030078

岸田衿子 作 中谷千代子 画

動物園に朝がきた。おきてくれ かばくん。——動物園にやってきたかめくんは、かばくん親子と水の中で遊びます。きょうは日曜日、子どもたちがたくさんやってきました。かばくんはキャベツをまるごと大きな口で食べ、ちびのかばくんとお昼寝します。やがて動物園に夜がきて……。動物園のかばの一日を簡潔な詩的な言葉と美しい絵で描いた絵本です。

「こどものとも」78号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (2)

つきをいる

1962年10月号
030079

中国民話 君島久子 訳 瀬川康男 画

大昔、天には太陽があるだけで、月や星はありませんでした。ある晩、とつぜん空にぎらぎら燃える月が現われ、田や畑を枯らし、人々を暑さで苦しめました。弓の名人ヤーラは、妻のニーオと力を合わせ、南山の大虎の尾の弓と、北山の鹿の角の矢を作り、山のてっぺんから月を射ます。月の模様の起源を語る中国の壮大な民話の絵本です。

「こどものとも」79号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

あかずきん

1962年11月号
030080

グリム 原作 大塚勇三 訳 宮脇公実 画

いつも赤いずきんをかぶっている女の子、あかずきんは、病気のおばあさんに届けるお菓子と葡萄酒をもって出かけました。でも森で出会った狼がことば巧みに誘うので、お母さんの忠告を忘れて、森の奥へと花を摘みに入っていってしまいます。そのすきに狼はおばあさんの家に先回りして、おばあさんをひとのみにすると……。おなじみのグリムの昔話の絵本。

「こどものとも」80号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

てんからふってきた たまごのはなし

1962年12月号
030081

チャペック 作 小鳥と天使のたまごの話より 三好碩也 文と画

昔、鳥は空を飛べませんでした。ある日、天からとほうもなくでっかい卵がぴかぴか光りながら降ってきたので、びっくりしてかけつけた鳥たちは、何の卵か確かめるために、卵を温めることにしました。世界中の鳥たちがかわるがわる温めると、生まれてきたのは、天使さまでした。天使はお礼に……。場面場面に世界の鳥を地域や種類毎に描き込み、その数なんと634種。

「こどものとも」81号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おおきな かぬー

1963年1月号
030082

大塚勇三 再話 土方久功 画

島の若者ラタはお父さんのなきがらを運ぶカヌーを作ろうと、森の中でいちばん高くそびえたっている大木を切り倒しました。けれども翌朝いってみると木は元通りに立っています。こんどは木を切ってカヌーの形にけずっておいても、翌朝にはまた元通り。ラタが夜通し見張っていると、何百何千という鳥と虫が木っ端や木くずをくわえて……。ポリネシアの民話の絵本。

「こどものとも」82号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は、こどものとも50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆきむすめ

1963年2月号
030083

内田莉莎子 再話 佐藤忠良 画

子どものいないおじいさんとおばあさんが、ある冬、雪で女の子を作ると突然動きだしました。おじいさんとおばあさんは大喜びして娘としてかわいがります。でも、春がきても、娘は家の中に閉じこもって外では遊びたがりません。やがて夏になり、娘はおじいさんやおばあさんにすすめられて、女の子たちと森に遊びに出かけますが……。『おおきなかぶ』のコンビによるロシアの昔話絵本。

「こどものとも」83号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

とんだ トロップ

1963年3月号
030084

小野かおる 文と画

北の国に住むトロップは、夏のお祭りのとびあがり競争の練習をしますが、兄さんのように高くは跳べません。それを見ていたまほうつかいは、跳び方を教え、魔法の黄色い紐を靴に結んでやります。でも、跳ぶときに声を出すなと言われたのを忘れ、お祭りの日に跳ぶとき、大声で「ぴょーい」と言ってしまうと……。躍動感あふれる絵本。

「こどものとも」84号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 5, 2005 1962年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)