« 秋野亥左牟・新作展開催! | トップページ | 袋とじの木内達朗さん。 »

2009年10月 5日 (月)

11月号は、豪華特別号!

今年もやってきました、この季節が!
先週末発売になった11月号は、毎年恒例物語の世界にどっぷり浸れる特別号です。

幼い子どもには、プロの作家による作品と公募作品、合計30編からなる超豪華童話集こどもに聞かせる一日一話」を。

大人のみなさんには、「大人だって聞きたい! 4人の作家による物語」を袋とじで(村田喜代子、谷川俊太郎、古川日出男、小池昌代の各氏による短篇小説集)。

そして、巻頭特集瀬田貞二の遺したもの」では、没後30年を迎えた児童文学者、瀬田貞二さんの仕事を振り返り、子どもの本とは何か、子どもの本をつくるとはどういうことなのか、瀬田さんの歩みを語る中で考えます。

とにかく出血大サービスの豪華特大号! 子どもにかかわる人はもちろん、物語や絵が好きな方、夫婦の時間を取り戻したい方、秋の読書のお伴を探している方……すべての人に読んでいただきたい11月号です。お読み逃しなく!

10月 5, 2009 今月の“立ち読み” |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月号は、豪華特別号!:

コメント

母の友編集部さま
はじめまして。瀬田貞二さんの特集と知り、初めて「母の友」を購入致しました。
あらためて、瀬田さんの偉大さと、児童文学への情熱を知らされながらも、
その人となりが微笑ましく思えるエピソードもあり、楽しく読むことができました。
企画を感謝しています。
(また、勝手ながら、自分のブログより、当記事にリンクを貼らせて頂きました。不都合であれば、お知らせ下さいませ。)

投稿: カルミア | 2009年10月26日 (月) 12時07分

この記事へのコメントは終了しました。