« 佐藤直行 鉛筆画と写真展 | トップページ | 野川かさね写真展「mountain, or not」 »

2009年9月18日 (金)

おいしい和食の定番料理[ステップアップ編]温かい麺

0910 朝晩はひんやり、空気が澄んでさわやかな季節になりました。
短かった夏はあっという間に過ぎ去り、もうすっかり秋です。

虫の声を聞きながらの夕食や夜食には、温かい麺はいかがでしょう?

10月号でご紹介した「もう一品」、ニシンそば煮麺の作り方をご紹介します。

夏の残りのそうめんを使うのもいいですね。

(料理・池上保子 写真・澤井秀夫)

ニシンそば

[材 料](4人分)
日本そば(乾)     300g
身欠きニシン(生干)  4本青ねぎ         適量
七味唐辛子       適量

A だし汁     1/2カップ
  しょうゆ    大さじ3
  酒       大さじ3
  砂糖      大さじ3

だし汁         5カップ

B みりん     大さじ4  しょうゆ    大さじ4  ニシンの煮汁  大さじ4  塩       少々

[作り方]
1.ニシンを番茶で5分ほどゆでる。
2.Aを煮立ててニシンを入れ、おとしぶたをして身が崩れないように弱火で15~16分煮る。
3.ソバをゆでてザルにあける。
4.だしを煮立て、Bで味をつける。
5.器にゆであがったソバを盛り、ニシンをのせつゆをかける。小口切りにしたネギ、七味唐辛子をそえる。

煮麺

[材 料](4人分)
そうめん        300g
鶏ささみ肉       4本
えのきだけ       1袋卵           2個
三つ葉         20g味付け海苔       2枚

A 塩     少々
  酒     大さじ2
  
だし汁         6カップ

B しょうゆ  大さじ2
  みりん   大さじ2
  塩     小さじ11/2
  
[作り方]
1.そうめんはたっぷりの湯でややかためにゆでる。
2.鶏ささみにAをふり、よく揉み込む。ラップをして電子レンジで2分ほど加熱して冷まし、細く割く。
3.えのきだけは根部分を切り落とし、ほぐしておく。
4.卵は割りほぐし、錦糸卵をつくり、短冊に切る。
5.だし汁を沸騰させてえのきだけを入れ、再度沸騰したらBで味をつけ、ささみ、そうめんを入れてひと煮する。器に盛って、3とざく切りにした三つ葉と海苔をかざる。

9月 18, 2009 おいしい和食の定番料理[ステップアップ編] |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいしい和食の定番料理[ステップアップ編]温かい麺:

コメント

はじめまして。山口県で保育園の調理師と時々保育士の小田村です。子どもが保育園に入園して子どもの友の定期購読を始めました。4年が過ぎようとしています。子どもの友のこのお料理と絵本作家さんのコーナーが大好きです。これからも楽しみにしています。

投稿: 小田村 | 2009年9月19日 (土) 10時58分

この記事へのコメントは終了しました。