2005/07/07

私自身の絵本体験  松居直

 1956年に創刊した月刊物語絵本「こどものとも」の企画を思いついたのは、私自身の幼児期の月刊絵本の体験が鍵になっています。
 満3才のころに、夜眠るときに母が添寝をして絵本を読んでくれました。昼間は家事と6人の子どもの面倒をみるのに忙しい母ですが、この時は私が母を独占できる唯一の機会です。弟は赤ん坊で兄は小学生でした。母が私の方に気持を向けて語りかけてくれるのが何よりも嬉しく、70有余年たった今も、その歓びはいきいきと心に残っています。

 そのとき母が読んでくれた絵本は、月刊の絵雑誌「コドモノクニ」でした。1922年創刊の「コドモノクニ」は、日本の子どもの本の歴史に輝く月刊絵本の傑作で、わが国の童謡の黄金時代の詩人たちの新作発表の晴の舞台でした。また「童画」といわれた絵本の新しい芸術的な挿絵の発表の場でもありました。わが国の現代の絵本の原点といってもよいと思われます。
 この美しく楽しい「コドモノクニ」の新刊が、本屋さんから毎月とどくのがどんなに待ちどおしかったか、また新刊の「コドモノクニ」を、心を躍らせて手で開いてみた歓びの印象は宝物のようです。そしてその晩から、待ちに待った新しい「コドモノクニ」への旅が、母の声にさそわれて始まります。この絵本を待つ楽しみは、貴重な幼児体験です。
 やがて幼稚園に通園するようになり、「キンダーブック」を毎月手にする歓びが増えました。観察絵本「キンダーブック」は、児童文学と童謡の粋を集めた芸術的な絵本「コドモノクニ」とは異なる、日常生活でのものを見る眼をゆたかにするノンフィクションのおもしろさを語りかけてくれます。幸いなことに私はこの2種の月刊絵本によって、いつもいつも新しい心躍る感性の体験をすることができました。しかもその体験は、母が共に居て、母の声で心と身体にしみ通るのです。この生活習慣としての絵本の歓びの体験こそが、言葉の持つ不思議な力とその働きを知らず知らずのうちに伝え、いつか私を本好きの子どもに成長させる力となりました。
 この月刊絵本のかけがえのない幼児体験に基づいて、創作童話や昔話を核とした全く新しい表現芸術としての月刊絵本を、子どもたちに贈ろうと願って創刊したのが、月刊物語絵本「こどものとも」です。その後、メディア全盛の時代となった現在、自分の「手」でページをめくって楽しむ絵本の意義と、その文化性は、子どもの成長にかけがえのないものとなっています。

松居 直(まつい ただし)
児童文学家。京都生まれ。1951年同志社大学法学部卒業後、福音館書店の創業に参画し、編集部長、社長、会長をへて、1997年より相談役、現在に至る。1956年月刊物語絵本「こどものとも」を創刊し、編集長として赤羽末吉、長新太、堀内誠一、安野光雅、加古里子、中川李枝子など、多くの絵本作家を世に出す。また、『ももたろう』(1965年サンケイ児童出版文化賞受賞)『だいくとおにろく』や、陶淵明の詩をもとにした『桃源郷ものがたり』など多数の絵本を執筆。著書は、『絵本とは何か』『絵本の森へ』(日本エディタースクール出版部)、『絵本・ことばのよろこび』『子どもの本・ことばといのち』(日本基督教団出版局)、『にほんご』(共著、福音館書店)、『絵本の力』(共著、岩波書店)など多数。

7月 7, 2005 1958年, エッセイ | | コメント (2) | トラックバック (0)

1958 (昭和33)年度にあったこと

長嶋茂雄(巨人)デビュー戦で金田正一(国鉄)に 4連続三振を喫す(4月)
第3回アジア競技大会、東京で開催(5月)
秋田県の八郎潟干拓が始まる(8月)
文部省、「道徳教育」の義務づけを通達(8月)
「狩野川台風」が伊豆地方を中心に広い範囲で大きな被害をもたらす(9月)
ヴェネチア国際映画祭で稲垣浩監督『無法松の一生』がグランプリ受賞(9月)

フラフープ大流行(10月〜)
東京・大阪間を6時間50分で結ぶ特急「こだま」運転開始(11月)
東京タワー完成(12月)
メートル法全面実施(59年1月)
南極の昭和基地に約1年間取り残されていたカラフト犬タロー・ジローの2頭生存確認(1月)
初の少年週刊誌『少年マガジン』(講談社)、『少年サンデー』(小学館)発売(3月)

主なベストセラー:『人間の条件』1〜6 五味川純平(三一書房)
テレビ:『バス通り裏』(NHK)、『光子の窓』(NTV)『スター千一夜』(フジテレビ)など放送開始。ドラマ『私は貝になりたい』(KRT(現TBS))芸術祭テレビ部門大賞受賞
新商品:野球盤(エポック社)、ステレオレコード(日本ビクター)、即席チキンラーメン(日清食品)、缶入りビール(朝日麦酒)、プラモデル(マルサン商店)

7月 7, 2005 1958年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

はなと あそんできた ふみこちゃん

1958年4月号
030025

与田凖一 作 堀 文子 画

昼間遊んだ牧場の花たちに「おやすみなさい」をいって眠ったふみこちゃんは、花たちのくらしている不思議な世界に来ていました。光の庭、鏡の部屋、赤い公園などを通り、お城に入ると、花たちは音楽に合わせて踊っています。やがて夜明け近くになり……。幻想的な花の世界を大胆に描いています。

「こどものとも」25号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

くまさんに きいてごらん

1958年5月号
030026

M・フラック 作 木島 始 訳 おの かほる 画

ダニーはお母さんの誕生祝いを探しに出かけました。にわとりはたまご、がちょうははねのまくら、やぎはチーズ、ひつじはもうふ、うしはミルクとクリームがいいと教えてくれますが、みんなお母さんがもっているものばかり。最後にくまが教えてくれたのは……。マージョリー・フラックが娘のために語った物語を新たな絵本にしました。

「こどものとも」26号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

てんぐの こま

1958年6月号
030027

岸 なみ 編 山中春雄 画

お寺の小僧いっちょうさんは、いたずらものですが、こま回しなら誰にも負けません。ある晩いっちょうさんが廊下を歩いていると、突然からだを空へもちあげられ、おおぜいの天狗の中に連れていかれました。天狗になれとおどされますが、いっちょうさんは天狗たちにこま回しの勝負を挑みます。伊豆地方の昔話の絵本。

「こどものとも」27号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

でてきて おひさま

1958年7月号
030028

うちだみちこ 案 丸木俊子 画

お日さまが三日も顔を出さないので、ひよこたちは探しに出かけました。カササギやウサギやカモにきいてもわかりません。最後にハリネズミにきくと、山の上から雲にのって月のところへ連れていってくれました。月の案内でお日さまの家に行った動物たちは、寝ている間に真っ黒に汚れたお日様をぴかぴかに洗ってあげました。スロバキアの民話。

「こどものとも」28号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

このお話は「普及版こどものとも」(現在の年中向き)1984年2月号で、堀内誠一絵によって再び絵本になっています。

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (2)

ろくと はちの ぼうけん

1958年8月号
030029

木島 始 作 池田竜雄 画

かくれんぼの最中に、壺の中で眠ってしまったろくちゃんは、気がつくと暗い森の中にいました。るんるんうなっている蜂に、もっていた飴をなめさせたりしながら夜を明かすと、そこに、逃げ出した牛を追いかけてじいさんがやってきました。蜂と協力して牛を栗の木に衝突させて動けなくしますが、じいさんはお礼もくれずに……。空想物語の絵本。

「こどものとも」29号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ピー、うみへいく

1958年9月号
030030

瀬田貞二 作 山本忠敬 画

遊覧ボートのピーは見物人をのせて港の中をまわっています。港には客船や貨物船、大きな帆船や捕鯨船から小さな曳舟までいます。ある日、見たこともない外国船から広い海の話を聞いて、ピーはひとりで港の外に出かけます。見渡す限りの青い海。ところが、そこへ嵐がやってきて……。乗り物絵本の一時代を築いた山本忠敬のデビュー作です。

「こどものとも」30号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

しらさぎのくる むら

1958年10月号
030031

いぬいとみこ 作 稗田一穂 画

7月になるとたろうの村に、しらさぎがひなを孵しにやってきます。たろうの家の竹薮でもしらさぎのぎーが生まれ、飛ぶけいこをはじめました。そんなある日、ひどい嵐の翌朝、巣から落ちたぎーを見つけたたろうは、どじょうやみみずをやって、たいせつに育てます。やがて、しらさぎの旅立つ日がやってくると……。身近な鳥との交流を描いた絵本。

「こどものとも」31号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おなかの かわ

1958年11月号
030032

鈴木三重吉 訳 村山知義 画

ねことおうむは相談して、毎日かわるがわる相手をよんでごちそうすることにしました。ところがよくばりなねこは、おうむが出したごちそうを二人分全部たいらげたあげく、おうむも、おばあさん、ろば、王様の行列まで、まるのみにしてしまいます……。アメリカのブライアントのお話集から鈴木三重吉が訳した物語を、演劇・美術等の多方面で活躍した村山知義が描いた絵本です。

「こどものとも」32号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

この絵本は、お話を瀬田貞二再話に変更し、絵も村山知義の描き直しと追加により、「普及版こどものとも」(現在の年中向き)1975年2月号として新版(本文横組み・左開き)が刊行されました。

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (2)

くろうま ブランキー

1958年12月号
030033

伊東三郎 訳 堀内誠一 画

黒馬のブランキーは、主人の家をつくるために一生懸命働いても、小屋も作ってもらえません。やがて年とったブランキーは、主人に力いっぱいたたかれて、道に倒れてしまいます。その晩、サンタクロースが天からおりてきて、しずかにその首をなでると……。フランスのフレネ学校の共同創作を原作とした、静かなクリスマス絵本。絵本作家堀内誠一のデビュー作です。

「こどものとも」33号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。(傑作集版では、本文横組み、左開きに変更されています)

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

だむの おじさんたち

1959年1月号
030034

加古里子 作・画

山奥の谷川を上ってきたのは、発電所をつくるために下調べに来たおじさんたちでした。やがてトラックが、ブルドーザーが、おじさんやお兄さんがたくさんやってきて、ダムの工事が始まりました。昼も夜も夏も冬も、おじさんたちは働き続けます。大勢のおじさんたちが何年もかかって大きなダムを完成させました。加古里子のデビュー作です。

「こどものとも」34号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

おしゃべりな たまごやき

1959年2月号
030035

寺村輝夫 作 長 新太 画

卵の好きな王様は、遊び時間にお城の鶏小屋の鍵を開けてしまいました。とびだしてきたにわとりに王様が追いかけられているのを見て、兵隊も大臣も大騒ぎ。鍵を開けた犯人探しが始まって、王様はあわてて鍵を捨てましたが、それを1羽のにわとりが見ていたもので……。この絵本によって、長新太は第5回文藝春秋漫画賞を受賞しました。

「こどものとも」35号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

このお話を増補したものに全く新しい絵を付けた大判の絵本が、寺村輝夫・長新太のコンビのまま1972年に刊行され、現在も販売されています。

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (2)

とんだよ、ひこうき

1959年3月号
030036

松居 直 作 寺島竜一 画

まりちゃんの住む小さな島の浜辺に、飛行機が不時着しました。プロペラがまがって飛び立つことができません。まりちゃんは灯台に飛行士のおじさんたちを連れていって、助けをよんでもらうことにしました。救援のヘリコプターでプロペラが届き、修理を終えた飛行機は、砂浜から飛び立ちます。子どもの空へのあこがれに応える絵本です。

「こどものとも」36号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

7月 7, 2005 1958年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)