福音館書店 60周年記念 ブログ

«

わたしの好きな福音館の絵本・童話

『ちょっとだけ』 高嶋ちさ子

| トップページ |

わたしの好きな福音館の絵本・童話

『ぺにろいやるのおにたいじ』 恩田 陸

»

わたしの好きな福音館の絵本・童話

『ありのフェルダ』 ホリー・ペトル

2012年5月28日 (月)

40 ちょっとブラック

両親や祖父に、文章を暗誦するほど何度も読んでもらった本です。チェコ人は虫が好きで、虫が主人公の絵本や物語は多いんです。それに、チェコ人はややグロテスクなものや、ブラックユーモア、ナンセンスも好きですね。「フェルダ」は楽しい作品で、子どもたちはすっかり楽しみますけれど、やはり深みと、ちょっぴりの「闇」がある。それがチェコらしさなのかもしれません。
(チェコセンター局長)










ありのフェルダ2349
オンドジェイ・セコラ 作・絵/関沢明子 訳
128ページ 23×16cm 5才から 定価1470円
初版年月日:2008年11月15日
ひとり暮らしをすることになったありのフェルダを待ち受けるのは、淡い恋、あつい友情、とんだ災難……。チェコ生まれの人気者が繰り広げる、奇想天外な虫たちのお話。

«

わたしの好きな福音館の絵本・童話

『ちょっとだけ』 高嶋ちさ子

| トップページ |

わたしの好きな福音館の絵本・童話

『ぺにろいやるのおにたいじ』 恩田 陸

»

わたしの好きな福音館の絵本・童話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。