« 付録・豆本のながーい歴史 | トップページ | ははとも700号記念フェア@島根 »

2011年8月12日 (金)

徹底解説! 豆本の作り方

前項で見たように、ながーい歴史のある小誌付録としての豆本ですが、新しく読者になってくださった方は、「えっ、自分で製本するの!?」と驚かれているかもしれませんね。

大丈夫。作り方を見てくだされば、どなたにでも簡単にできるんです。

今回は、本誌「豆本の作り方」にプラスアルファのコツを含め、写真で徹底解説いたします!
手作りの楽しさを、ぜひ味わってください。

豆本を作ろう!

用意するもの

「母の友」2011年9月号

定規
スティックのり
カッター 大きめをおすすめします。かならず新しい歯で。
敷紙 のりを塗るときに使います。
ぬれぞうきん のりづけの際、結構指が汚れます。こまめに拭くと豆本に汚れがつかずきれいにできます。
千枚通しなど カードを折る際、何かとがったもので中心線に印をつけておくときれいに折れます。ゼムクリップでも代用可

作り方
1 巻末から豆本のページ(『OMAN オマーン』)を切り取る。

2 よく切れるカッターで、黒い実線に沿って切り取る。
  表紙カード下には、あえて実線が入っていませんが、切り取るのを忘れないで。
  16枚のカードができる。

Photo

3 表紙カードを除いた15枚を中央の青い印にあわせて二つ折りにする(谷折り)。
  定規をあて、千枚通しなどやクリップなどで線をつけると折りやすい。
  なるべくしっかりあとをつけて折っておく。

Photo_2

4 折ったカードをページ順に並べ、裏面にのりを薄く均等に塗り、2ページの裏と3ページの裏、4ページの裏と5ページの裏……という具合に貼り合わせる。
  折り線をきちんとそろえて貼る。

Photo_3

5 背をぴったり合わせ、片側ずつ表紙のカードを貼ったら(慎重に!)、

  Photo_5

  背の部分に角が出るように爪でよくしごく。
  この段階では、表紙を除いた本文紙が小口側に3ミリ程度、表紙からはみ出ています

6 4の状態の豆本を、重い本などの間にはさみ、一晩押しをする。

7 翌日取り出し、化粧裁ちをする。
  天地は表紙にある青い線に沿って、また小口側は表紙の端に沿って定規をあててしっかり押さえ、カッターで何度もなでるようにして切れば、できあがり。
  カッターは垂直にあてる。

Photo_7

  背のほうからゆっくり、力を入れすぎないように

Photo_8

8月 12, 2011 編集部だより |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201088/52455067

この記事へのトラックバック一覧です: 徹底解説! 豆本の作り方:

コメント

親指の絆創膏が痛々しい・・・。
まだ、作れていない。これを見て・・・。
誰か、作ってくれないかな・・・

投稿: しっぽ | 2011年8月21日 (日) 16時07分

コメントを書く





絵文字を挿入