2005/06/30

「こどものとも」創刊のころ  鳥越 信

 私が学校を出て岩波書店の編集部に入ったのは、1953年12月のことだった。ちょうど新しくスタートした「岩波の子どもの本」という絵本シリーズに人手が必要だったからである。以来4年間、予定されていた全34冊の刊行が終ったあとは、「岩波少年文庫」を担当していたが、1957年の12月に退社した。
 従って福音館書店が「こどものとも」を創刊した1956年4月は、私の岩波在社中のことだったから、今も鮮明に記憶している。現在は国際児童文学館に寄附してしまったため、手もとには一冊もないが、私はその創刊号から毎月購入して、きちんと目を通していた、最も熱心な読者の一人だったのである。
 その記憶の中でもやはりいちばん強烈な印象は、一冊一作主義の新しい方式を打ち出した点だった。月刊の逐次刊行物でありながら、従来の雑誌形式ではなく、単行絵本を提供するという、それまで全くなかった新鮮で大胆な実験に対して、私はうまくいくのかと心配しながらも、この冒険ともいってよい思い切ったやり方に感動を覚えたものだった。

 しかし一方、内容に関しては正直なところ私はかなり失望させられた。その理由は二つある。
 まず第一は、創刊号の「ビップとちょうちょう」が、「講談社の絵本」と同じべったり絵本だった点である。私が「岩波の子どもの本」を通して学んだ最高のカルチャー・ショックは、「外国の絵本には白い部分がある」ということで、「講談社の絵本」で育った私にとって、それは目もくらむような驚きだった。だからよけい気になったわけである。
 第二は、第2号の「セロひきのゴーシュ」、第9号の「マッチうりのしょうじょ」など、名作の再話・翻案絵本が出てきた点である。私は完訳主義を標榜していた岩波書店の影響ということでなく、自分の考えとして再話・翻案・抄訳・重訳はよくないと思っていたから、これにはがっかりさせられた。
 そうはいっても、実は「岩波のこどもの本」も、原書のレイアウトをかえたり、それにともなう原作の改変など、間違いを多々犯してきた。今ほど絵本に対する見方が成熟していなかった時代の制約ともいえるが、お互い、その後の絵本の盛況に至る必然的な道を歩んできたと考えるしかないのだろうか。
             

鳥越 信(とりごえ しん)
 1929年(昭和4年)、神戸市に生まれる。早稲田大学文学部国文学科卒業。在学中、古田足日氏、神宮輝夫氏ら早大童話会のメンバーと『「少年文学」の旗の下に!』(「少年文学宣言」)を発表。卒業後、岩波書店に勤務、石井桃子氏らと海外児童文学の紹介に努めた。また、古田、神宮、山中恒氏らと、児童文学研究誌「小さい仲間」(1954年7月創刊)を発行。一方、文庫活動や全国講演を通し、読書運動にも半世紀にわたり関わりつづけている。
 1960年〜83年、早稲田大学非常勤講師、専任講師、助教授、教授を歴任。79年、「鳥越コレクション」と呼ばれた児童文学関係資料12万余点を大阪府に寄贈、これを基に児童文学の専門研究機関として、大阪府立国際児童文学館が84年5月に開館、以降91年まで同館総括専門員として勤務。94年からは聖和大学大学院教授に就き、ゼミ生を中心に研究してきた成果を編んだ、日本初の近代絵本史『はじめて学ぶ日本の絵本史』(全3巻)(ミネルヴァ書房)で、二つの賞を受ける。今春、11年間勤めた同学を定年退職。著書・受賞多数。
(くわしいプロフィールは、鳥越信さんのホームページをご覧ください)

6月 30, 2005 1957年, エッセイ | | コメント (0) | トラックバック (1)

1957 (昭和32)年度にあったこと

1954年から31ヵ月続いていた神武景気終わる (6月)
茨城県東海村の原子力研究所、日本初の原子炉臨界実験成功(8月)
ソ連、世界最初の人工衛星スプートニク1号打ち上げ成功(10月)
毎日・大映が合併しプロ野球パ・リーグ6球団制になる。(11月)
日教組、勤務評定反対闘争はじまる。(11月)
100円硬貨発行(12月)
第1回日劇ウェスタン・カーニバル開催、ロカビリー・ブーム最高潮(58年2月)

主なベストセラー:『挽歌』原田康子(東都書房)
テレビ:『今日の料理』(NHK)、『月光仮面』(KRT(現TBS))など放送開始
映画:『喜びも悲しみも幾年月』(木下恵介監督)、『戦場にかける橋』(米国映画)
自動車:「ミゼット」(ダイハツ工業)、「プリンス・スカイライン」(富士精密(現日産自動車))、「コロナ」(トヨタ自動車)、「スバル360」(富士重工)発売開始
新商品:ズボン専用ファスナー(吉田工業(現YKK))、ポリバケツ(積水化学工業)、粉末ジュース(渡辺製菓)、バレンタイン用チョコレート(メリーチョコレート)
子どもの本の出来事:
瀬田貞二さんが編集責任の『児童百科事典』全24巻(平凡社)完結
「こどものとも」(1号〜11号) 第4回サンケイ児童出版文化賞受賞

6月 30, 2005 1957年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

はるですよ

1957年4月号
030013

野上 彰 作 渡辺三郎 画

いちろうさんが初めて幼稚園へ行く日、ぬいぐるみのくまの子がおともについていくことになりました。すみれの咲く道を通り、原っぱでヤギと相撲を取り、桜の花の散る土手を過ぎると、大きな犬のいる横丁、そして自動車の行き交うバス通りを通らなければなりませんが……。初めて幼稚園に行く子どもの期待と不安をのびやかに描いています。

「こどものとも」13号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

みなみからきた つばめたち

1957年5月号
030014

いぬい とみこ 作 竹山 博 画

ツバメのちぷちぷ、ぴっぴ、あき、まりたちは、生まれ故郷の日本を目指し、オーストラリアを飛び立ち、長い空の旅に出ます。アホウドリやトビウオに見送られ珊瑚礁を下に見ながら飛んでいくと、ある日おそろしい嵐に出会いましたが……。もっともなじみぶかい渡り鳥であるツバメの渡りをテーマにした絵本です。

「こどものとも」14号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ぺにろいやるのおにたいじ

1957年6月号
030015

ジョーダン 再話 吉田甲子太郎 訳  山中春雄 画

谷の城に住んで人々を悩ませていた鬼を、山の城の王子も兵隊も、退治することができません。すると、お人好しの意気地なしと思われていた小さい男の子ぺにろいやるは、友だちのところへ遊びに行くみたいに、おもちゃを持って鬼の城へ出かけていきました……。アメリカのジョーダンが集めた昔話集の中の、心にしみいるお話です。

「こどものとも」15号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

みんなで しようよ

1957年7月号
030016

小林純一 作 岩崎ちひろ 画

ころんで膝小僧をすりむいても、みんなが「だいじょうぶかい」っていってくれるから、泣かない。花の種をまくのも、いもむしごろごろをするのも、ウサギやカナリヤの世話をするのも、何をするのも一人じゃない。園ではいつもみんなといっしょです。園に入って、みんなといっしょにいる楽しさを感じはじめた子どもたちの心を励ます絵本。

「こどものとも」16号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

もりの むしたち

1957年8月号
030017

三芳悌吉 作・画

たっちゃんは、虫の好きなお姉さんといっしょに、森へ虫を見にいきます。麦畑の上にはトンボが飛び、草むらの笹の枝ではカマキリの子どもが生まれたところ、乾いた砂地にはアリジゴクが、森の水たまりにはアオスジアゲハが……。生態に即した精確な絵で、物語にそって描かれた昆虫の絵本。子どもたちの虫への興味をかきたてます。

「こどものとも」17号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

いたずら うさぎ

1957年9月号
030018

野上 彰 作 太田大八 画

うさぎの“がらんぼ‐ごろんぼ‐げろんぼ”は山の奥に引っ越しましたが、もとのおうちに帰りたくなりました。でも、行く手にはおそろしいワシのびーんがーやオオカミのぎんぎんぎろりが待ち構えています……。いたずら好きなうさぎの冒険をいきいきと描いた絵本、『がらんぼ‐ごろんぼ‐げろんぼ』の第2弾です。

「こどものとも」18号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

きしゃは ずんずん やってくる

1957年10月号
030019

瀬田貞二 作 寺島竜一 画

山の麓の草原を走る汽車を、いつも線路脇で見ている車椅子の男の子がいました。ある日、長い貨物列車の通る音を聞いていて、レールの異常に気がついた男の子は、次に来る急行列車を、懸命に止めようとします。躍動感あふれる汽車の姿をドラマチックな物語の中で描いた、乗り物絵本です。

「こどものとも」19号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

くりひろい

1957年11月号
030020

厳 大椿 作 山田三郎 画

山に栗ひろいにいった野ネズミとリス、どちらも大きな栗を見つけましたが、独り占めしたい野ネズミは手伝いを断ります。リスは栗を川に浮かべて運ぼうとしますが、石に引っかかって動かなくなりました。そこにやってきたウサギに手伝ってもらって……。助けあうこと、工夫することが、暖かみのある絵でいきいきと描かれた動物の絵本。

「こどものとも」20号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

こびとの おくりもの

1957年12月号
030021

上沢謙二 訳 荻 太郎 画

クリスマスの前日、孤児のヒルダは、家の人たちに少しでも暖まってもらおうと、炉にくべるまつかさを取りに森に出かけました。するともみの木のそばに小さなおじいさんが現われ、雨のようにまつかさを降らせてくれました。かごいっぱい持って家に帰ると、なんとそれは銀のまつかさになっていました。ボヘミア地方に伝わる、心温まる民話です。

「こどものとも」21号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

すねこ・たんぱこ

1958年1月号
030022

与田凖一 作 朝倉 摂 画

ばあさまのすねから生まれた観音様の授かりものの男の子、すねこ・たんぱこ。いつまでたっても体は小さいが、利口者。よめをさがしに、むぎこがしを袋に入れ、馬の耳に入って、長者の家をたずねていきました。眠っている長者の娘のほっぺたにむぎこがしをぬって……。岩手に伝わる昔話をもとに、歌の形にして語られる昔話絵本。

「こどものとも」22号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

やまのきかんしゃ

1958年2月号
030023

松居 直 作 太田 忠 画

いつもは山奥の村で荷物を運んでいる小さい機関車が、ある大雪の日に、大きい機関車を手伝って、急行列車を引いて町まで行くことになりました。はりきって出かけましたが、山の中で吹雪に会い、立ち往生。すると保線区の人たちがやってきて雪かきをしてくれました。小さい機関車の活躍をダイナミックに描いた乗り物絵本。

「こどものとも」23号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (1)

がんばれ さるの さらんくん

1958年3月号
030024

中川正文 作 長 新太 画

動物園のオーケストラで、猿のさらんくんはトランペットを吹くことになりました。最初はちっともなりませんでしたが、みんなが寝ている間にも稽古して、吹けるようになり、大はりきり。ところがある日、動物園が火事になり、さらんくんは火の中へトランペットを取りに……。長新太の絵本デビュー作です。

「こどものとも」24号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

6月 30, 2005 1957年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (2) | トラックバック (3)