« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

「ゆっくり子育て、たっぷり絵本」展、盛況です!

28日よりはじまりました、高崎シティギャラリーでの「ゆっくり子育て、たっぷり絵本」展が、おかげさまで大変好評です。

「母の友」の顔、酒井駒子さんの表紙絵原画の展示や
Photo

連載「絵本作家のアトリエ」関連の展示(写真は角野栄子さん)、
Photo_2

Photo_3

「わたしの好きな絵本」
Photo_4

そして、子どもが乗って写真を撮ることができる「ぐりとぐらのたまご」コーナーも!
Photo_5

2月7日まで開催中です。ぜひ足をお運びください!

1月 30, 2012 編集部からのお知らせ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

福音館書店創立60周年記念・絵本原画展「ゆっくり子育て、たっぷり絵本」

おかげさまで福音館書店は、2012年2月1日で創立60周年を迎えます。

このたび、それを記念した企画展ゆっくり子育て、たっぷり絵本」が、群馬県高崎シティギャラリー1月28日(土)~2月7日(火)まで開催されます。

『くろうまブランキー』(堀内誠一)、『ちょっとだけ』(鈴木永子)、『くだもの だもの』(山村浩二)、『万里の長城』(加古里子)といった絵本原画をはじめ、「母の友」の酒井駒子さん表紙絵の展示や、人気連載「絵本作家のアトリエ/書斎」の再現コーナーもあります。

親子でたっぷり絵本の世界を楽しめる展覧会です。会期中、角野栄子さんらの講演会も。ぜひ足をお運びください。

第18回絵本原画展
福音館書店創立60周年記念「ゆっくり子育て、たっぷり絵本」

期 間 2012年1月28日~2月7日

会 場 高崎シティギャラリー
     群馬県高崎市高松町35-1
     10時~18時(入館は30分前まで)会期中無休
    
入場料 前売り一般600円、子ども(4歳~18歳)400円

主催・問合せ先 NPO時をつむぐ会
          電話 027-352-4613
          http://www3.ocn.ne.jp/^honnoie

絵本原画 全点展示
『くろうまブランキー』『ちょっとだけ』『くだもの だもの』
『万里の長城』

「母の友」からは……
酒井駒子・「母の友」表紙絵10点
「絵本作家のアトリエ/書斎」再現!
  加古里子、山脇百合子、角野栄子、山村浩二、マーシャ・ブラウンほか

『ぐりとぐら』の卵の車に乗れる! 記念撮影コーナー

講演会・イベント

1月28日 10:00 オープニングセレモニー
     11:00 山村浩二 ギャラリートーク&サイン会
     13:30 勝尾栄(「母の友」元編集長) ギャラリートーク
    
1月29日 10:30 松居直講演会「絵本が育てる子ども」(1000円)
     14:00 角野栄子講演会「『魔女の宅急便』とわたし」(1000円)

そのほか、会期中、トークやイベントが盛り沢山! 詳しくは上記HPをご覧ください。

優れた絵本や児童文学を日本の子どもたちに届けてくれた、福音館書店創立60周年記念展覧会を開催することになりました。

絵本の原画展示をはじめ、「ゆっくり子育て、たっぷり絵本」をテーマに、親と子、家庭を基盤においた絵本作りの60年間を展示したいとおもいます。

福音館書店創業2年目に童話と家庭教育の雑誌「母の友」が創刊され、今年9月号で700号になりました。時代を超えて読み継がれる絵本や童話も、この中からたくさん生まれました。

「母の友」から感じるメッセージや美しい原画、読み継がれている本を紹介しながら、テーマを展開していく予定です。

「母の友」は、表面的な゛情報゛をたくさん提供するのではなく、ものごとの根っこの部分を掘り下げて、皆さんと一緒に考えていく雑誌です。
遠回りに見えるけれど、子育てでは、自分で゛判断゛する力がとても大切。そのための土台を一緒に築いていきましょう。
幼児期は一生のはじまりのたいせつな時期です。だからこそ、大人はあせらず、ゆったり見守りたい。子どもの生きる力を育てるためのヒントが「母の友」にはつまっています。(「母の友」2010年度内容紹介より)

NPO法人 時をつむぐ会

1月 19, 2012 イベント情報 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年も、「母の友」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

激動の2011年を経て、新しい年を迎えました。2012年も「母の友」は、現実から目をそらすことなく真摯に向き合っていきます。
まずは、2月初旬に発行予定の3月号特集「『ほんとう』に向き合う 原発事故後の私たち」にご期待ください。
4月号からの新年度は、ご好評いただいてきたいくつかの連載の終了と多くの新たな連載でスタートいたします。

また、本年2月には小社・福音館書店が創立60周年を迎えます。それを記念して、「母の友」からも記念出版を予定しています。

ますます混迷を深める日本社会において、未来を生きる子どもにかかわる母として、大人として、まっすぐに成長を続けられますように。そして小誌が今年もそんな大人の「友」であれますように。

ご意見、ご感想、どうぞどしどしお寄せください。お待ちしております。(T)

1月 1, 2012 編集部からのお知らせ | | コメント (0) | トラックバック (0)