2005/07/15

『かいたくちの みゆきちゃん』のころ   水口 健

 「この人の絵で絵本をつくりたい。絵をかいてもらうために、ミナクチ君、文章をかいてください」。福音館の編集長であった松居君がそう言い出した。昭和33年(1958年)初めのことだ。
 この人、というのは親しくしていただいていた坂本直行さん。坂本さんは北海道十勝の下野塚原野に開墾に入り農業を営んでいた。アルピニスト、エッセイスト、そして水彩で山や植物を描く。その絵が清新で美しい。
 そのころ僕は北海道から東京に移住し、ある会社に勤めていたのだが、松居君とは、じつは京都での幼馴染み。毎朝、中学校にコロコロと連れ立って通っていた。そんな関係で坂本さんの絵を見せたら、そういう話になった。
 坂本さんの生活は開墾、開拓農家という過酷ともいえる厳しいものだったが、一面、『大きな森の小さな家』に描かれているインガルス一家の生活そのもので、原野のお宅にお邪魔するたびに強く惹かれていた。そうだ、あの生活の子どもをかこう、と決めた。

 日が経ち、僕は福音館に勤めることになった。昭和33年(1958年)暮れのことだ。当時、福音館は東京都千代田区水道橋の木造民家を社屋とし、社員総勢33人。昼になると、台所でつくられた食事が出てくる。ちょっとした家族みたいな、小さな小さな会社だった。
 昭和34年(1959年)秋、「こどものとも」44号として『かいたくちの みゆきちゃん』が出来上がった。「みゆきちゃん」を前にして、松居編集長が気の毒そうに言う。
 「ミナクチ君、君は今はうちの社員。社員のかいたものには原稿料を払わないきまりになっている。だから原稿料は出ない。悪い」
 「げっ!」
 驚いたが、なるほどそういうものかもしれないと納得した。そういう時代だったのだ。
 ところで『かいたくちの みゆきちゃん』を漢字混じりでかくとこうなる。「開拓地の美雪ちゃん」。なぜわざわざこんなことをかくかというと、ある人が平仮名書きのタイトルを見て「描(か)いた口のみゆきちゃん」と読んだのだ。みゆきちゃんという女の子が絵を描く。そこに描かれた口が動き出して活躍する……。不思議なお話だと思って、タイトルを見てワクワクしてました、と。
 「はあ、ちょっと違いまして」と説明した。
 『かいたくちの みゆきちゃん』で思い出すことは他にもいろいろあるのに、こんなことどもを思い出してしまった。

水口 健(みなくち たけし)
1926年、東京生まれ。京都で育つ。帯広農業専門学校(現帯広畜産大学)卒業。北海道農業試験場勤務の後、農業、高校教員、新聞記者をへて、1958年福音館書店入社。絵本の編集などに携わった。

7月 15, 2005 1959年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (0)

1959 (昭和34)年度にあったこと

皇太子殿下と正田美智子さんがご結婚。(4月)
初めての天覧試合で巨人の長嶋が阪神の村山からサヨナラホームラン。(6月)
田中聡子が200m背泳に2分37秒1の世界新記録(日本女子水泳の世界新記録は1933年の前畑以来)(7月)
「伊勢湾台風」が全国に被害をもたらす。(9月)
ソ連の人工衛星「ルーニク2号」が史上初の月面到達(9月)「ルーニク3号」が月の裏側の撮影に成功(10月)
日米安保条約改定阻止の国会請願で2万人のデモ隊が国会構内に入る(11月)

三井鉱山が三池炭鉱の労働者1279人の指名解雇を通告、三井三池争議が始まる。(12月)
第1回日本レコード大賞、水原弘「黒い花びら」に決定。(12月)
在日朝鮮人の第1次北朝鮮帰還者975人が北朝鮮へ帰る。(12月)
皇太子妃美智子様が浩宮徳仁親王をご出産。(2月)

主なベストセラー:『にあんちゃん』 安本末子 (光文社)
テレビ:『ザ・ヒット・パレード』(フジテレビ)、『ママちょっと来て』(NTV)、『ローハイド』(NET(現テレビ朝日))、『兼高かおる世界飛び歩き』(後に『兼高かおる世界の旅』、KRT(現TBS))など放送開始。
新商品:スノータイヤ(ブリヂストン)、プレハブ住宅(大和ハウス)、ハーフサイズのコンパクトカメラ「オリンパス・ペン」(オリンパス)、電子オルガン「エレクトーン」(日本楽器(現ヤマハ))、「のりたま」(丸美屋食品)
この年始まったもの:「緑のおばさん」、「若い根っこの会」、駐車違反のレッカー車移動

7月 15, 2005 1959年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ふうせんの おしらせ

1959年4月号
030037

与田凖一 作 竹山 博 画

赤いふうせんが、眠っていたくりの木の芽によびかけました。「はるですよ、はるですよ」黄色いふうせんは土手のつくしに、青いふうせんは丘のわらびに、春の訪れを知らせます。ふうせんのお知らせで、冬の間眠っていた草花や動物たちが、それぞれ順番に目を覚まします。空に舞うふうせんが春をはこぶさわやかな絵本です。

「こどものとも」37号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

三びきの やぎの がらがらどん

1959年5月号
030038

瀬田貞二 訳 池田龍雄 画

三びきのやぎのがらがらどんは、山に太りに行くところ。でも、恐ろしいトロルの住む橋を渡らなければなりません。最初に一番小さなやぎが行くとトロルは、「きさまを、ひとのみにしてやろう」「ちょっとまって。つぎのやぎはもっと大きいよ」…… こうして最後にいちばん大きなやぎが大活躍。世界の子どもに大人気のノルウェーの民話を絵本にしました。

「こどものとも」38号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

このお話をマーシャ・ブラウンが絵本にしたもの(訳はこの絵本と同じ瀬田貞二)が、1965年に「世界傑作絵本シリーズ」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

たぐぼーとの いちにち

1959年6月号
030039

小海永二 作 柳原良平 画

船をひっぱる船、たぐぼーと。小さなはしけをいくつも引っ張って、大きな貨物船につけてゆきます。次は長い間働いて使えなくなった船をドックへ運び、休む間もなく、10000トンもある新しい移民船を港の外まで……。朝から晩まで一生懸命働きます。ウィスキーのCMで一世を風靡した、船をこよなく愛する画家柳原良平が、大胆かつ精確に描いた船の絵本です。

「こどものとも」39号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

きつねとねずみ

1959年7月号
030040

ビアンキ 作 内田莉莎子 訳 山田三郎 画

きつねのだんなはねずみを見つけて聞きました。「鼻がどろんこ、どうしたんだい?」「巣穴をつくったのさ」「なんだって巣穴を掘ったんだい?」「あんたからかくれるため」…… きつねはねずみを捕まえようとしますが、ねずみの巣穴は、寝室・食料庫・逃げ道完備。見事に逃げられてしまいました。自然の営みを見事に語るロシアの作家ビアンキのお話の絵本です。

「こどものとも」40号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

1967年に絵を全部描き直した新版が「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (2)

七わのからす

1959年8月号
030041

グリム 作 瀬田貞二 案 堀内誠一 画

生まれたばかりの妹のために水を汲みにいって、泉に壺を落としてしまった七人の兄さんは、腹をたてたお父さんから「からすにでもなっちまえ」とどなられると、七羽のからすになってしまいました。大きくなった妹は、そのことを知ると兄さんたちを探しに旅に出ました。この世のはてまでも巡ったあげく……。堀内誠一が描いたグリムの昔話の絵本。

「こどものとも」41号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

やまなしもぎ

1959年9月号
030042

平野 直 案 佐藤忠良 画

三人兄弟が病気の母のために山梨の実を取りにいくことになりました。最初はたろうが行きますが、途中で出会ったばあさまの忠告をきかずにいって、沼の主にげろりと呑みこまれてしまいます。次にいったじろうもまったく同じこと。最後に一番下の弟さぶろうは……。物語の骨格がしっかりした昔話の絵本です。

「こどものとも」42号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

この昔話は同じく平野直の再話で、新たに太田大八の絵によって「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として1977年に刊行され、現在も販売されています。

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おはがきついた

1959年10月号
030043

中川正文 作 村山知義 画

野原のまん中で止まった貨物列車の、緑の箱からヤギが、白い箱からカンガルーが、次から次へと箱の扉が開いて、動物たちが降りてきました。そこへ、お知らせの葉書を見た村の子どもたちが集まってきます。サーカスが始まりました。やがて動物たちはまた汽車に乗って、次の村へ……。サーカスがやってくるわくわくする気持が伝わる絵本です。

「こどものとも」43号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

かいたくちのみゆきちゃん

1959年11月号
030044

水口 健 作 坂本直行 画

北海道の開拓者一家の娘みゆきちゃん。朝は、にわとりやあひる、羊、牛、豚など動物たちにえさをやってから、朝ご飯です。ご飯がすむと、とうもろこしの取り入れ、昼からはまきつくり、夕方になると牛を放牧地から連れ帰り、馬をはなしてやります。それからみゆきちゃんはたまごひろい。自然の中で働く開拓者の生活をいきいきと描く絵本です。

「こどものとも」44号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

クリスマスの まえのばん

1959年12月号
030045

クレメント・ムーア 作 渡辺茂男 訳 大沢昌助 画

クリスマスの前の晩。暖炉のそばに靴下をかけて、子どもたちがすやすや眠っていると、鈴の音が聞こえて、8ひきのトナカイの引く雪ぞりに乗った小さなおじいさん、サンタクロースがやってきました。煙突からすすだらけになって入ってくると、靴下に贈物をつめて去っていきます。1822年に書かれ今日のサンタクロース像の原型となったといわれるムーアの物語詩を絵本にしました。

「こどものとも」45号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

この物語詩に1902年にデンスロウが絵をつけた絵本が、渡辺茂男の新しい訳によって「世界傑作絵本シリーズ」の1冊として、現在刊行されています。

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

あなぐまのはな

1960年1月号
030046

パウストフスキー 作 ワルワラ・ブブノワ 画 内田莉莎子 案

深い森の中の湖へ魚を釣りにきて、キャンプしていたときのこと、夕方、ジャガイモを焼いていると、草むらから小さなアナグマが現れて、フライパンに鼻をつっこんで、大声で叫んで逃げていきました。翌朝、アナグマは切り株の木くずにやけどした鼻を突っ込んでいました。それから1年後……。野生動物とのちょっとユーモラスな出会いを淡々と描いた絵本。

「こどものとも」46号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おだんごぱん

1960年2月号
030047

瀬田貞二 訳 井上洋介 画

おばあさんは粉箱をごしごしひっかいて集めた粉で、おだんごぱんを焼きました。窓のところで冷やされたおだんごぱんは、ころんと転がると、いすからゆかへ、ゆかから戸口を出て、おもての通りへ逃げ出しました。途中で出会ったウサギからも、オオカミからも、クマからも上手に逃げたのに、口のうまいキツネに、つい気を許して……。ロシアの民話の絵本。

「こどものとも」47号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

このお話に脇田和が絵を描いた絵本が1966年に「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

あたらしい うち

1960年3月号
030048

加古里子 作 村田道紀 画

あきこちゃんの家族は、土地を借りて新しい家を建てることになりました。おじさんたちが、杭を打ち、土台を作り、大工さんが板を切り、柱をけずり、棟木を刻みます。やがて棟上げを迎え、屋根ができると、雨や風にももう大丈夫。壁が塗られ、電気の線も引かれ、いよいよ引越です。一軒の家ができあがる過程とその喜びを、ひとりの女の子の視点から描いています。

「こどものとも」48号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 15, 2005 1959年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)