« 早川純子・ゴロリ転福展 | トップページ | アトリエ取材&浅田政志写真展 »

2008年10月23日 (木)

おいしい和食の定番料理[ステップアップ編]茶碗蒸し

0811_3 秋晴れが続きました。
関東ではまだ「寒い」というほどではありませんが、それでも夕食には何か温かいものがほしくなります。

11月号でご紹介している茶碗蒸しは、きのこやぎんなんといった秋の味覚がよく合う、この時期ぴったりの料理です。

【基本型】のエビと鶏肉の茶碗蒸しで、とろとろぷるぷるの仕上がりをマスターしたら、ひと味変わったこんな茶碗蒸しはいかが?

洋風ミルク茶碗蒸し と中華風茶碗蒸し、ぜひお試しください。


(料理・池上保子 写真・澤井秀夫)


洋風ミルク茶碗蒸し

器はコーヒーカップや湯飲茶碗でも十分です。
具には、ゆでたマカロニやコーンを入れてもおいしいですよ。

[材 料](4人分)

鶏ささみ肉  2本
小エビ    12本

A  塩   少々
          酒    少々

ハム     2枚
ブロッコリー 40g
牛乳     1カップ
卵      3個

B  スープの素  1個
          塩、こしょう 各少々
          砂糖     小さじ1/4
          水      1 1/2カップ

パセリのみじん切り  少々

[作り方]
1.鶏ささみ肉は筋をとり、そぎ切りにする。小エビは殻と頭を除いて背わたをとり、Aをふりかけておく。ハムは5ミリ角くらいに切る。ブロッコリーは小房に分けて、ゆでておく。

2.Bを小鍋に入れて煮溶かし、人肌程度にさめたら、ときほぐした卵と牛乳を入れて混ぜ、こす。

3.器に1を入れ、2を注いで蒸し器に入れ、1〜2分強火で、その後火を弱めて12〜13分蒸す。

4.冷めたらパセリを茶碗蒸しにかける。

中華風茶碗蒸し

大きな器に四人分作って、各自が好きなだけよそい分けるのも、楽しいものです。

[材 料](4人分)

卵   3個
木綿豆腐 1丁(300g)
ホタテ水煮 小1缶分

A  片栗粉  大さじ1
   生姜汁  1かけ分

B  しょうゆ 大さじ2
   酢    大さじ1
   ごま油  小さじ1
   香菜   適量

[作り方]
1.ボウルに卵を割り入れてほぐす。豆腐、ホタテの水煮、Aを入れてなめらかになるまでつぶしながらまぜる。

2.耐熱の器に1を流しいれ、ラップをふんわりかけ、電子レンジで8〜9分加熱する。

3.Bをよく混ぜて2にかけ、香菜(なければ万能ネギ、三つ葉などでもよい)を飾る。

10月 23, 2008 おいしい和食の定番料理[ステップアップ編] |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいしい和食の定番料理[ステップアップ編]茶碗蒸し:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。